良いとこ取りの充実した休日。
上越国際スキー&河口湖山荘薪造り
新しい2つの発見!!報告。
2017年 3月11・12日


上越国際スキー場大沢ゲレンデに6時到着。車はまだ2台のみ。


スキー編

 この季節になるとゲレンデスキーは今週、来週あたりで早くも終了の時期になってしまう。沢のシーズンもそうであるが、ベストシーズンって夏場も冬場もあっという間に終了してしまうものだ。来週あたりには、今シーズンはすっかりご無沙汰してしまった、雪山登山にも最初で最後のトレーニングに行かないと、毎年GWに目指している北アルプス登山に自信が持てなくなってしまう。

 そこでスキーシーズンラストに近いこの週末の計画は???
 計画案1:先日川越渓美隊と合宿した上越国際のだだっ広いゲレンデのすばらしさが脳裏から離れず、国際での思い切りのスキー三昧・・・、計画案2:河口湖山荘での薪ストーブメンテナンス、および樹木が比較的乾燥しているこの乾燥時期最後の薪造り・・・と山荘ライフにも後ろ髪引かれ、先週1週間、新潟県上越国際を選ぶべきか、山梨県河口湖町を取るべきか、金曜日仕事終了時まで、選択に悩んでしまった。もちろん河口湖山荘作業の場合は、近隣でのスキーを目指す。しかしネットでスキー場検索するも、中央道沿線での河口湖にもほど近いお手頃なエリア・・・西の限界を諏訪南インターまでとすると、たいしたスキー場も無く、今回はやはり今年ラストの気持ちで、上越国際にてたっぷりと最後の総仕上げをする決心をした。








駐車場へ2番乗り、スキーは1番乗り。ゲレンデはご覧の通り誰もいません。
上越国際大沢ゲレンデにて。1番手にて滑走!!



 3月11日(土)前夜からなかなか熟睡できず午前2時には起床し、早過ぎを承知で2時半にはそそくさと塩沢・石打インター目指し、自宅を出発。高井戸は東名も、中央も、関越も、どの高速に乗るにもアクセスは最高の立地にある。環八にてこの時間なら10分もあれば練馬の関越インターまで行くことが出来る。
 
 ところが・・・、自宅近く荻窪辺りの環八電光板に何やら「チェーン規制」という文字が浮かび上がっていた。最初は関越道の話では無いと思い、詳しくは見なかったが、続けて出てきた掲示板には「下牧SA-関越湯沢・チェーン規制」と記されていた。下牧??、なんて知らない地名だったので、ネットで検索すると、「シモモク」と読むらしい・・・要するに水上-越後湯沢間は雪で、チェーン規制なのであった。えーーーー!!雪道には不慣れな管理人。こんな春に・・・と一瞬、圏央道迂回ルートにて、やっぱり中央道方面に転戦しようか・・・とも思ったが、初志貫徹・・・、チェーン規制の関越道につっ込んでいった。上手くすれば雪道リスクもあるが、新雪のパウダーにこんな時期にして出会える可能性もあったからだ。あえてリスク承知で向かうことにした。

 赤城高原SAからかなりな雪が舞い始めたが、路面に積もることはなかった。問題の下牧SAでは、道路に三角コーンが立ててあり、車は自然にSA内に導かれ、係り員のタイヤチェックを受ける。スタッドレスは本当に便利だ。何の苦労もなく通過。ノーマルタイヤに滑り止め装着の車は、ここ下牧SAで装着後、関越トンネル入口チェーン脱着PAで、再度のチェックを受け、チェーンを全車外すよう指示・誘導を受ける。そしてさらには関越トンネルを出ると新潟県側でも石打まではチェーン規制なので、土樽SAで再度チェーンを付けなければならない。付け外しを2回も行わなければ新潟側の目的地へは行くことができない。関越トンネル内はノーマルタイヤ、もしくはスタッドレスオンリーの走行規制となっているのだ。関東エリアの車ばかりなので、スタッドレスでない車も結構いた。皆、ハザードランプを点滅しながら、40キロ走行くらいで亀さんのごとくに走っていた。こちらは80キロでびゅんびゅんだ。トンネルを抜け、新潟県に入るとさすがに雪の勢いはすごかったが、結局路面にはうっすらと雪が見える程度で、石打SAに無事到着した。 



上越国際・大沢駐車スペースを除雪する係り員。



 今回、1日券を購入した。5時まで思い切り滑る予定であったが、昼ご飯を車で摂り、13時に午後の部スタートするも、下部の雪質は雪が止んだ10時頃からの太陽熱でベタベタ、午後1本滑り降りると、またまた暗雲が立ち込め始め、吹雪っぽくなった。目まぐるしく変わる天候にちょっとテンションダウン!!午前中に十二分に滑ったし、今なら大渋滞の起きる前の時間帯でもあり、上越国際を後にし自宅に戻ることにした。
 でも滑った!!長いコース含め15本くらい滑った。そして思った通り、自分で言うのもはばかるが、進歩・上達のきっかけを1つハッキリと見いだす事が出来た。上越国際に来て、本当に良かったと思っている。
 中級クラスの急斜面は今まで、スピード感が怖く、どうしても斜滑降的な滑りになっていたが、中野スキースクールの先生からアドバイスを受けていた、前かがみ姿勢?、スネが靴にあたって痛くなるくらいの前傾姿勢が大切・・・の意味がやっと実践できた感じだった。要はスピードを怖がらず、前のめりに、体を谷底に落とすぞ!!みたいな感じで転がり落ちる覚悟で?突っ込むと意外や安定してスキー板を小刻みに回すことが出来た。もしかしてなんちゃってウェーデルンか??みたいな感じで滑走することが出来た。そして前かがみにすると、板と体のバランスがすごく良い感じになった!!途中スピードがつきすぎて怖くなり必ず途中で1回は止まっていたコースも、スピードに乗ったまま、最後までコントロールすることが出来るようになった。自分にとっては大きな発見・進歩だった!!



