久しぶりの太陽に、皆さん喜んだ
3連休初日・・・三つ峠トレーニング
2017年 11月3日

眩いほどの富士権現様を拝んできました!!開運山山頂にて。


 先週の10月28日からの軽井沢訪問は、これまたアンラッキーで金曜日、月曜日は眩しいほどの快晴になるも、土日は台風22号の通過により、土砂降りの中での軽井沢滞在となった。さらにその前週、東京キノコ同好会主催、キノコ観察会も結構な雨の中、傘をさしてのイベントだった。思い起こせば10月7日のキノコも朝8時まで河口湖町は結構な雨。さらには15日は土砂降りの中での八王子キノコ登山だった。8月1ヶ月も雨にたたられ、予定していた山行はほとんど中止を余儀なくされた。皆さんご存知の通りであろうが、本当に雨にたたられた週末の8~10月だった。

 今回の文化の日は、昔から言われているが、晴天確率がかなり高い日である。天気予報のニュースでは、文化の日はここ30年間で1ミリ以上の降水があったのは、3日しかないそうで、今年は久しぶりに4日目を記録しそうな気配であると当初報じていた。
 またまた連休初日から水を差され、観光地は稼ぎ時にまたまた悲鳴をあげるのか・・・と思いきや、水曜日午後の予報からだいぶ情勢が変わってきた。どうも文化の日は晴れるらしい事を解説している。それも連休3日間では、暖かく一番安定するような予報に、手のひら返したかのように変わってきた。もちろん嬉しい予報修正であるが、半信半疑で、ならば山に行こう!!と行き慣れた三つ峠を目指すことにした。

 写真にあるように予報は快晴だった。三つ峠山頂脇で話し込んだ、沼津から来たというご夫婦も、今までの毎週の荒天を嘆きつつ、富士山の眩いばかりの景色に、権現様出現の如く神々しく見入っている姿に、何か不思議なものを感じた。
 管理人も久しぶりに、ぐるり見渡せた山頂からの風景に感激だった!!お盆の甲武信岳山頂もガスガスだったし・・・
 
 ●キノコに関して●
 そうそう、先週28日の新潟キノコでは、ナメコがそこそこ採れた様だった。でもっていつも思うのだが、関東地方・・・特に管理人が行く東京近郊の山では一度もナメコを見たことが無い。奥秩父の原生林的なところでも全くない。時期が悪いのかもしれない・・・。福島のヨンパパ先生のブログ(タイトル・紅葉最盛期・中にあるナメコは圧巻デス!)などでも、狂喜乱舞しそうなほどのナメコが写っているし、新潟でもその辺の落葉樹林の森に入ると、いとも簡単にナメコがあるのに、こちらでは見たことが無い・・・。
 
 今回も御坂山山塊はブナ、落葉樹が多い森なので、かなり期待して探したが(時期も晩秋なので良さげである)、倒木には何一つ生えていなかった。ムキタケくらいあっても良さそうなのだが、収穫はゼロ!!ナメコの性質、生える環境をネットで調べるも、特に関東のこの界隈は適さないような記述は無い。たまたま出くわさないだけなのであろうか??本当に不思議である。1つ思い当たるのが、ナメコ発生の多そうなエリアの共通点は、冬場は雪に閉ざされている点である。やはり倒木自体の含水率などが影響するのだろうか・・・?
 今回、採取するほどは無かったが、晩秋カラマツ林に出る「コンキタケ」こと、キヌメリガサが多少見受けられた。これはすまし汁にすると針葉樹特有の香りが良いキノコだ。小さいために採取に根気がいるので別名「コンキタケ」という。これは奥秩父の森では沢山採った思い出があるキノコだ。

 お土産は無かったけども、久しぶりに帰宅して鏡を見ると、顔が真っ赤に日焼けしていた。そんな3連休のスタート初日、簡単ではあるが晴れの三つ峠、写真を載せてみた。いよいよ冬も間近に迫ってきた。今週は鳴沢村山荘の大掃除、冬支度をまじめにやってこよう!!

 コース:車にて三つ峠登山口最奥の駐車場より登山開始。開運山、御巣鷹山、毛無山と回り、下山。軟弱コースでのトレーニングでした。



 帰路、旧御坂峠「天下茶屋」前からのペンキ画風景を撮影。
久しぶりにクッキリと見える風景に出会えました!!




すべての写真を見る




TOPへ