天狗岳改め富士山訓練
水ヶ塚公園-須山登山道-富士山2350m付近にて
2017年 12月16日

水ヶ塚公園から見る富士山。
笠雲がさらに発達し山頂は大きな雲の中に。


 12月も早いものであと2週間となってしまった。歳を重ねるごとに1年間の経つスピードが速くなっている様に感じる。
 そんな12月16日(土)、暮れに行われる冬季合宿・甲斐駒ヶ岳登山に向けたトレーニング・訓練として、八ヶ岳の天狗岳に東側にある稲子湯から登る計画を立てていた。今回の一番の目的は、過去1度もお世話にならずとも済んでいた、バラクラバの使用テストである。過去1度だけこの天狗岳途中で、バラクラバを忘れたことで、顔、耳が凍傷になるのでは??と思うほどに暴風の中寒かった思い出がある。この時は顔の寒さから途中で登頂を断念した。
 そんな強風が吹き荒れてくれる天狗岳を目指し、顔を覆うバラクラバがどれだけ有用であるかを確かめる計画だった。もちろん1年間サボっていた雪山のその他の装備点検も兼ねての登山を予定していた。

 前夜の金曜日夜、稲子湯までのルートを再確認する。須玉インター下車、松原湖より林道へ入り、稲子湯へ・・・よくよく考えると何とも遠い事に今更ながら気が付いた。須玉インターも遠いが、松原湖は清里を過ぎ、野辺山を過ぎ、信濃川上を過ぎ、さらにその先にある。なんだか歳のせいか遠距離ドライブは最近辛い。そこでふとひらめいたのが・・・おおーーー近くて最適な訓練場所発見!!それは「富士山!!」・・・毎週のように近隣の山に通い拝んでいた富士山。なんとも灯台下暗し的・・・であったようだ。

 そこで調べてみるとなんと稲子湯-天狗岳とまったく同じ標高・標高差であることを知った。むろんこの時期の富士山山頂を目指すなどは自殺行為だし時間的にも届かない。以下がデータである。
 稲子湯標高1480m、天狗岳標高2646m、富士山水ヶ塚公園須山登山口標高1450m、富士宝永山山頂・標高2693m、なのである。富士水ヶ塚公園須山登山道は、静岡県側にあり、富士宮口5合目スカイラインに向かう途中にある歴史が一番古い登山道のようだ。登山道は途中、富士宮5合目もしくは新6合目に合流することが出来るルートだ。この登山道の歴史は奈良時代にまでさかのぼるらしい。もちろん宝永の大噴火で当時の登山道はすべて焼失したが、概ね同じ辺りに明治時代から開墾され本日の登山道となったようだ。11月初旬には富士宮口、御殿場口へ至るどのラインも冬季閉鎖になっているので、訓練場へ着く為にはここ1合目から登り、標高差900mは最低クリアしなければならないのだ。1合目からはカラマツ、落葉樹林の中を登るが、途中で植生が変わりコメツガ、シラビソの針葉樹がほとんどとなり、標高2300m付近で森林限界、あの富士山特有のガレた岩場登りとなる。


須山登山道案内板。クリックで拡大表示します。



樹林帯はそこそこ雪がありました。


 富士登山となれば、スタートは比較的ゆっくりでいい。現在6時半頃が日の出なので、4時半に高井戸をスタートするも、それでも暗いうちに水ヶ塚公園に着いてしまった。高速は東名御殿場下車、須玉に比べれば多少なりとも距離を短縮することが出来た。途中不思議だったのは外気温だ。東名御殿場インター付近はマイナス3度を示していたのに、標高がかなり高くなった水ヶ塚公園駐車場では、マイナス1度なのである。まだ日の出前でもあったのに、富士山の地熱??噴火近い??などとくだらん想像をしてしまった。

  駐車場で入念に支度をした。今回メインテストのバラクラバは3種類をリュックに詰め込んだ。特にコンロとかの調理器具は持たなかったので、荷物はカルカルであった。アイゼンは調整するためにもキッチリとグリベルの12本をリュックに入れた。ピッケルもペツル・サミットをリュックにくくり付けた。でもでも、雪がない!!目の前にドーーンとそびえる富士山には思ったほど雪が無かった。宝永山辺りは、風で飛ばされるのか全くと言って雪は付いていなかった。その反面風だけは、ビュービューと音を立て吹いてくれていたので、森林限界すぎた暴風エリアでは、またとない耐寒、耐風訓練が期待でき、ワクワクの管理人だった。 



雪がほとんど無い宝永山、2693m。



すごい迫力だった、笠雲の発生シーン。どんどん成長します。
トラロープが強風で弓なりになっているのが判ります。


 樹林帯の中は部分部分でそこそこの積雪があった。登りはノーアイゼンだったので、雪が固く氷付くいたところでは慎重に登るようにした。あえぐこと2時間少々、森林限界近くにやってきた。樹林帯の中では、周囲で巻き起こっている強風で「ゴーーー」という音は聞こえているが、体に直接吹き付ける風は皆無だった。でも木が無くなると、この風が一気に襲い掛かってくることは、経験済であり、樹林が無くなる手前で、テスト用のバラクラバを2枚(着?)重ねて、頭部、顔を覆った。

