番外編
麻倉未希さん、復帰・初ライブ探検 in 下北沢
2017年 7月14日

 術後初ステージの麻倉未希さん(左)と庄野真代姉さん。



 麻倉未稀 乳がん手術後スピード復帰「歌える、ありがたいな」・・・

 こんな記事が今朝6月15日、ネットニュースで掲載されていた。そう、麻倉未希さんは4月に乳ガンが見つかり、6月22日に手術、左胸を全摘、そして30日に手術は成功し退院となった。ステージ2と公表されている。病巣発見当時、すでにこの庄野真代さんとのジョイントライブは予定されていたために、病気発覚当時から、復帰最初のライブとして位置づけ、マスコミにもこのライブ名が「復帰初予定の・・・」と色々な記事で公表されていた。ご本人もこのライブで歌えるように・・・と、リハビリの目標をここに置いていたようだった。

 このライブ、決して広いとは言えない姉さんこと、庄野真代さん経営のライブハウス「音倉(下北沢)」で開催され、通常70名で満席になる会場のテーブルをすべて取り払い、今回はテーブル無しでの100名入ることが出来る会場として設営されていた。
 
 今回はマスコミも注目する中での、限定100名という競争率の高いライブ公演だった。チケットもかなり早い時期に完売となったようだ。管理人は以前より「14日は行きますよぉ~!!」と正規ルートを通さずに申していたので、入場は出来た。しかし・・・当日一番恐れていたやっぱりなーーー事件があった。入場者名簿に管理人の名前が無かったのだ。窓口の係の方から「お名前ありませんねぇ~」と言われ、一瞬たじろいだが、すぐ近くに姉さんマネージャー、澤くんがいて、「ご・ご・ごめん、書き忘れたみたい・・・」ですぐに入れてもらうことが出来た。やはり非正規ルートではこんな事になるようだった。やれやれ・・。
 未希さんまだまだ退院後2週間なので体力もパワーも半分の様子であるが、なになに!!いつもながらのすばらしい歌唱力で、我々観客を魅了した。

 報道関係もすごい機材で、ほとんどのテレビ局が来ていた。本番では店中観客に埋め尽くされ、機材設置の場所がないので、プレス用は一般客が開場する18時半より結構前に行われたらしく、18時過ぎ我々が並んでいる、ライブハウス出口より、大勢の報道の方々が、終了し退店され大きなカメラを背負って帰って行った。

 姉さんと管理人はこのHPにもあるように、現在では山荘管理人&姉さんのアウトドアインストラクター??をしている間柄で参加した訳であるが (出会いは昔のユニット、浜田山~ズ時代のリーダー、ベーシストの故・渡辺 茂君を介して、彼女のパンフレット、チラシの制作を行う、言ってみればお客様と業者の関係だった)、今回は偶然にも管理人の家内は未希さんのお姉さん、と仲良し友達だったのだ。この日も本当の姉さん(未希さんの)より、「妹に、よろしく伝えてね!!」と家内経由で伝言をもらって来ての参加だった。

 未希さん、昔とまったく変わらす、パンチも効いて本当にお上手でした(このお二人のユニット生は3回目デス)。この日はサプライズで沢田知可子さんも飛び入り参加してくださり、本当に思い出の一つに残る名ライブコンサートとなった。
 すばらしい歌、勇気をありがとうと言いたい。

 終演後、「明後日、皆さんと高尾山行きますが、いらっしゃいませんか?」とのお話を姉さんからいただいた。最近腰痛が再発し、奥秩父沢行きも厳しいな・・・と思っていた矢先・・・軟弱にもコロッと山予定変更し、すてきな女子に囲まれて登る、高尾山を選択した管理人だった(汗)。

 明後日16日、高尾山登山報告、ご期待ください。17日は前日の高尾駅から電車・バスで向かう河口湖御坂山登山を予定しています。



入り口にはたくさんの生花が!!さすが未希さん。



 本番でも一部カメラが入りました。



 サプライズで沢田知可子さんも登場



お客さんで埋め尽くされたライブハウス「音倉」



お元気そうな未希さん。素敵な歌、感動をありがとう!!




TOPへ