2017年盆休み・・長雨・日照不足の中
太陽が恋しかった、夏休み報告。
2017年 8月11~20日

毎度おなじみの甲武信小屋で夏山を満喫。
夜は土砂降り、登山中は雨は大丈夫でした。


 2017年7月初旬・・・例年であれば梅雨真っただ中の関東・甲信越地方であったが、天気は真夏を思わせるような、すばらしい日が続いていた。そんな晴れの期待が持てる今年のすばらしい夏休みに期待し、思い切って兼ねてより行きたかった飯豊連峰の縦走を計画した。ツエルト、タープでの気ままな山旅、そして飯豊連峰の山々から流れ出た渓流での、岩魚釣り・・・などなど。計画を練っているだけでも、ワクワクし脳裏には飯豊山のお花畑、雪渓、岩魚を焚火で焼いている姿が、浮かんでは消え、準備にも余念が無かった。

 しかしである!!7月下旬、さあ梅雨が明けた・・・と思ったとたんに、なんだか連日の曇り、そして雨天。梅雨明け宣言は、本当にヌカ喜びの一瞬の感激だけで終わってしまった。太陽を拝めないままに、本日は8月20日。東京は8月1日より20日間連続の雨だそうである。そんな天気予報に、飯豊行きは4日前に潔く中止を決めた。景色の見えない稜線を歩くほどつまらないものは無いからだ。川も増水して釣りにもならないだろう。それに新潟、山形方面は7月中旬頃から梅雨末期の豪雨にも遭遇している。

 ではでは、この長い貴重な休日を何をして過ごそうか・・・はたと考えた。雨予報の中、遠出しても渋滞するし、、、と、のっけの山の日11日は富士山で過ごそうと、河口湖山荘に向かった。もちろんガスガスで富士山どころか、道路の100m先も見えないあり様。ちょうどこの日、庄野真代姉さんとマネージャー澤くんは、山の日のイベントで、どこかの山のイベント会場に行くと言っていたのを思い出した。「どうしてますか?山の日・・・」と富士山方面ガスガスの山荘からの写真を添え、メールをした。すると悲惨なまでのガスガスの野外ステージの写真が送られてきた。今年の山の日はどこも悲惨な状況の様だった。テレビでも生中継が色々な山から放映されていたらしいが、どこも悪かった様だ。



山の日、本来は富士山が見える山荘からの風景を送信すると・・・・



晴れているとこんな感じに富士山が!!



姉さんからは本番なのか、リハなのか判らないようなガスガス写真が!!



山荘にセミダブルベッド2台目を搬入。



太宰先生が言った「富士山には月見草がよく似合う」
本来はこの月見草のバックには雄大な富士山があるはずなのだが・・・

※注:正確には上記写真は「マツヨイグサ」であるが、太宰先生が「月見草」と言ったのはこのマツヨイグサとされている・・・。

ウィキペディアより「月見草」解説・・・

 メキシコ原産で江戸時代に鑑賞用として渡来した。花期は6 - 9月ごろで、花は夕方の咲き始めは白色であるが、翌朝のしぼむ頃には薄いピンク色となる。
 同属種であるオオマツヨイグサ、マツヨイグサ、メマツヨイグサなどのことを「月見草」と呼ぶこともある。太宰治著『富嶽百景』にあらわれる月見草は、実際はマツヨイグサであったとされる。


 8月11日、管理人は先にも報告の通り、河口湖山荘のベットルームを完成させようと、濃霧、霧雨の中、残りの1台のベットを搬入兼ね、富士山近辺旅の山の日とした。いつも通り3時半に環八高井戸の自宅発。八王子インターから中央道に乗るも、すでに「小仏トンネル、渋滞5km」の表示。やはりお盆休み初日である。いつもの4時頃は車などほとんどいない。途中富士吉田市にある24時間営業のスーパーで買い出し、5時過ぎ山荘着。本当にガスがひどく、少し先の信号の点灯色が見えないくらいだった。
 
 最近患って2か月になるのだが、ギックリ腰的腰痛が再発している中で、頑張って一人でこの重たいベットを山荘の3階まで運んだ。ベット本体はパーツごとに分解されているので、何とかなったが、セミダブルサイズのクッションを上げるのには苦労した。
 苦労の末電動ドライバーで組み立て、完成すると何となく高級な?山荘に生まれ変わった気になった。誰がどう使うのかはまったく計画性は無いのだが、今回自宅ベットを買い替えたので、今まで使用したこのベット・・・自分で言うのも何だが、約25年前購入するもまあまあ高価だった。それをゴミに出すには忍びなかったのだ。

 ベット設置後はいつも通り2階のオーディオルームでビール・ワイン音楽鑑賞で過ごした。翌朝も相変わらずのガスガスの中、昨年実績のあった、フジテンスキー場近くの森にタマゴダケを見に行ったが、まったくキノコのたぐいは出ていなかった。これだけ雨が多いので、キノコは良さそうなのだが・・・(後日・・・8月20日に大爆発でしたが!!)

