山荘での家ダニ騒動と山女日記に想う。
2017年 11月11日~18日

今週は雪をまとった富士山でした。11月11日撮影。富士河口湖町にて。


 11月に入ってからの週末は好天に恵まれ、紅葉最盛期ということもあり、ここ富士山周辺も大勢の観光客で賑わっていた。
 そんな11月11日、鳴沢村の山荘では越冬に向け虫たちが、暖かいところを求め、大挙して山荘内部に侵入してくる、そんな時期を迎えていた。コオロギの仲間?のようなカマドーマなどは、佃煮にして食べられそうなくらい、床一面に真っ黒になって集まってくる。見たことのない人には、ちょっと卒倒でもしそうな光景だ。それらを掃除機で吸い、ほうきで履いて駆除しないと快適な冬場の山荘生活には入ることが出来ない。
 
 今回は行ける時にまめに掃除をしていたので、それほどの侵入は無かったが、毎年色々な意味で冬支度に忙しい時期となるこの頃だ。昨年マイナス11度にもなったここ鳴沢村は、水道管・給湯機器管理も重要な仕事となっている。一歩間違うと水道管、給湯管破裂・・・という事態が意とも簡単に発生し、高額の修理費をを支出しなければならず、管理人としてはもっとも気を使う重要な管理ポイントとなっている。
 この日晴天の中、掃除、薪割り、などなども無事に終わった夜、ちょっと予期していなかった、嫌な事件が起きた。虫はムシでも目には見えない家ダニの襲来だった。

 夜、薪ストーブで暖を取りながら、適度な疲れ、酔いもあってか、肌を露出したままソファーで朝までごろ寝をしてしまった。もちろんここに常備してある羽毛布団をかけては寝た。何事もなく朝を迎えたのだが・・・自宅に戻り日曜日夜、何やら小さなプツプツした突起が、足の随所に現れた。最初は何かな??と思ったが、しだいにプツプツは真っ赤に腫れ、そしてめちゃくちゃに痒い!!これほどまでに痒い虫さされは始めてだった。
 山中で藪を漕いで、地べたに寝泊りすることも多いので、虫とは仲良し・・・とは言えよく刺されるのだが、ここまで痒いのは本当に過去には無かった。アリ、毛虫、ブヨ、アブ、ヌカカ、ハチ、ドクガ、などなどかなり重症な虫さされで病院へも何度か通ったが、今回の痒さは半端で無かった。調べてみると症状から、完璧に家ダニの仕業だった。当日は特に変な草むらに入った訳でもなく、山荘内での掃除くらいだった。よって原因はソファの生地の中に寄生している家ダニであることは明白だった(このHPに家ダニに関して詳しい記述あり・・・噛まれている症状も合致している)。
 とにかく痒い家ダニ、山小屋などで管理が悪い布団にも発生があるらしいので、小屋泊などでは、やはりシュラフカバーは常に持参し、虫をガードすることを心がけた方が良い様に今回は切に思う管理人だった。



小さく扱いました。



こんなのが随所に・・・
発狂しそうなほどに痒い!!



翌週18日は家にあったレイコップ掃除機で、ダニ退治。



こんなのもしっかりやりました。
仇を討った気になっている。



ツナギ&アンダー着こみ完全防備の管理人
まるでシロアリ駆除業者のオヤジ!!


 後日談・症状報告として、11日土曜日夜に噛まれ、約24時間後にプツプツ発症、36時間後に真っ赤に腫れあがり、かゆかゆの状況のスタート。気が狂わんばかりの痒みは、木曜日まで続き、夜にはピークは過ぎ、だんだんと治まる傾向。1週間後の土曜日には痒いけど、我慢できるくらいになった。当然薬は塗っているが、あまり効果は無い。(ステロイド系含め塗ったのだが・・・)本日は襲撃より9日経ったが、大きく腫れた部位のみに少しだけ痒みがある・・・。大半は跡は残っているが、痒みは取れた。やれやれな報告・・涙。であるからして、無雪期の山では、虫被害が辛いと思うようになった最近である。

