春の予感。堂平山ハイキングとテンカラ釣り講習会。
with 川越渓美隊。
2017年 3月25日


2013年八ヶ岳杣添尾根にて川越渓美隊の皆さん!!



プロローグ編
 3月23日 記



 最近、山遊びに対する思いにだいぶん変化が現れた様に思う。まず今年は、怖い雪山には積極的に行かなくなった。その反面、スキーにはドップリとはまってしまった。まあ、どちらにしても毎週大自然の中で暮らさないと、ストレスが溜まってしまう自分であることは、昔から変わっておらず、週末はなんだかんだで、自宅にはいない事が多いのは古今同じである。
 
 この年齢になると70歳まで山を頑張るとすると(それ以降も元気なら行きたいが)、すでにその日まで8年と8か月しか時間が無いのだ。カウントダウンも10年という二桁は過ぎ、とうとう一桁の年齢になってしまった。最近の経験から1シーズンなんてあっという間である。スキーも今年まだまだ行きたいが、土日に制限される現在では、もう行くこと出来ても1回位いであろう。もう行けないかも知れない。あと体力も落ちつつの中、8シーズンと思うと、出来る内に山遊びも色々な事をやっておきたいと思う今日この頃なのだ。




 2007年2月、小峰吐渓さん主催の新年会。群馬県沼田の山荘にて。




この時の写真に、右手に川越渓美隊の皆様が偶然に写っていました。
左奥に瀬端雄三氏が・・・・。



 今週の3月25日、よくこのHPに登場し、大変にお世話になっている、川越渓美隊(以下、川越隊)のイベントにまたまたゲスト参加させていただくことにした。
 
 川越隊とは2007年2月24日、もう10年前にもなるんですね(上記写真)・・・渓流釣り界のドン?小峰吐渓さん所有の別荘で開かれた源流釣り会の新年会で偶然にもご一緒していた。(この時はあまりお互いに知らなかったが・・・)。この席には源流釣りの大御所、瀬端雄三氏、源流遡行のパイオニア、沢登り協会理事の豊能則夫氏も同席された、そうそうたるメンバーが集まった新年会だった。

 何故かそこに管理人もいた。この頃までは山屋のような沢屋のような、でも本当の姿は釣り師であったのだ。このHPにもある通り「あぶない探険隊」と称し出かけていた頃は、まぎれもなく釣り師だった。しかし、一番忙しい時代の50歳台に突入し、会の解散後、単独になってからは、完全に沢屋になっていた管理人だった。ここ10年は奥地に行っても釣りをするより、未知なる沢を稜線まで詰めるロマンに取り付かれ、釣りはせいぜい晩ご飯のおかず程度釣れれば、即ENDという状態たっだ。大物を釣ろうとか、釣りの技術を磨こうとか、食いの良い仕掛け研究、とかにはまったく興味がなく、単純に何の変哲もないエサ釣り仕掛けで晩ご飯をゲットする程度で十分だった。

源流釣り師と沢屋 ←言い得て妙でメチャ面白い記事です。(沢・渓知った人には)

 時は過ぎ、2013年1月12日、単独にて八ヶ岳連峰、杣添尾根から横岳を目指す時に、駐車場でバッタリと川越隊の皆さんとお会いした。その時ノブ隊長から、声をかけられ管理人のHPを読んでいる旨を伺った。。。「おーーー!!川越渓美隊の皆様ですね!」と、こちらも当時荒川源流真の沢を最後まで詰めあがる計画中で、この隊の真の沢報告を熟読していたので、このグループがどういった素性の会であるかはすぐに判った。お互いにこの偶然の出会いに、大いに盛り上がったものだった。ノブ隊長は2007年の新年会でお会いしている旨も記憶されていた。



2013年八ヶ岳杣添尾根にて川越渓美隊の皆さんと!!



 この八ヶ岳での出会い以降、ノブ隊長とは連絡を取り合うようになった。山・渓というフィールドでの楽しみ方も似ており、違うとすれば、管理人は釣りをそれほど好んではしない、、、であるからして、冬、春前半、秋(渓流釣り禁漁後)はお互いに嗜好が合い、ドップリと仲間に入れていただくことが多くなった。山菜採り、キノコ狩り、冬山登山、スキー、単なる飲み会、などなど。でも川越隊は隊長曰く、あくまでも「釣りの会」なのだそうで、やはり1年通してメインのテーマは源流の釣りなのである!!(その他の遊びは禁漁時期なので、仕方なしの活動なのかも知れない・・笑)
 今までは、春本番から9月末までがシーズンである源流の釣りにはほとんどエントリーもしたことはなく、この時期は独自の沢屋としての遊びを昨年までしてきた管理人だった。

 しかし・・・今回の25日は、堂平山ハイキングの後に、テンカラ釣りの技術講習会があるという。さらにはホルモン、焼肉宴会も付属しているらしい。
 最初にも述べたが、山遊びのスタイルが変わりつつある昨今、はたまた一つの遊びのジャンルに固執せず、スキーを再開したように、今年はいろいろな事に再挑戦をしたいと思っている。その一つとして、沢シーズンはどっぷり釣り師になろうか?などとも考えている。そこで即刻、この講習会含めたイベント参加に手をあげてしまった。
 
 長年やりたくてもやり方、コツがイマイチ判らなかったテンカラ釣り。今年は隊長に教わりながら、源流をテンカラ竿片手に沢山歩いてみたいと、実は目論んでいる。40年位前、それこそ八ヶ岳杣添川にて釣りをしている時、上流からテンカラ竿片手に27センチくらいのイワナ1匹をぶら下げて降りてきた釣り師がとてもかっこよく見えた。まだまだ源流へ足を踏み入れる度胸も技術も無い頃だった。あのかっこいいテンカラ竿、ラインがひときわ管理人の興味をそそったが、学ぶ機会が無いまま今日まで来てしまった。

 昨年、ワラジの自作方法をネットで学び、ワラジは結構きっちりと作れるようになった。今年は是非毛バリを巻けるようになりたい思っている。そして自分で編んだワラジを履き、自分で巻いた毛バリで魚を掛ける。なんとも素敵な世界だ!!話は違うが、最近、若い頃にはまったく興味が無かった大相撲中継観戦がメチャ楽しみなのだが、ジイチャマエイジになると往々にしてこういう方向になっていくのかも知れない。ワラジ作りなど、夜なべ仕事が似合う年代?なのだ(苦笑)。
 最近は赤岳とか甲斐駒、仙丈ケ岳とかよくぞ厳冬期に登ったな、、、とビビる管理人だ(笑)。もう冬はスキーオンリーになりそうだ。夏場の水遊び、稜線まで詰める源流釣りならなお楽しいが、体力と相談しなければならないかもしれない。今年は釣り、イワナ、焚火、宴会を、若い頃の様に再度やってみようと思う。
 隊長、準おまけメンバーで今年は渓もお世話になりますので、よろしくお願いいたします!!。お酒はちゃんと沢山担ぎますから・・・!!
以上 プロローグ編でした。




15年位前に買って竿は持っているがほとんど使わず。25日にデビュー!



エピローグ編
 3月26日 記

本番当日エピローグ編写真集です!!








TOPへ