 12日昼頃帰宅するも、16日まで休日をもらっている管理人。どこか山へ・・・と考えた結果、雨模様だし、行き慣れたお馴染み甲武信小屋で一杯飲んで来るか・・・とばかりに小屋を目指す事にした。どうせなら・・・と、今回はなかなか遠くて行けなかった始めての長野県側登山口、毛木平(モウキダイラ)から登る事にした。途中信濃川・千曲川の水源の源流点を通過していくルートだ。



きれいなトイレも完備された毛木平の駐車場



千曲川水源手前にあるナメ滝


 8月14日3時半、11日と同じく高井戸を出発、中央道に乗る。自宅を出るときはかなりの雨が降っていた。この先どうなることやら・・・いつもの甲武信岳登山の場合は、勝沼インターで降り、西沢渓谷・山梨県側登山口より登るので、さして登山口まで遠くない。しかし今回は長野県側の登山口までのドライブとなる。降りるインターは須玉インターだ。これだけでも遠くまで高速を走るようになるが、インター下車後は夏の高原地帯、清里や、野辺山を通るので旅行気分も存分に味わえると、ウキウキ気分で登山口に向かう管理人だった。信濃川上より東に向け、千曲川沿いを走るのだが、これがまた結構あるのだ。でもこの辺り、ちょうど高原野菜のレタス、サラダ菜、などの収穫期のようで、早朝から大型のトラクターが沢山行きかっていた。日照不足・長雨の影響がなければ良いのだが・・・・
 
 毛木平の駐車場は結構広く、きれいなお手洗いも完備されていた。お陰様で雨は上がっており、曇天ではあるが、登山にはピッタリの天気になってくれた。真夏の太陽がジリジリと照り付ける中での登山も暑い。ちょうどよい感じである。
 本日の登山は山頂までの標高差は1042mの登りとなる。毛木平は1433m、まずは信濃川源流の碑2230mまでの標高差約797mを登る。このコースは沢沿いを登っているので、息が切れるような急登が無いのが嬉しかった。そして何よりも水が豊富なこと。最初の3時間は水を背負わなくても、至る所から水が湧いているので問題はない。とっても素敵な雰囲気の良いコースだった。

 約3時間で源流の碑に到着した。冷たい水が木の根元から湧き出していた。ここが信濃川の最初の一滴なのだ。そのあとは主稜線まで一気に急な斜面を登る。沢から来れば最後は急な登りになるのは仕方なかった。一気に標高差245mを登り山頂に立った。
 自分的には徳ちゃん新道のように、最初から最後まで急登が続き、しかも岩がゴロゴロして、ひと足の移動が高くなることが多いルートは苦手であり、疲れも多い。むしろ長くても、「最初チョロチョロ、中パッパ!!」的な、メリハリのあるルート、最後稜線へは短いが、超がつく急登が待っていても、こういった沢ルートの方が性に合っている様に思った。

 管理人はこれで、すべての登山コース、すべての沢ルートから甲武信岳に登頂した。沢ルートでは真の沢詰めルート、木賊沢-破風避難小屋ルート、大赤沢谷-四里観音避難小屋-十文字小屋ルート、武信白岩沢-三宝山ルート、釜の沢ルート、そしてここ千曲川ルート。登山ルートは今では廃道の真の沢林道ルート、徳ちゃん新道、近丸新道、ヌク沢バリエーションルート、雁坂峠からの縦走路などなど、これで完璧に甲武信岳は攻略したという達成感を感じる登山だった。

 そうそう、後は謎の峠、大椹峠を探し、歩いてみたいと思っている。
(出典元:S.Tom.さんの樵路巡遊HPより).



至る所から水が湧きだしている。


千曲川の最初の1滴が流れ出す源頭。



この木の根元の穴から湧き出していました。



山頂は思った通りガスガスで景色はゼロ!!





