自宅自粛シリーズ
1968年北アルプス燕岳登山と夏の想い出
2020年5月19日 記
合宿所「山麓荘」庭での全員集合写真。クリックで拡大表示。


■山好きは地元の塾通いからはじまった・・・
 
 1968年・昭和43年8月一週目の朝4時。真っ暗だった漆黒の空が、白み始めてきた。場所は北アルプス燕岳直下にある山小屋、「燕山荘」脇の広場に僕はいた。中学校1年生になった僕は入学するや否や、当時では超マイナーなクラブ・ワンゲル部の門を叩いた。女子にもてるのはバスケット部、バレー部、サッカー部などで、ワンゲル部は部員も少なく人気はゼロに近かった。いや、ゼロ以下のマイナス評価だったかもしれない。正に3K要素たっぷりのクラブであったし、中1部員は僕一人だった。ちなみにここ数年来、60歳台になっても、時々地元の同窓生と飲む機会があるのだが、皆さん「えーー!!ワンゲル部なんてウチの中学校にあったの?」と、存在すら知られていなかった。(苦笑) 
 
 ちょうど入部して4ヶ月目の夏。今回の燕岳登山もクラブ絡みでは無かった。それまでは入部したものの、行先は奥多摩など近郊の低山ばかりで、2000mを越える本格的な山は、1年前にも来たここ燕岳のみで、今回2回目の登頂であった。前回の初燕岳登山の時に、雄大な北アルプスの風景に触れ、山に今後も登りたい・・・という欲求からこんなクラブに入部してしまった。前回引率してくださった先生から「あそこ見てごらん!!あれが槍ヶ岳だ。ずいぶん向こうに見えるけど、ここから縦走することが出来るんだよ!!」。そんな言葉を聞いて、是非歩いてみたい!・・・とまだ小学生だった僕のハートに火が灯った。
 中学生になると、体力的にはすでに充実している年頃なので、来るチャンスさえあれば北アルプスと言えども、こんな素人集団でも登ることが出来た。登山道も十分に整備されていた。その時の僕は入部4ヶ月で、まだまだ山は素人だったし、当日は考えられないほどの軽微な装備、ウェアで、白んでくる東の空をじっと眺めていた。広場の標高は2704m。真夏と言っても着る物をなめてかかったせいか、歯がカチカチと音を立てるほど寒かった。おそらくこの日の朝は5度前後だったのではないだろうか。5時少し前に雲海が眼下に広がる中、地平線に朱色に染まった太陽が顔を出した。あまりの美しさに言葉を失ったのを覚えている。始めて見るご来光に何か神々しいものを感じ身体が震えた。
 この日以来、中学校時代、高校時代(1年生まで)は貧乏学生ではあったが山にはまり、主に奥多摩の日帰りの山々をメインに歩く日々が続いた。中学3年の時に白山に登ったのは意義深かった。

 ここ燕岳にてご来光を拝むためには前夜着で、山小屋燕山荘に宿泊するか、登山口の中房温泉に宿泊し、深夜にヘッデンで真っ暗な中を登ってくるか、だいたいがこのケースであろう。しかし我々はどちらにも属さない方法で、この山荘脇で日の出を迎えることが出来た。しかも普段着の様な軽装で・・・。


燕山荘脇の広場にて。

 話はさらに少しさかのぼり、僕は父親の転勤の関係で昭和40年・小学校4年生までは広島市内に住んでいた。昭和39年に開催された東京オリンピックは小学校3年生で、広島で真空管式テレビで応援をした。お風呂は薪で焚くゴエモン風呂だった。昭和41年4月、現在の住居である杉並区高井戸に家も完成し、父親は単身で置き去りにし、他家族全員はここ杉並区に根を生やすこととなった。通う小学校は井の頭線高井戸駅前に今でも建っている高井戸小学校。5年生からの転勤族で、友達作りはゼロからのスタートであったが、目立ったせいか判らないが、いきなり学級委員長などにさせられてしまった。罠にはめられたのかも知れない・・。そんなこともあってかすぐさま仲良し友達は沢山出来た。