昼ごはんは山用コンロで家にあったレトルトカレーを調理!




こんなカレーもロッジ食堂なら1000円するかも(笑)



10時頃からは晴れ間が広がった!!一番標高が高い地点より。



 この日は、思った通り前夜からの降雪で、上部エリアはすばらしいパウダーだった。スキーの余韻がまだまだ残っていたが、渋滞の無い今のうちにと上越国際を後にし、予定通り渋滞皆無で無事帰宅することが出来た。
 気を良くした管理人、この上越国際であったワクワク感を山荘でも・・・と、なんと翌朝4時半出発で、もう一つやっておきたかったテーマの薪造りに河口湖山荘にも向かってしまった。快晴の天候にも恵まれ、薪造りにも新しい発見があった。行先を悩んだ末に良いとこ取りをした結果、スキー&薪造りで共に新しい発見を見いだせた週末で、とっても充実した二日間となった。以下に薪作りと発見を紹介。




薪造り編







薪造り:山荘脇に無尽蔵にある倒木を切り出します。




運べる大きさにして、さらに薪の長さに切断する。









でもって薪にすべく斧で割る!!




ヒノキの薪完成です。後は1年以上乾燥させる。



 薪ストーブと薪作り。いざこれらのストーブを体験をすると、この両者には本当に奥の深さを感じてしまう。薪ストーブで、チロチロとした美しい炎で燃やすには何と言っても、乾燥した良い薪が必要とされている。ここ2年で判った事だが、最高はやはり乾燥3年物が扱いやすかった。1年もしくはそれ以内であると、空気を余分目に送り込まないと消えてしまう。煙の発生も多い。と言うことは煙突にもススが沢山付着し、危険な状態にもなってくる。通常ストーブに使う薪は、含水率は20%以下が望ましいとのこと。薪の表面はすぐにこれくらいになるのだが、芯の部分がこれくらいまで乾燥するにはやはり2~3年くらいはかかるようだ。(含水率計も買ってしまった!!)

 この山荘には薪ストーブを設置した時、山荘オーナー姉さんが何万円分か、由緒正しい落葉樹の2年物の薪を購入してくださった。しかし管理人が管理と言う名ばかりの遊びでこれらを使うわけにはいかない。使って良いと言われているが、恐れ多くこれらは初期の時、少しだけ実験、テストを兼ねての時だけ使わせていただいた。そこで一昨年よりせっせと自ら手仕事で薪を作り、備蓄してきた。(薪作りの後の風呂とビールは最高!!・・余談ですが・・)1回は鳴沢村の渡辺製材所で数千円分の薪を自分で購入し、乾燥薪が出来るまでのつなぎとして、これらを使用した。

 上記写真は伐採したヒノキであるが、これは山荘の所有地内に生えていたヒノキを、管理人が針葉樹が窓脇にすぐに見えるのを嫌い、2年前に勝手に伐採し放置していたものだ。よって根とは断絶しすでに2年になっている。これらを今回、薪として作ったその日に燃やしてみると(上記写真の割ったやつ)、くすぶらずに意外と良く燃えてくれた。薪にしなくても地面から浮いた状態で長い間放置された木は、それなりに乾燥は進んでいるようだった。そこでひらめいた!! 




オーナーの姉さん購入の由緒正しい薪。
中野スキースクール先生作製の由緒正しい薪も
「あ」とマジックで書いてここにありますよ!!阿藤先生のあ!




見た目はマチマチだが自作の備蓄薪。




今回即戦力になることが判明した
長年森で天日干しされた自然乾燥野生児薪。



 ここ周辺には樹皮も剥けたような古い木々が沢山森の中で天日干しされた状態になっている。それらを集め、薪の長さに切って入れてみた。みごとに3年薪と変わらないチロチロ感覚で、空気穴を閉めても見事に燃えてくれるのを発見した。そう、天日干しで長い間、雨ざらしになっていた木でも、根がついていない倒木はそれなりにかなり乾燥している様だった。発見だ!!これで倒木が即、薪として利用できそうな予感を、体験として知る管理人だった。ただし、倒れた木が地面の土にどっぷりと浸かっているものは、地面からの水分を含むので、やはり含水率は高かった。そんな訳で、いろいろ拾って試したが、樹皮の向けた天日干し薪はすばらしい結果を、また美しい炎をすぐさまに見せてくれるのだった。これで当日作成で、当日利用にも目途がついた。また、これらを備蓄しさらに雨の当たらない軒下で乾燥させれば、いつでも利用できることになりそうだ。今までは汗水流して造った薪も、使えるのは2年以上後だな・・・なんて空しい思いもあったが、今後はこの天日干し倒木を進んで利用したいと思っている。特に樹皮の剥けた木が良さそうだ。



すべての写真を見る







TOPへ