 小屋に着いてからは、雨も降っていなかったので、外でのんびりまったりウイスキータイム。今日は宿泊客5名だそうで、徳さんも近くに来て、いろんなお話を聞かせてくださった(ちなみにテントもわずか3張であった)。以前聞いた話であるが、甲武信小屋が混むのは、シャクナゲシーズンと、紅葉シーズンなのだそうだ。盆休みの様な長期休暇可能な時期は、登山客は北アルプスなど、一泊では日頃行けない山を目指すので、甲武信辺りはガラガラになるそうである。16時頃から外で食事も作り(いつも素泊まり)、至福の時が流れていった。
 
 18時頃からは土砂降りになり、夜も明け方まで小屋の屋根を雨がたたきつける音がして、中々深い眠りには付けなかった。でも、ガラガラでの寝床は快適だった。翌朝は4時起床。雨は上がっていた。徳さんに「ずいぶん早い出発だな!!」と言われつつも、今回は帰りの渋滞を嫌って、早立ちとした。いつもは最後のお客さんをお見送りし、布団の片付けをお手伝いしてから、下山するのだが、いかんせん須玉インターからなので、先を急いだ・・・が上野原からの渋滞には巻き込まれてしまった。素敵な甲武信岳登山となった。
  
 そして楽しみにしていた夏休みもあっという間に終了し、19日(土)よりはいよいよ夏キノコ!!とばかりに再び富士山周辺の森にキノコメインで目指すことにした。つい先日も訪問し、空振りに終わったフジテンスキー場近くの森には、やっと出だしたタマゴダケの発見はあったが、まだ少し時期が早い様子だった。家族でオムレツに入れるくらいは採れたので早々に退散した。しかししかし、その30分くらいあと、すごいキノコの森に出くわす管理人だった!!帰路、アイスクリームを買いに立ち寄った山中湖近くのコンビニ脇の森に、採り切れないほどのタマゴダケ、そしてアカヤマドリ茸の群生に遭遇したのだ。アイスを舐めながら、何気なくのぞいた森の中に、何やらおびただしい数のキノコが見えたのだ。長靴にはき替え行ってみると、大量のイグチ、ベニタケの他にタマゴダケが林立しているではないか!!これだけ8月で見事に出ている森は始めてだった。ビックリだった。アカヤマドリも希に1つだけ出ているのは遭遇するが、狭い範囲にこれだけ出ているのには本当に驚いた!!その他、食不明の大型イグチが気持ち悪いくらいに出ていた。結局キノコを入れる袋が無かったので、早々に切り上げたが、今年はキノコは豊作っぽいなと、9月に入ってからのキノコがとても楽しみになった。



スキー場近くで、かわいらしいタマゴダケを発見!!



アカヤマドリ茸も沢山でていました。



そこいらじゅうに出ていた、気持ち悪いイグチの仲間。



今年は豊作っぽいですねぇ!!タマゴダケと右上アカヤマドリ茸。


 このアカヤマドリ茸は、イタリア料理で有名なポルチーニ茸とは種類が近い。味はイグチの仲間ではすこぶる良いので、あった時は採って帰ってくる。大型キノコなので1つ見つければそこそこ楽しむ事が出来るのだ。今回は牛肉のソテー脇にオリーブオイルで焼いたアカヤマドリ茸を添えて食べた。それとイタリアからの輸入食材で、ポルチーニリゾットご飯の素があったので、アカヤマドリと一緒に炊き込んだ。水加減をいい加減にやったので、単なる炊き込みご飯になってしまった。もっとリゾット風に仕上げたかったのに・・・。残りは乾燥したポルチーニ茸風に作ってみようと、薄く切ってベランダに干した。結果はまた書いてみたいと思う。パスタに合うらしいのでやってみたいと思う。

 ポルチーニ茸と同じキノコは日本ではヤマドリタケなのだが、毒があるドクヤマドリとの区別をまだ勉強していないので、イグチの仲間はこれとかハナイグチ、キノボリイグチなど、判別がはっきりと判るもの以外は、食さないようにしている。昔はイグチの種属には毒は無い・・・みたいに言われていたが、昨今では、かなり強烈な毒イグチも報告されており、より慎重になった方が良さそうだ。

 こうして山荘音楽鑑賞・ベットメイクを始め、甲武信小屋での徳さんとの親睦会、さらには富士山キノコとそれほどお金もかけずに楽しめた夏休みだった!!それにしても天気は連日悪かったナァ~~!!



牛肉とのソテーに添えてみました。



最後に、もう少し開いてから食べたい・・・と言う方は・・・



一晩水に挿しておくと・・・まさに傘が開きます!!
やぶれ傘風になってしまいました!?



乾燥ポルチーニ製作中!!


なかなか明快で判りやすHPなのでリンクさせていただきました
毒キノコ最強ランキングTOP20




TOPへ