 当時、私立中学受験などは都心に住む連中の話で、こんな杉並の田舎ではまだまだ38人クラスで3-4人程度受験生がいるかいないかの時代だった。そんな中、別に受験をする目標はまったくもって無かったが、高井戸の地元に評判の高かった個人経営塾があり、教育ママであった?母親はすぐさまその情報を入手し、幸か不幸かその塾に僕は通うことになった。名前は「横山塾」といった。
 (最近になって同世代の中学受験で中高一貫校を卒業した連中に聞くと、塾は四谷大塚に通っていたというのが多かった。あんな時代からあったのですねぇ!!)

 「横山塾」は一戸建ての自宅一階を塾として開放し、女性とは言え、厳格でかなり厳しかった横山先生は、東大、早稲田の学生さんを何人か講師として雇い入れており、厳しい中にも判りやすい、さすがに噂通りの指導をしてくれたと、今ではとっても感謝している。
 前置きが長くなったが、僕を山の趣味に走らせてくれたのが、何を隠そうこの怖かった横山先生なのである。彼女の実家は何と長野県の大糸線、有明駅から中房温泉行きのバスで30分くらい走ったところにあった。名前は「山麓荘」と呼ばれていた。作りは山小屋をすぐにでも営業できるような、6~8畳間が6~7部屋くらいに、広い食堂、お風呂などなど、塾の合宿施設にはうってつけの間取りであった。塾の合宿用でなのか、元登山客を泊めていた施設かは判らないが、十分な部屋数のある建物だった。僕は小学校6年生で初めてこの山麓荘で開かれた合宿に参加し、大自然の中での暮らしに、楽しすぎて毎年の参加を心待ちにするようになった。合宿期間は7月下旬スタートで10日間くらいだったと記憶している。

■いよいよの合宿スタート
 
 塾の合宿参加メンバーは、リュックサックに荷物を詰め、新宿駅に集合した。待ちにまった、有明合宿である。梅雨も明け真夏の空が、眩しいばかりに広がっている。当時の松本までの交通機関は、国鉄の急行「アルプス」を利用した。特急あずさがあったかどうかは判らないが、オレンジと緑色の窓が開く電車だった。調べると間違いなく以下に掲載の急行アルプス号である。
 たいして小遣いも持って行かなかったので、道中は持って来たお菓子、おにぎりと、駅の弁当やさんが売っていた、冷凍みかん、瀬戸物で出来た容器に入ったお茶で松本までの楽しい時間を過ごした。この頃は車内販売などは無く、窓も開いたので、停車駅で窓越しに商品を買うことが出来た、良き時代である。あと記憶があるのは、小遣いで確か松本駅?でかごに入った、小さめの青いリンゴを個人で購入し、合宿期間中食べていたのを覚えている。燕岳登山でもリュックに忍ばせ、山頂で食べた。