※11月30日追記・・・11日に家ダニに噛まれてから19日・約3週間が経った。噛まれた痕はいまだに薄く残り、場所によっては噛まれた中心部がまだかさぶたになっている。通常生活では痒みは全くないが、熱い風呂などに入ると、患部に痒みが走る。なかなかしつこい。ドクガなどでは完治に1か月かかったが、それに近いものがあるような、家ダニであった。

 話はコロっと変わって・・・NHKBSプレミアムでやっている「山女日記」・・・面白い!!。管理人はどっぷり、ハマっている。最近第二弾?でまた新しいのが始まった。主人公「ゆずきさん」はちょっと大根だが、頑張っているので良しとしよう!!
 TVでは筋書きによって面白いのと、まあまあとはあるが、湊かなえさんの小説、原作もなかなか良い。そんな山女日記にまつわる話を最後に書いてみたいと思う。



山荘にテレビとビデオも設置(廃品持ち寄りだから古いモデルだが・・・)



山女日記のワンシーン


  管理人の大好きな「山女日記」。個人的には二話の南野陽子さんが元山岳部員だったシリーズが今のところ一番好きで、山荘でも、何度かワイン片手に観ている。

 ところであんな脚本にある様な出合いと言うか、知らない人同士で山でならあそこまで仲良しになるの??と、疑問を持たれる方も多いと思う。答えは大いに「イエス」である。管理人はあのドラマにあるような、山でその日に出会った方々との人生観含めた話を語り合うシーンはそこそこな回数を経験している。それだけに、あのドラマは真実味を持って管理人には迫ってくる・・・。甲武信小屋では宿泊の登山客と一期一会の夜の語らいを楽しんだ。さらには厳冬期の小屋ともなると、もっともっとドラマチックな出会い・会話が多かった。やはり命をかけて・・・と言ったら大げさだけど、無雪期以上に緊張感を持って登っている方が多いから、やっと小屋に着いた時の会話はおのずと「山女日記」的になる。そんな昔出合った「山オヤジ日記」話を一つ・・・・

 5年くらい前、季節は2月の厳冬期、場所は八ヶ岳赤岳鉱泉、談話室での出来事である。美濃戸口より向かった管理人は、その日は登頂もせず赤岳鉱泉の談話室でうだうだと美しい雪景色を見ながら、ウイスキータイムと1人洒落込んだ。14時前くらいだった。談話室というより正式名称は自炊室である。玄関がすぐ横に見える細長い煮炊きOKの自炊して良い部屋・・・と言えば行った方はピンとくる、例の部屋である。まだ時間も早く、ほとんどの登山客は赤岳、硫黄岳を目指しその帰路に就いている時間帯で、自炊室には管理人と、20代後半の山女子と二人だけだった。当然に山ならではで、女子に声をかける管理人・・・。「こんにちは。一人で来られたのですか??」・・・これは山でのルール?・エチッケット?であり、決してナンパなどの為の声掛けではない。キッパリ!!
 すると山女子さんも、安心したように口を開いてくださった。山小屋などで1つの共有空間にて、男女二人だけで食事を作ったりしているシーンで、まったくの無言での時間が流れて行く方がもっともっと怖いと・・・管理人は勝手に思っている。
 渋谷・新宿辺りのバーカウンターの隣に、若い女子が一人飲んでいても、声をかける勇気はさらさら無い管理人だ。「一人??」と聞いても、「連れがもうじき来ます・・・から結構です!!」とか迷惑そうに言われ、避けられるのが九分九厘だから。(笑)
 
 その後、お互いに食事を作りながら、まずは自己紹介そして八ヶ岳の山に関する話などをし、食事も完成した20分後くらいには、すっかり管理人との話に打ち解けてくださった。まさに山女日記にあるようなストーリー展開の序であった。その後さらに深い心の奥もオープンにしてくださる、山女子さん。そんな彼女の思いをまったくデフォルメも無く、当時のままを思い出し、書いて今日は終了・・・。以下山小屋でのお嬢さんの告白!!

