厳冬期・河口湖山荘での休日
2017年2月18日
 

先週の雪もほとんど融け、春も近い河口湖・鳴沢村。




先週の山荘前の雪景色。この朝はマイナス11度でした。



 先週の土曜日・2月11日、河口湖山荘に到着した朝6時半の外気温は、マイナス11度あった。雪山登山でのこの気温は、比較的暖かい部類に入り、「今日は暖かいですね!!」なんて挨拶も、寒さ厳しい八ヶ岳あたりでは聞かれる。八ヶ岳の厳冬期は、マイナス20度以下は当たり前状態のエリアなのだ。お隣り、金峰山でも厳冬期はマイナス18度、風速15m以上の中を歩いたこともある。
 
 しかしだ。・・・東京での生活では絶対に経験しない、一般生活環境下でのマイナス11度では、簡単に水道管が氷付き、下手をすると水道管が破裂、はたまた給湯器が破裂し、この修理、交換にはかなりな出費をしいられてしまう。山荘管理人としては、この外気温度は冬山登山以上に、緊張するシーンなのだ。各水道管が外にむき出しになっている配管部分は、当然寒冷地仕様とし、ウレタンが巻かれ、中には電熱線も入れてあるので、厳冬期でも普通は氷付くことはない。しかし昨年試しに、すべての配管の電熱線をONにして3ヶ月試してみると、やはり電気代が相当な額になってしまい、これでは・・・と電熱線を冬場ずっと入れるのには躊躇してしまった。
 
 その前年までは、家主さんの意向?か判らないが、電気代節約?で、電熱線を冬場含め1年中抜いてあったので(電熱線は年中OFFで使用していないようだった)、ここを管理し始めた初年の冬、確か3年位い前の1月に水道管2ヶ所、お風呂用給湯器も破裂し、修理に相当な額がかかってしまった。それ以来、寒冷地で無事冬を越すには、それなりのノウハウがいることを学び、こまめに通い管理することにした。(一応水抜き・・・というシステムは備わっているので、水抜きのみで、今年は対応していた)
 
 先週、マイナス11度あった日は、なんとか給湯器周りの水、お湯は出たが、トイレ系の水が手洗い場含め出なかった。ちょっと心配だったが、本日は外気温1度。入室するや、トイレの水を確認した。水抜き栓を開くと、水が勢いよく流れてくれた。まずは一安心!!破裂は無く、単純に氷付いていたようだ。ここのところの寒波でも、電熱線無しで破裂することもなく、無事に頑張ってくれた。今回はあと2週間で3月の声も聞き、春の訪れとなるので、この2週だけは保険としてすべての電熱線を入れて帰ることとした。




水道管チェック、煙突掃除のあとは音楽鑑賞で過ごした。




究極JAZZの一枚。Kind of Blue



 最近は、冬ということもあり、山にはあまり行かなくなってしまった。冬山も何故か昔ほど積極的にアタックする元気が無くなったみたいだ。要因は色々あるが、まずはスキーの楽しさをこの年齢で再認識してしまったこと、膝が若干痛むので無理できなくなったこと、今年は元旦に知り合いが、氷付いた登山道で滑落しお亡くなりになったこと、などなどで雪山遊びはある意味で、ゲレンデスキーエンジョイに変身した。スキーはアフター5時にて、暖かな部屋でワイワイ飲めるのがたまらない魅力である。温泉もあったりで!!年寄りはこれで良いのだ、と思うお年頃になった様だ。

 そんな最近、音楽鑑賞でも変化が起こっている。学生時代に4年間、この時期だけは山から遠ざかり、JAZZ鑑賞、JAZZ演奏にどっぷりはまり込んだ時代だった。新宿、高円寺、吉祥寺あたりにもまだまだ沢山のジャズ喫茶があって、タバコの煙で目がしみるような劣悪な環境でJAZZのレコード演奏を聴き入った。受動喫煙などという単語は存在しない時代だった。学生なのでお金は無いが、時間だけはたっぷりとあった時代だ!!(五輪真弓さん、♪たばこの煙の中で~何~も見えない~♪・・懐かしいなぁ)

 当時僕の耳には上手に入ってこなかった、この通好みの、マイルス・デイヴィス、ジョンコルトレーンが知らぬ間に、今にしてやっぱり最高のジャズだなぁ・・・なんて思いつつ、ついつい聴き惚れてしまう。世間的に、JAZZの最高峰の傑作と言われているらしい上記レコード、 「Kind of Blue」はやはり今の僕にも最高の一枚だ!!モードJAZZだからとか、理屈はいらない。兎に角心地よく体内に取り込まれてゆく、雑味の無い、すばらしいサウンドなのだ。山荘に着くや否や必ずかける一枚になった。心がすっきりと洗われた気分になれるのだ。若い頃にはこの良さが全く判らなかった。歳を重ねると色々なものが見えてきたり、聴こえてきたり、感じたり、今まで眠っていた感覚が少しだけでも研ぎすまされたのかな??なんて思うこの頃である。

http://milesdavis.jp/kind-of-blue
ここにこのレコードを称賛する、すばらしいコメントがあった。妙に納得だった!!
正に「言い得て妙」!!要は「男は黙ってサッポロビール!」、「Listen!」ですね。




その後、すぐ裏手のスキー場で1本だけ滑って山荘へ。




さらに、手作り焼きそばでビールタイム!!美味かった。






TOPへ