心の原風景の地に53年ぶりに訪問。
静岡県藤枝市・静岡市
2015年4月4・5日
 
53年前となんら変わらない参道をいく。


  管理人がアウトドアに興味を抱くことになった想い出の地を、今回53年ぶりに訪問した。ずっとずっとここでの、楽しかった幼少時代の思い出を抱きながら、渓、山にのめりこんでいった管理人。昭和の、日本の原風景に触れることが出来た、管理人にとってはかけがえのない場所。53年前のはっきりとした記憶を辿りながら、今回トレスした。

 時は昭和36年。場所は静岡県藤枝市。お寺の本堂を横目に、子供にしては長い参道を歩き、山門を出ると、そこには護岸工事されていない、自然のままの小川が流れ、水中には水生植物がいっぱい生えていた。そんな小川に素足で入り(足を痛めないよう靴下は履いていたような、、、)、竹で編んだ笊のようなものを下流に仕掛け、水草を足で踏み、中に隠れている魚をおびき出し、笊に魚、エビ、カニ、ヤゴなどけっこうな獲物が入ったものだった。山門前の道は、田舎のでこぼこ道。東方面は瀬戸川先の丘陵地まで田んぼだけしか見えない世界だった。民家はほとんど見当たらない。夏、山門を出て右手の方向にデコボコのダート道を少し歩くと、田んぼの中に小さな森があり、森の脇がバス停だった。森は村の鎮守様だったのか・・・?バスはボンネットバスで、一番後ろの席のガラス越しに、見送ってくれた、タエチャン、セッちゃん姉さんに手を振りながら、さよならをした。遠ざかる二人はダートで巻き上がる砂ぼこりで、すぐに見えなくなった。

 姉さんの住む家は○○寺という歴史あるお寺さんだった。当時でも400年続いている臨済宗の寺とのことだ。しかし当時では何もない場所?でのお寺さん、小説金閣寺ではないが、街の寺と比較すると、失礼ではあるが、財政的にはだいぶ厳しかったのではないだろうか?裏には山がありその取りつきの部分に本堂がある。大雨が降ったら土砂崩れが心配な立地に建ってはいるが、400年間無事に過ごしたようだ。その斜面にはたくさんのみかんがなっていた。そして大きな竹藪もあった。春にはたけのこ堀り、秋はみかん狩り、そして何よりもその山の斜面でかくれんぼをしたり、探険をしたり、虫捕りをしたり、東京から来た管理人には、桃源郷のような場所だった。



山門まではまったく変わっていない。



ここを抜けると先の道沿いに小川が流れていた。



昔はきれいな小川だった。いまでは生物は何もいない。



みかん畑になっていた裏山は当時と変わっていない。
管理人が人生最初に登った山である!!


  そして食は・・・と言えば、お寺さんだったせいなのか、当時の田舎はまだ全般こうであったかわからないが、台所は土間になっていて、ご飯を炊くお釜は羽釜、かまどに薪をクベお米を炊いていた。お風呂ももちろん薪で沸かしていた。まだ冷蔵庫も無い時代で、庭の隅にある井戸に行き、釣瓶を引っ張り上げると、ギンギンに冷えたスイカ、そして缶詰のフルーツみつまめが、桶に入って上がってきた。美味しかった!!

 ここ静岡に来る前の昭和35年、管理人は東京都港区、現在の青山に自宅があった。ちょうど首都高速3号線の高樹町インターから100m渋谷方面に行ったところだ。自宅にはこの当時からテレビ、冷蔵庫があり、風呂はガス風呂、トイレもすでに水洗トイレであったのを覚えている。管理人のDNAはこの頃から便利な物にはあまり興味が無かったようだ。土間でのかまどごはん、当時からワクワクしたのを覚えている。

 昭和30年生まれの管理人。青山での暮らしは5歳まで。映画3丁目の夕日と場所は東京タワーはさんで北と南の差こそあれ、ほぼ映画と同じ映像の時代だった。首都高速3号渋谷線を、昭和39年開催の東京オリンピックに向け、突貫で造る計画の青写真内に、管理人の家がもろに入ってしまった。隣家は庭を半分以上取られたが、なんとか母屋はひっかからなかった。よってその後10年くらいはあの高速脇の環境の悪い、道沿いに家があったが、住宅としては適さない青山の街には見切りをつけ、用賀の方へ越していった。管理人の父はと言えば、代替地として、今の高井戸に用地だけ取得したようだった。当時の笑い話だが、祖母(父の)は確か明治43年生まれで、日本橋の人。まだまだ当時は元気で、「高井戸なんて山手線の外には住めネェ~!!」と父と母とだいぶやりあったようだった。(苦笑)



お寺さんの本堂は半世紀前と全く変わっていない。懐かしい!!


  昭和35年に入り、日本は岩戸景気に沸く、高度成長時代の幕開け。サラリーマンをしていた父親は、この時から長い長い転勤族生活に突入した。勤め先は某エレクトロニクス関連で、当時は官公庁、特に電電公社がお得意先であった。官公庁営業部にいた父は、静岡支店立ち上げの命を受け、家族と共に静岡の駅近くに家を借り、管理人含め家族5人で転居した。静岡支店もゼロからの立ち上げだったので、現地で従業員を採用するところからのスタートだったようだ。どういったご縁で採用になったかは知らないが、タエチャン姉さんは静岡支店第一号の女子事務員さんだったのだ。明るく、背も高く、スポーツ万能だった父は、すぐさま女子事務員のハートを射止めた?かは知らないが、タエチャン姉さんとはすぐさま、家族ぐるみの付き合いとなってしまった。姉さんの住まいは藤枝市、自宅は先にもご紹介のお寺さんだ。当時あの田舎のバスに揺られ、二駅とはいえ東海道線で静岡まで通勤したのは大変だったろうな、と思った。OLの先駆的存在だ。その後ご主人を事故で亡くしたりという辛い出来事もあったが、子供二人を育てあげ、60歳定年までこの支店を切り盛りしたという、支店の全歴史を知る、生き証人的OL姉さんになった。



