我が家であった、不思議な出来事・パート3 
お地蔵さんの涙??1964年の出来事です。
2017年5月19日 記 
 

上野谷中にあるお寺、浄名院。


 先日友人から、「山の報告も楽しく読ませてもらっているが、遭難に関した話題とか、不思議な出来事的なのも面白いね!!」との短評をいただいた。確かにあまり遭遇しないこれらの実話は、読み手にとっても魅力的なのかも知れない。
 ネットで検索すると、怖い話、とか、不思議な話、など数えきれないほど作品が出てくるが、なんだかそれ用に作られた作品が多いように思う。ミステリー作家になれるような優秀な作品も多く、暇な時に管理人も読ませていただいている。

 そんな中、以前ここで書かせていただいてた、不思議な出来事パート1~2は、管理人が体験した実話なので、作り話ではない。管理人はパート2でも書いている通り、霊感にはすこぶる鈍感な方であるが、人生60数年生きていると、少なからず奇妙な出来事には片手で足りる回数くらいは出くわすようだ。パート1は雷による自然現象とは思う、そしてパート2は一番自身での不思議体験で、修験者の霊らしきに遭遇した。そして本日報告のこのパート3は管理人が見た、家での出来事の不思議である。興味ある方はご笑読いただければ幸いです!!




写真はイメージですが、正にこれと同じ形状でした!!



 以前このHPにも書いたが、管理人の父方の祖父は明治30年1897年日本橋室町生まれの江戸っ子、祖母は明治34年1901年日本橋近くの出身・・・そのまた先祖は千葉が実家だったらしいが、祖母は江戸の人だった。今回の不思議は祖父がとっても熱心に信仰していた、お地蔵さんにまつわる話である。(誕生した年号は多少間違っているかも知れないが、明治のあの頃である。ちなみに祖母は99歳まで生き、よって管理人もよくかわいがってもらった。祖父は管理人が生まれる2年前ガンで亡くなり、管理人はまったく知らない祖父であった。)

 そのガンコ親父で名高かった祖父は、若い頃からお地蔵さん信仰を熱心おこなっており、上部写真の谷中「浄名院」に家族6対のお地蔵さんを祀っていた。管理人も数年前お参りに行った。地蔵の背中には本人、娘、息子、妻の名前が刻まれていた。すでに風化が激しかったがかろうじて読むことが出来た。息子とは、管理人の父親である。信仰熱心だった祖父は昭和28年に亡くなり、その後昭和34年以降は、管理人の父親の地方転勤の関係で、家族全員で静岡に3年、広島に2年、住むことになった。よって当然、信仰心の無い祖母、母であるからして、お地蔵さんへの忠義など10数年間忘れ去られていた。
 そんな忘れもしない東京オリンピックが開催され、真空管テレビからオリンピック放送が流れていた、昭和39年広島での、とある夜のことだった。

 祖母が深夜、ものすごくうなされているのを聞いた。子供から見ても、尋常でないうなされ方だった。管理人は当時小学校4年生だった。この夜の出来事は、当時中1だった姉もそれを目撃しており、今でも時々話題に出るほどだった。
 翌朝、家族の会話で「おばあちゃん、昨晩すごくうなされていたね!?大丈夫?何かあったの??」の問いに対し「夢の中でね、おじいちゃんが出てきてね、、、お地蔵さんを面倒見てくれ!!とさかんに言うんだよ!!」おじいちゃんとは祖父のこと、祖母が早くして亡くしたご主人のことだ。「そう言えば、おじいちゃんが亡くなってからお地蔵さんはまったくお参りしていなかったね!!」という話になり、急遽日本橋人形町に住む長女の家に電話をした。
  ・・・・するとな、な、な、んと・・・長女も亡くなった父が夢の中に出てきて、お地蔵さんを、お地蔵さんを!!と言っていた、と話した。それだけでもなんだか十分にゾッとする!!何かあると感じた祖母と母、長女3名は、10数年ぶりに浄名院を訪ねた。すると住職さんに「庄野さん、よくこのタイミングできてくれました。10数年連絡も取れず、無縁地蔵で処分する話が出ていたんです!!」ということだった。それ以降、地蔵の日には必ずお参りに行くことになった。しかし、一昨年、寺からの承諾書が送られ、お金にならない地蔵さんはすべて一括解体保管で一箇所にまとめて祀り、空いた土地をお墓にするということで、今は地蔵さんも無くなってしまった。
 
 この出来事って、確率的にはやはり霊が存在しないとありえないように思うのだ。東京と広島に住む母娘が、偶然に同じ夢を見る確立もかなり低い。長女もあっけらかんとした江戸っ子で、信仰心などまったく持ち合わせない性格のおばさんだった。だから寺との接触もゼロであった。こういった霊が呼ぶ・・・的な事ってこの出来事以来、管理人は信じることにしている。ちょっと不思議だよね!!(ちなみに祖母と長女が同じ日、同じ夜に同じ夢を見たのではないと思う。同日だったらなおすごい!!それはもう知る由もないが・・・!)

 長女の家、管理人にとっては伯母になるが、人形町に甘酒横丁って有名な通りがある。明治座に向かって歩くこと5分、右手にビル1Fで洋食レストラン「グルトン」という店がある。ちょうど有名なたい焼き屋さん、手焼きせんべい屋さんの隣くらいだ。ここグルトンは伯母の長男夫婦、管理人の従兄が運営している。ビルも古いがその長女さんが家主だったビルである。人形町にお立ち寄りの際は、是非お寄りいただければ幸いである。管理人の名前を出せば、コーヒーくらいはサービスになるかも知れない(笑)

 と言うことで不思議な話パート3報告であった。実話しか書かないので、パート4以降は無い。霊感に鈍感な管理人は人生、この3つしか体験していないのだった。
 さあ、明日は鍋割山で鍋焼きうどんを食べてくるぞ~!!




おまけ。管理人の菩提寺・谷中観音寺。赤穂浪士で有名らしい。




TOPへ