2016年も無事元気に過ごすことが出来た。でも体にはだいぶガタが来ている、今日この頃だ。
 新年早々の1月元旦、信じられないニュースが飛び込んできた。毎年、必ず年末年始どこかしこで発生する山岳遭難事故。今年も新年早々、富士山での滑落死亡事故、槍ヶ岳穂先での滑落事故、そして雁坂峠付近での滑落死亡事故、などなどを、テレビで報じていた。エッ??雁坂峠付近での滑落??一瞬どの辺りで、何が起こったのか??と思ったが、すぐ次の瞬間に、知っている方で無いことをお祈りする管理人だった。
 
 昨年はこのホームページでもご紹介の通り、雁坂小屋メンバーさん達と、行動を共にする機会が多かったからだ。死亡2名のお名前を拝見した。全身にショックが走った。1名は昨年大変お世話になった、雁坂小屋ボランティアをまとめている、リーダー役の方だった。僕も昨年は大変にお世話になった。1名が滑落し、助けを求めに来た方から状況を聞き、小屋にいた彼と小屋番さんが「救助」に行って、2次遭難を引き起こした様だ。新聞、テレビ報道は「救助しに行った人も・・・」と表現しているが、恐らくこれから来る救助隊に的確な情報を送るために、状況把握に行った・・・が正しいと思う。最初に滑落の方は200mの滑落、とあったので、ザイルなど本格的な装備が無いと、救助行為は難しいことくらい、彼ならよく判っていたはずだ。この「救助」表現に対して、ネット上には心無い書き込みがされており、強い憤りを感じる管理人だった。

 本当に正義感あふれる素敵な彼、さらに温厚でやさしく、魅力溢れる彼だった。51歳という、人生これから最高潮の時に、逝ってしまった彼。もう戻ってはこない事実に直面し、新年から脱力感に襲われた管理人だった。謹んでお悔やみ申し上げたい。
 そんなアクシデントを受け、1月7日からの連休で予定していた乗鞍岳登山は、急遽不参加とした。冬山はやはり怖い。谷口けいさんの場合も一瞬の気の緩みで、あんなすごいクライマーすら、命を落とした事故が、記憶に新しい。




有りし日の彼。右側、担ぎあげてくださったスイカをいただきました。



こんな大玉スイカを担ぎあげてくれた彼。
大変に美味しかったです。心から哀悼の意を表します。



雁坂小屋公式ブログ