アメリカ西海岸・探険旅行
37年前、1980年の思い出!
2017年 2月 記


ヨセミテスキー場に向かう途中の砂漠にて!!

♪ サウンドは浜田省吾さん「AMERICA」 ♪
歌詞のストーリーは1984年!!ずばり言い得ております!!


●この時の探険目的とコースを簡単にご説明
目的:まずは最大の目的、カナダでスキーをする/カナダでサーモンを釣る/メキシコにも足を踏み入れる/グランドキャニオンを探検する/デスバレーを探検する/ラスベガスのカジノを探検する/ハワイでサーフィンをする、等々。高尚な美術館巡りなどゼロ!!(汗)

 出発 1980年2月16日成田-サンフランシスコ空港着(サンフランシスコ観光を数日)-陸路レンタカーでバンクーバーへ(途中シアトル観光、カナダスキー・カナダ観光)-サンフランシスコへ帰着-空路ロサンゼルスへ(叔母の家に転がり込む)-レンタカーでメキシコ、グランドキャニオン、ラスベガスなど気ままな旅で、探険。 -従兄がヨセミテにスキー案内-適当に観光後ハワイへ(サーフィン・グルメして適当に成田に帰着)




これは後日、グランドキャニオン目指している時??



管理人30歳。職場の皆さんとスキーへ。この後は2015年まで
スキーはしませんでした。福島県の羽鳥湖スキー場らしい?。



 管理人は赤いおじさん。



 今年は年明けからスキーばかり行っている。一昨年の2015年、予想もしていなかった中、突然の30年ぶりのスキーデビューを果たした。最初の半日はまったく滑れず、ちょっとした中級向け急斜面コースは恐怖のどん底、、、こけまくりながらの滑走。などなどで皆さんにはすご~くご迷惑をおかけした。
 あれから2年。おかげさまで感覚は昔以上に戻ったが、今年は雪山登山も止めて、スキーに没頭してしまった。今はゲレンデスキーだが、山スキーなんて最高だろうな!!と最近思い始めている。しかし技術がまだまだ不足で、おそらく山スキーに入ることが出来る年齢には、スキー担いで山に登る体力が無くなっているだろう、、、とほとんどあきらめている。
 
 そんな中、先日社会人として勤めていた頃(管理人30歳の頃)のスキー写真が発見された。まさにこれを最後に一昨年前までスキーからはサヨナラしていた、最後の時期の1枚だった。懐かしかった!!
 そこで「探険」を謳っているホームページなので、若い頃のスキーとか、探険の写真は無いか、調べてみた。管理人の家は35歳の頃火事になり、管理人の部屋だった2階は全焼してしまい、若かりし頃の写真は燃えてしまったので、あまり期待はしていなかった。しかし箪笥の奥の方に、焼けぼっくい状態の炭化したアルバムがしまってあった。そっと中を開けて見ると、写真はみごとに生きていた。ビックリだった!!焚火の中に分厚い書籍を投げ入れても、周りは燃えるが、中まではなかなか火が通らないのと同じで、外見は真っ黒焦げだが、ページをめくると中は焦げていなかった。良かった!!とばかりに、丁寧にスキャンをし、現代のデジタル画像技術で再現した。
 若い頃、こんなすごいスキー場にも遠征していたの??と、ヨセミテスキーはすっかり脳裏から忘れ去られておりビックリだった!!アウトドアの聖地に行ってたんだ!!



ロス在住の従兄ケン(右)と一緒にヨセミテで滑った!




右が弥次喜多二人旅の友人マサヒロ。ヨセミテにて。







この写真がきっかけで40年ぶりに飲みました。
素敵なオジサマになっていたマサヒロ!!
2017年3月16日新宿にて




ノースバンクーバー駅へ向かう途中の有名なつり橋を通過中。



バンクーバー五輪会場にもなったウィスラーに電車でスキーに向かう管理人。
残念ながらウィスラーでのゲレンデ写真は見当たらない。




いざウィスラーマウンテンに向けて出発!!
この頃のウィスラーは駅含め、田舎でした。でもスキー場は最高でしたよ!


(ウィスラー紹介HP)
https://retrip.jp/articles/13998/

http://www.japanada.com/whiinfo.html





当時の切符がありました。1980年2月21日と判明。
17ドル50セントとあります。この時1ドル230円くらいの時代でした。
確かカナダドルは米ドル×0.8だった記憶。3500円!!安い!!
台紙左上の汚れは火事で隅が燃えて付いたスス。




サーモンを釣ろうと訪れたホースシューベイ。




この時期はあまり釣れないと言われ、釣りはしなかった。




ホースシューベイ・レストランにて昼食。




ホースシューベイで購入の絵葉書。



ということでこんな時代もありました。1978年頃かなあ(切符から1980年と後で判明)・・・40日弱アメリカ西海岸&ハワイを探検していた管理人でした。この頃よりはこの2年でスキー上達したかも・・・??昔の板は長くてムズかった!!この頃から探険家だったみたいですね!・笑
 
 おもろかったこと。たくさんあったけど、シアトルを過ぎるとカナダに入る国境があった。東名高速の東京料金所みたいなゲート。車の窓を開けて、質問されるんだけど、言葉が判らん・・・!どうやらフランス語?みたいだ。こっちは英語でしゃべっても英語にチェンジしてくれない。でもって頭にきて、日本語でまくしたてた。どの車もすぐに通過できる中、押し問答(言葉が通じてない問答が続き)僕の列は大渋滞!!結局見かねた別の職員が、脇にある管理棟に案内してくれて、手荷物とか見せて一件落着でした。あの当時、日本で開発された「液晶電卓」カリキュレータ、があちらでは高額商品で、それを持ってる持ってないに端を発したと記憶。おそらく係官は販売目的で日本から沢山電卓をスーツケースに入れてないか??入れていたら関税かけるから申請しろ・・・みたいな事を言いたかったのだろう。こっちは計算用に個人の私物1台を持っていたから、カリキュレータカバンに持ってるよ・・・みたいなこと話してしまい、混乱になった・・らしい??管理棟でもやたら電卓を出しなさい・・・みたいに言われ、スーツケース全開にして、これ1台だよ!!と見せて、ならばOKと相成った次第!!日本人なら1980年当時は関数電卓も1万円弱くらいで購入出来、僕は当日も持ていた。カナダではまだまだ高額・高嶺の花?だったみたいだ。




アメリカ-カナダの国境ゲート。無事入国!!カナダ側より撮影。






TOPへ