どこまでも続いた田園風景も今では・・・


  平成27年4月5日、静岡市内に宿泊した管理人は、国道1号線を藤枝方面に向け走った。昨日まではお寺の名前すら知らなかった管理人だった。過去の記憶で、そして動物的な感で53年前に遊んだ寺を探し出したかった。しかし前夜ホテルから母に静岡に居る旨を話したら、お寺さんの名前を教えてくれた。半世紀の時を経ると、携帯電話なるものをボタン操作すれば、その寺の住所、歴史、などなどが瞬時に出てきた。その住所を、カーナビゲーションなる物にインプットする。すると女性の声で、300メートル先を右折しろ・・・だとか、案内してくれる。53年前に幼稚園生ではあったが、半世紀後にこんなにすごい時代が来るとは、夢にも思わなかった。デジタル技術様サマだ。

 機械の声が指示する通りをいくと、「○○寺駐車場」という看板と矢印が道脇にあった。すぐに駐車場は判った。駐車場から見た桃源郷のお寺さんは、半世紀前とほとんど変わっていないので、大変に嬉しかった。裏山も健在だ!!ただし土間は無くなっており、家もかなり増改築されていたが、本堂は昔のままだった。魚を採った小川は、コンクリートで固めた排水路になっていて、生物はまったく見えない水路になっていた。また、遠くの丘陵地まで見渡せた一面の田園風景には住宅、工場が建ち、ドラマ仁の世界を目の当たりにした管理人だった。デコボコのダート道だったところは国道になり、多数の車が往来していた。

 タエコ姉さん、18歳のうら若きOLさんから、今では72歳の元OL姉さんになられていたが、その可憐な可愛さは昔とまったく変わっていなかった。「おさむちゃん、可愛かったねぇ~!!」なんて言ってくださり、ちょっとめがしらが熱くなる管理人だった。当時一番世話になった、おばさんも99歳でまだまだ健在、お元気なそうだ。たまたまこの日だけ風邪気味で、大事をとって病院で寝ているとのことだった。会いたかった!!
 こうして53年ぶりの静岡探険は徳川のお祭りにも遭遇でき、素敵な2日間となった。



まだまだ可憐で素敵なタエコ姉さんとお嬢さん。



タエコ姉さんの妹、セッちゃんのお孫さんとも記念撮影。



静岡城内駿府公園脇にある管理人が卒園した幼稚園も健在でした!!



通っていた小学校(1,2年)当時は城内小学校。今は葵小学校に改名。



校庭の南側、当時は静岡刑務所だった。
真っ赤なレンガの高い壁が異様な光景だった。
今は体育館・コンサートホールなどなど市の施設になっていた。


  転勤族になった父。昭和39年よりは広島支店に移動になった。管理人は40年までの2年間だけ広島に住み、青山の代替地として購入してあった杉並区高井戸(現在の家)に昭和41年、小学校5年生から今日まで暮らしている。父は一人広島に残り、その後も金沢支店(この時管理人は夏休み両親と共に白山に登った)、新潟支店と移動になった。

 広島の住宅は、今は山の高台まで高級住宅地となっていたが、東区牛田の牛田山中腹に居を構えた。(管理人は最近平成23年頃まで仕事で広島は毎月の様に通っていたので、状況はよく知っていた)・・・牛田旭というバス停からの家までの坂が結構こたえたが、市内の夜景が一望できる環境だった。しかし住宅はかなり古いもので、静岡ではガス風呂だったのに、ここでは薪で沸かすゴエモン風呂だった。母が毎日がキャンプみたい・・・とはしゃいでいるのをよく耳にした。

 家を出るとすぐ脇には、牛田山に向かう登山道があり、週末は・・・週末だけでなかった、、、学校が終わると平日もすぐに、脇の登山道から山に入り、秘密の基地造り、ターザンごっこ、秋はマツタケ探し(結局採れなかった)、竹を使っての弓矢作り、どんぐりの木に砂糖水を付けてのかぶと虫・くわがた捕り、水晶探しもやった。水晶は牛田山の山頂近くの斜面で、小さかったが見つけることが出来た。子供にとっては宝物を発見する喜びがあった。パチンコ(Y型の金具にゴムが付いた遊具)で、夕方真っ黒に飛び交うコウモリめがけて石を夕闇迫る空に向け発射したものだ。一匹も当てたことは無かったが、、、。近所のお兄さんが、当時でも違法であったが、カスミ網で野鳥を捕まえているのも脇で見ていた。そのお兄さん空気銃も持っていて、鳥を撃っていた。まだまだ何でもありの時代だった。一つ難儀したのは家の周りには山ということもあり、ヘビ、ムカデが非常に多かった。これには閉口した。

 川の豊富な広島。山を降りたら今度は釣りだ。家から歩いて行ける川で、クチボソ、マブナ、ハヤを釣った。潮が引いた時は川底が露出し、泥を掘るとバケツ2杯のシジミがすぐに採れた。時々家族で北部、加計町の方までオイカワ釣り、ハヤ釣り、川原での飯盒使った今で言うバーベキューなどなどし、山、渓遊びはこの2年で本格的にそれもたっぷりと学んでしまった。「東京に戻ったら、自然には触れられないぞ」と何度も父親から言われたのを覚えている。
 広島に居を移した年、真空管式テレビからは東京オリンピックが放映されていた。




TOPへ