 標高2300m以上に差し掛かり、木もなくなったガレ場では、期待通りの暴風が吹き荒れていた。この時の最大瞬間では体が浮いて、飛ばされるぎりぎりの強さに襲われた。常時10m、最大20mプラスくらいであろうか。山頂を見ると、すごい迫力で笠雲が山頂を取り巻き、渦巻いていた。すごいスピードで台風と同じ向き、時計と反対周りで雲が発達していくのが判る。テレビで時々見る、アメリカのトルネード発生の瞬間のような光景を目の前にし、息を飲む管理人だった。
 携帯でその光景を撮影しようとするも、携帯に風圧がかかり、携帯自体飛ばされそうで、やっとの思いで笠雲、宝永山、駿河湾を撮影することが出来た。もちろん立っていられないので、ガレの上に座り、体を張ってあったトラロープにビレイしての作業だった。想像以上の強風に宝永山行きは中止とした。ここでこれほどの強風では、宝永山馬の背尾根では30m近い激風が吹き荒れていると予測。あそこは風の通り道で、このポイントで弱い日も20mくらい吹くことも多いのだ。その後、この2350m斜面でいろいろと実験を行った。バラクラバは想像以上に暖かく顔を包んでくれた。しかし別の点でいろいろ問題点を見つけることが出来た。

・手が以前から弱い管理人。強風の環境下に入ったら、モンベル製を2重にした手袋(外側はかなり厚いウール)だけでは凍傷?は大げさだが、感覚がなくなるくらい冷たくなり、息を吹きかけたりで回復を頑張ったが、復活しなかった。
対策・・・オーバーミトンのゴア製を購入したい。高価でも防水・防風・透湿性の高い良さげのを探す。(今までのゴアでは無いが、ミトンは紛失してしまったらしい・・・家で見当たらなくなった)

・ゴアのハードシェルは本当に過酷な中で、最高のスペックを発揮してくれありがたい限りだが、フードの調整などを下界できっちりとやっておかないと、ああいった悪条件下では何一つできないので、こまめな調整は事前にしっかりとやっておくべきと思った。

・大型のマイナス15度用などの手袋は、飛ばされるのを防ぐ紐がついていて、それを手首にかけて装着するので、外した時に飛ばされる心配は無いのであるが、細かな手袋もそういった風対策の何かを施すべき・・・と思った。一瞬の気のゆるみで、手袋など飛ばされることが多く、意外な致命傷になるので、スペア含め手先が弱い管理人は、手袋系は沢山持つようにしている。

・岩登り・沢などでよく見かける、腰にチャラチャラした登はん具をハーネスなどにブル下げるシーンであるが(沢では意外やファッション的な方も多いが・・・)、雪山、特に悪天候下では使わずとも最低のビレイ用具が簡易に出せる位置に準備をしておく事が必要であるように思った。カラビナ2枚、シュリンゲ(長い・短い・2種)、ヌンチャクあたりあっても良さそう。いざという確保などで、リュックから出すのは今回のような強風下では、リュック本体、はたまた開けた時に荷物などが飛ばされる危険性もあり、実際今回カラビナ、シュリンゲを奥から出す、そんな動作にも苦労した。リュックを地べたに置く時に、飛ばされ防止用用具としても簡単に出せる必要性を感じた。また強風下活躍するゴーグル、エネルギー源の行動食なども簡単に取り出せるポケットに入れておくのが良いと思った。


セルフビレーをとったトラロープ。
強風の為ぶれている。


南側には伊豆半島・駿河湾が!!


 こうして、強風下のガレ場にて30分を過ごし、もろもろのテスト・アイゼン調整・耐風訓練も無事終了し、何となく装備的には甲斐駒ケ岳の長丁場は、クリアできそうな気になってきた。強風下での体勢のとり方、ウェア、靴、靴下、バラクラバ・・・etc.一応以前の感覚で問題なくこのあたりの装備はクリアしたようだった。手袋問題も判明し、しっかりしたオーバーミトンを購入することに。管理人は最悪の場合の為に、マイナス15度仕様のすごい?手袋を持っているが、あれは最終的に使う秘密兵器とし、リュックには必ず忍ばせているが、普段は普通の手袋ですべてクリアしたいと考えている。(管理人は手袋の中にさらにホカロンまで入れないと、手がもたないほど弱い!!)その後、少し下降した風の無い樹林帯で、駿河湾の海を眺めながら日だまりにて、日本酒で富士山に乾杯。下山後は鳴沢村の山荘掃除に向かう管理人だった。


2014年2月1日の記録写真(同場所にて)



すべての写真を見る




TOPへ