 合宿の1日であるが、朝起きると宿泊施設の脇にある水路で歯を磨く。山からの天然水なのであるが、確か沢ではなく人為的に造られた水路になっていて、標高差50mくらい下を流れる、中房川に向かってかなりな急な勢いで、流れていた。朝起き鳥がさかんにさえずる中、この水路の冷え冷えの天然水で歯を磨くこと自体が、最高に楽しくダイナミックな朝一番の儀式であり、スタートであった。
 その後毎日では無かったが、有明神社までジョギングがあった。下り方向で有明神社まで・・・はハッキリと覚えていたので、合宿所の位置関係を現在の最新地図で推測した。朝、簡単に走れる距離を想像し2kmとすると、地図にある「宮城第二発電所」という表記の近くだった様だ。有明山への登山口が近くにあったのも記憶しているので、まず所在地はこの辺に違いなかった。朝食を終え、9時頃から昼までは勉強タイム。午後はなかなか素敵なイベントが目白押しだった。12時半頃までに昼食を終えると、中房川での水泳・水遊びタイムとなった。一日でも一番気温が高くなる時間だけに、理にかなったカリキュラムである。
 宿舎脇の登山道の様な細い道を一気に下ると、中房川が流れていた。水泳に向いている平川ではなく、小滝が連続する山岳渓流のような川であった。でも深く広い滝壺が何段もひな壇のごとく連続してあったので、泳ぐ場所には困らなかった。中でも一番大きな淵の周りの大岩に皆でぐるり群がり、甲羅干しをする者、岩の一番高いところから壺に飛び込む者、きれいな女子先輩の水着を茶化したりして、女子にまとわりつく者、などなど本当に楽しい午後の自由時間だった。僕はと言うと、水中メガネを付け滝壺に潜り、大きな魚がけっこう泳いでいたのを観察した。こんなところにも魚が・・・と当時驚いたが、これがイワナであることはまったくもって知らなかった。
 その後夕方まで疲れた体を休めるために、宿舎内で自由時間だった。昼寝をすることも多かったが、家に手紙を書いたり、読書・トランプをしたりで、セミ時雨の中素敵な時間を夕飯まで過ごすことが出来たた。夕飯前には順番に風呂に入り、夕ご飯は育ちざかり・・・たらふく食べさせていただいた。そうそう、今でも忘れられないメニューが、採れたての小茄子を塩漬けしたお漬物だ。なんで茄子がこんなに美味しいんだ・・・と、おかずが無くてもこれだけでご飯が進むほどの漬物だった。特に新鮮な茄子の味、塩加減の絶妙なバランスを皆で絶賛した。


食堂では合唱コンクールなども行われた。
(モノクロ・カラー混在の時代です。カラー写真現像代はすごく高かった!)

 そして合宿中の一大メインイベントであった、ご来光に合わせ出発する、夜間燕岳登山が後半の天候の良い日を選んで行われた。北アルプス一番の急登とされる合戦尾根を中房温泉登山口から登り、約4時間。逆算で日の出を見るのには、中房温泉を深夜12時前には出ないとならない。そこでこれだけの人数を有明神社近くから深夜移動する交通手段は??と誰しもが思うであろう。今現在を調べてみると、中房温泉までは有明駅から、安曇観光タクシーというタクシー会社が乗り合いバスを運営しているようなので、今でもありかも知れないが、当時合宿所前にバスが深夜11時頃に来て、全員を中房温泉まで真っ暗闇の中、運んでくれたのだった。当時はダートで砂ほこりを上げて中房温泉を目指した。突然の照明に驚いて逃げ惑う、ウサギ、タヌキの様な動物が、ライトに照らされ見えたのを覚えている。当時地元の人は顔が効いて良いなぁ・・・と思ったが、タクシー会社が運営していたとすれば、頼めば仕事として来てくれたのであろう。
 

燕岳山頂写真。


山頂近く??


北アルプス一番の急登と言われる合戦尾根途中にて。

 合宿所で過ごすための真夏の衣服しかなかった僕は、「朝の山頂はかなり冷えるから防寒着を!!」と指導の先生に言われていたが、今でいうゴアテックスの様なすばらしい衣類はまったくなく、たぶん雨具のポンチョくらいをリュックに詰めたと記憶している。僕のリュックはアメ横で米軍の払い下げで売っていた、アーミーリュックで、結構あの頃はこれにはまって利用していた。先にも書いた通り、なめてかかった薄着のせいで、ご来光を眺めるときは、泣きそうなくらいに寒かった。日の出後に食べたおにぎりも冷えてカチカチになっていた。
 この2回目の燕岳登山のすばらしさ、さらにはこの合宿を通じての大自然との対話にて、益々もって山にはまるのが決定的になっていく僕であった。