 「私は愛知県○○市から、両親と姉と4人で今日ここに来ました。両親は山大好きなそこそこベテラン、姉は私とは双子なのですが、性格が全く違います。姉はイケイケで積極的、3人は今朝到着後、行者小屋経由、赤岳へ行けるところまで向かい、16時くらいまでにはここに戻る約束になっています。私は姉と違い厳冬期の山なんて、ここ赤岳鉱泉まででも、無理があり、やっとでした。今日は私なりには苦労してここに着きました。ですから、早い時間から私は1人小屋で留守番なんです。
  ・・・ならばわざわざ辛い思いまでして何故来たのですか??のご質問ですが、私・・・実は結婚したいお相手がいるのです・・・が・・・彼の事をイマイチ両親が気に入っていなくて、、、(ノдヽ) なかなか結婚話を切り出せないんです (;_;)。でもって、今回頑張ってここ赤岳鉱泉まで付いてきて、夕食の時あたりに・・・彼と結婚させてください!!・・・と頭下げお願いし、結婚許可をもらえるようにと、頑張ってここまで来ました・・・!!」
 
 へーーー!!厳冬期の山小屋をうまく使い、山大好きな両親への告白・説得山行なんだ・・・と、聞いて思わず思いっきりエールを送る管理人だった。山って、知り会って僅かな時間の中で、うら若きお嬢さんから、こんな切実なお話をされることは時としてある。山ってお嬢さん達、日頃誰にも語れなかった部分などの、語らいでのストレス発散ができる場所なのかなぁ?・・・大変にオジサンとしては嬉しかった出来事の一つだった・・・山が持つ魅力・魔力ってこんなところにあるのかな??と若い皆さんが山にハマるのは街では無いこういった出会いなのかも知れないと思った。
 山って、見た目にはただ単純に皆さん山頂を目指し登っているだけに見える。しかしその中にはいろいろな人間模様が脈々と流れている。であるからして、ドラマ山女日記ってそのあたりを的確に捉え、映像として表現したすばらしいドラマなのだ!!

 そんな中16時過ぎ、ご両親、そしてまったく同じ容姿のお姉さんが妹さんの姿を見つけ・・・「戻ったよ!!」 と僕の目の前に。「お疲れ様、お嬢さんとお話させていただいてました・・・!」と、ご無事を祝しご挨拶。その頃の時間帯は自炊室も混み始めていたので、管理人が陣取っていたテーブル、椅子をご家族にお譲りし、さらには妹さんに「これからの夜、頑張ってネ!!」と小声でエールを送り、自炊室を後にした管理人だった。5年後の今頃、素敵なご家庭が誕生していると良いですね。
 山って素敵です!!山女日記・・・・万歳!!
 
 翌11月19日(日)は兼ねてよりお誘いをいただいていた「庄野真代さんコンサート」に顔出しの為に、山は無しの休日。久しぶりに新宿高島屋をブラブラし、リーデルのワイングラスなどを購入した、下界での1日であった。





虫に仇討ちをし勝利の祝いに、
帰路大月・登喜和で食べた鰻重、2520円



●安い中国産ウナギの美味しかった食べ方●
 安い中国産ウナギをどうしたら美味しく食べられるか・・・当初は蒸す、そして焼き上げるなどが多かったが、最近は以下の方法を発見し、今までの方法に比べ、なかなか完成度も高く美味しかった。
 アルミホイルに焦げ付かないようにサラダ油をなじませウナギをくるみ、薪ストーブに置いて温める(蒸すと焼く、という動作を同時に行えた)。すると硬かった安ウナギもフワフワ、さらには香ばしい味も出てGoodでした。家ならオープントースター、ホットプレートなどでどうだろう・・・・













TOPへ