2017年9月キノコ含めたモロモロ報告
2017年 9月16日~30日

鳴沢村林道脇にてたくさんのナラタケに遭遇!!9月30日


 9月9日に王岳登山を楽しんだ管理人の体に帰宅後、突如の異変が襲った!!健康管理失格!!一時は登山どころの騒ぎでは無くなってしまった。そんなアクシデント含め、簡単に9月を報告します!!

 3~4ヶ月前腰痛が再発し、朝起きる時、かがむ様な姿勢の時などかなりの痛みが腰部を襲い、着替えなども苦労の連続であったが、この時は通常歩行、登山などではまったく問題は無かった。8月の盆頃より、その腰痛もだいぶ良くなってきていた。これでまた数年は大丈夫かな・・・と思った9月14日。右足付け根に違和感を感じた。なんとなくしびれる感じだ。まあ、風呂でも入れば直るだろうと、高井戸温泉に行ったりしたが、痛みは徐々に増してくる感じであった。9月16、17、18日の三連休は、台風18号接近もあり、また真ん中の17日に、河口湖山荘の管理組合総会への出席を家主様に頼まれていたので、足のしびれはあったが静養兼ねて山荘に行った。14時からの総会終了後、懇親会と名打って、18時からこの一角にお住いのご主人方とN氏所有の豪邸にて、カラオケで盛り上がった。しかししかし、刻々と迫る台風18号は深夜になって、ここ鳴沢村を襲った。真近に迫る富士山の影響なのか、暴風は怖いくらいで、朝起きると大木が何本かなぎ倒されており唖然だった!!昨晩お世話になったN氏は早朝より、唯一の連絡路の林道をふさぐ様に倒れた倒木の除去作業をしてくださっていた。玉切りにする手間はかかるが薪には当分困らなさそうである(笑)


山荘管理組合・総会風景。ログハウス的な会長さん宅山荘にて。



山荘すぐ脇の大木が折れていました。薪にします!!



先の会長さん宅すぐ脇のカラマツ大木もご覧の通り!!


 そんな台風一過の連休明け9月19日、会社に出勤しようと家を出るも、腰、足付け根がさらに痛くなり、先週よりだいぶ悪化した感・・・歩行が困難なまでになってしまった。脂汗をぬぐいながら、会社になんとか着くも、右足付け根から膝あたりまでの鈍痛がひどく、これが続いたら、山なんかとんでもないし、通常生活も困難だな・・・と若干焦りを感じた。
 翌日仕事を早めに終え、少し前に腰痛でかかった形成外科に駆け込むと、診断は「脊柱管狭窄症」・・・なんともなぁ~!!トホホである。加齢により背骨の中のクッション?が委縮し狭くなり、神経を圧迫する病気なのだが、これといった有効な治療方法は無いらしく、このまま様子見ということで、何もしてもらえなかった。本当に長期間歩けない場合は、最悪は手術だそうだが、これも決定的な治療では無いようだった。様は直せない病気なみたいなのだ。神に祈るしかないのであろうか・・・病名が判明した翌日21日木曜日は、もう最悪であった。さらに増幅した腰の激痛と足の鈍痛・・・やっとこやっとこ休み休み会社に向かい、鎮痛剤ロキソニンなども飲んだが、痛みはほとんど治まらなかった。座っているとまだ良いのだが、歩くと激痛である。少し前かがみに猫背で歩くと、痛みは少し和らぐのが、この病気の特徴だそうで、確かに前かがみになると楽だった。