黒部第四ダムにも行きました。

 最後にこの合宿時にあった不思議なキノコにまつわる思い出話し報告でペンを置くこととしよう。この合宿所には「おばあちゃん」と呼んでいた横山先生の母親も(最初の写真前列真ん中辺に映っています。ちなみに最後列黒メガネの怖そうなおばさまが横山先生)、炊事、洗濯などなどをお手伝いに来てくださっていた。そんなおばあちゃんがある日、「この道路脇の森の中に、キノコがけっこう出ている時期だから、皆で採って来なさい!!」と言われ、皆で大量のキノコを採取したのを覚えている。合宿に参加の大学生講師にキノコ博士がいるはずもなく、採取時に食毒の鑑定などはまったくもって無く、大き目でしっかりとしたキノコは、素人判断で手当たり次第に採った。どうせ後でおばあちゃんが仕分けしてくれるのだろうと安心していた。今思えば夏キノコなので、時期的には殆どが猛毒のテングダケの仲間が多かったのでは??と推測するも、おばあちゃんはそれほど入念に選別することも無く、塩でもんで?、ゴザの上で天日干しをし、大根おろし和えなどで出してくださった。すごくキノコの香りも良く、美味しかったのを思い出す。毒キノコの選別はどうしていたのだろう??よく地方には毒抜き方法の迷信?みたいな事もあるから要注意・・・などと図鑑に書かれているが、このおばあちゃんのキノコで当たった人は出ていない。おばあちゃんも「塩に漬ければ毒は消える!!」みたい迷信的発言をしていた様な気がするが・・・どうやって食毒を分けたのかは今もって不明である。塩水で解毒した・・・??信ずるものは救われたようだ。

 こうして楽くも、冒険的で健康的なワクワク・ドキドキの夏合宿は幕を閉じるのであったが、このおばあちゃん・・・別れるとき僕にだけ「家で食べなさい!!」と採りたての太めのネギをお土産にくださった・・・。のだが、帰りの電車の中がネギ臭く、ドキドキものだったのを覚えている。おばあちゃんありがとね!! 
 おしまい。

管理人の幼少期の想い出はこちらをご覧ください。←


  
■中央本線「急行アルプス」

以下ネットより・・・
 昭和39(1964)8月23日、中央東線甲府〜上諏訪間が電化されたことから、中央東線に初の定期電車急行「たてしな」が登場した。使用されたのは三鷹電車区に新製配置された165系7連で、これが「アルプス」電車化の口火となった。昭和40(1965)年5月20日には、中央東線・篠ノ井線新宿〜松本間の全線が電化され、これに先立つ4月1日には松本運転所に165系53両が新製配置された。こうして「アルプス」電車化の準備が着々と進められ、7月1日からは気動車「アルプス」の上り1本・下り2本、「上高地」の1往復、「白馬」の上り1本が電車化された。
同年10月1日改正では165系がさらに増備され、「白馬」「天竜」を併結する列車を除いた中央東線昼行急行の電車化が実施されるとともに、中央東線の急行の愛称名整理が行なわれ、昼行電車急行7往復は「アルプス」、夜行急行1往復は「穂高」に統一された。
 昭和41(1966)年12月12日、中央東線に待望の特急「あずさ」が誕生した。これにより「アルプス」1往復が特急に格上げされたが、まだまだ「アルプス」の大勢力を脅かす存在ではなく、昭和43(1968)年10月1日改正では、「穂高」「白馬」「上高地」「白樺」といった列車が消滅、逆に「アルプス」は季節列車を含む電車9往復、気動車2往復の11往復という大勢力に膨れ上がった。
 「アルプス」の相次ぐ電車化ですっかり影が薄くなった気動車「アルプス」は、昭和50(1975)年3月10日改正で残りの2往復が電車化され、併結していた「天竜」「かわぐち」も電車化された。これにより富士急行の名物車両・キハ58001〜58003は同鉄道から撤退し、和歌山県のローカル私鉄、有田鉄道(現・廃止)へ転じた。



山でウルメイワシを上手に焼くために買ってしまいました。
アマゾンから、本日5月21日到着。早く試したい!!




TOPへ