 そんなこんなで、山人生はこれで終わった・・・人間人生もこれで終わった・・・みたいな悲壮感漂う中、さわやかな秋晴れの青空をため息と共に仰ぐ管理人だった。
 しかし、神様は見放さなかった。21日の木曜日の激痛をピークに、痛みは続いたがそれ以上にはならなかった。むしろ少し痛みが和らいだ様にも感じた。無理は禁物・・・・とばかりに久しぶりに23、24日は高井戸温泉湯治治療での外出のみで、家での静養休日とした。
 そんな事もあってか、25日よりははっきりと判るくらいに、痛みが減少しだし、そして今日、10月2日、かれこれ1週間で痛みはほとんど取れたのだった。腰痛も姿を消し、なんとなく山にも復帰出来そう、いつもの元気ハツラツの明るさに戻った管理人だった。
 そんな明るい兆しの中、これ以上家での静養はもったいない!!年にいくらもない素敵なシーズン!!週末は河口湖山荘周辺にキノコを探しに行動開始だ。まだ無理はしない様、軽く足慣らしのキノコ散策だった。  



赤松林で、ヌメリイグチ。良質キノコはまだあまり無し。9月30日



山荘近くの林道脇でナラタケが爆発していた!!



暗闇の中、30分で採取したキノコ。



山荘で一人キノコ汁を作りました。ホコリタケは超マズ、廃棄。
似たキノコでタヌキノチャブクロははんぺんみたいで美味しい!



9月9日採取のオオイチョウタケ。これは美味しいキノコです!!



千葉の姉から送ってもらった、
今が旬の「おおまさり」でウイスキーを。



「おおまさり」って、ドデカ落花生です。



腰痛だった事も忘れ、倒木を玉切り処理。



後ろの壁との断熱用にブロック設置。


 9月30日(土)早く着きすぎて、あたりはまだ真っ暗。そんな中、状況把握だけ・・・と懐中電灯で毎年行く、昨年好調だった赤松林に入ってみた。雨は豊富だった今年、大いに期待したが、あまりまだ出てはいなかった。ここでは空が白んでくるまでの30分くらいで、見つけたキノコが上記鍋の写真だ。ショウゲンジ2本、ヌメリササタケらしき3本、ヌメリイグチ数本。期待したほどキノコも無く、早く山荘でビールがしたくなった管理人。明るくなると共に、山荘に向かった。しかし欲を出さないとこれである。山荘すぐの林道にナラタケが爆発しているではないか!!そんな光景を車窓から発見。この林道は行き止まりで、数家族の別荘オーナーさんくらいが希に通る林道なので、キノコには誰も興味を示すことは無い。
 るんるん気分で、ナラタケをいただいた。あっという間に袋いっぱい!!その後は山荘にて薪ストーブメンテ、断熱ブロック設置、冬場に向けての煙突掃除、倒木処理、音楽鑑賞、などなど・・・その後暗くなるまで爆睡し酔いが醒めて山荘を後にした。

 すばらしい乾いた秋の空気に包まれ、かわいいキノコに巡り合い、自然を全身で満喫している時、腰痛、足痛だった自分をフッと思い出した。今日はそんな病をも気づかせない一日だった。ヤッタ~!!自然の中にどっぷり浸かると、アドレナリン効果も高いのかも知れない。思えば結構な急斜面を、速足で上り下りしていた自分がそこにはあった。
 
 翌日はいよいよの10月!!あと2ヶ月もすればスキーもシーズンインだ。この日の日曜日は兼ねてより予定していた千葉行き・・・元気な内に親孝行もたまには・・・と、千葉県佐倉市に住まう母(88歳)を訪ね、印旛沼近くにある鰻店で母とランチをした。鰻って何度食べても美味しいよな~❤!
 秋本番の休日、足慣らしを兼ねた、山梨県、千葉県でのグルメ・キノコ旅は、腰痛をも忘れさせてくれ、無事終了した。



翌10月1日(日)は千葉にいる母(88歳)を訪ね、親孝行をしました。



美味しかったです。



軽く天日干しにしたナラタケです。


 後日談・・・今日は10月6日。いよいよ明日から秋本番の3連休のスタートだ!!腰痛はおかげ様で完全に収まった。歩行もいつもと同じで登山も出来そうである。しかし腰痛持ちであることには変わりないので、これからは姿勢に気を付け、おなか周りの脂肪を減らすように努力してゆきたい。明日からの3連休、来週末、共に富士山周辺キノコ散策ならびに登山を計画している。




TOPへ