2017年GW。
上高地・涸沢テント泊報告。
2017年4月29日~5月3日 前編

今回は日焼けに十分な対策をする管理人。一脚にてタイマー撮影。


 2017年ゴールデンウィーク(以下GW)、今年も雪山の締めに上高地を目指すことにした。昨年は槍ヶ岳に登り、一昨年は今回と同じ涸沢より、奥穂高岳に登頂した。そしてこの山行は、やはり涸沢名物のテント泊で挑むのが、真の山男だ!!・・・なんて、体力も気力もすでに減退期に入っているオヤジが、一念発起して今年もトライした。今シーズンはほとんど厳しい山は登っておらず、ここ2週で筋トレをした低山でもバテバテになってしまった。そんな中、20キロ近い荷を背負って、単独で無事涸沢まで到着できるのか、還暦過ぎたオヤジのGWの挑戦はスタートした。

4月29日(土) 
 今年も、幸いなことに4月29日より5月7日まで、フルに休暇をもらうことが出来た。天気予報とニラメッコの1週間前、天候はなんとか持ちそうなので、当初からの予定通り、前半戦のGWにアタックすることにした。
 4月29日(土)22時25分新宿バスタ発、上高地行バスに乗車した。5月1・2日が平日とあって、バスも7割ぐらいの乗車率で、隣の席は空いた状態で楽々座ることが出来た。3列シートのグリーンカーを当初予約していたが、手違いで予約が完了しておらず、急きょ通常の4列シートを購入したが、こちらのバスで十分であった。不幸中の幸いである!! 



新宿南口バスタ、午後22時。


4月30日(日) 
 深夜走行の為、高速道路にもまったく渋滞はなく、途中双葉サービスエリア、諏訪湖サービスエリアにて休憩し、定刻の翌朝5時30分に無事上高地バスターミナルに到着した。早朝からリュックを開け、準備する登山者が沢山いた。まずは着いて思ったのが、雪がかなり多い事だ。バスターミナル周辺にも、除雪した雪が山になっていたし、到着までの斜面にはまだ沢山の残雪があった。ネットで事前に情報はつかんでいたが、雪崩の危険性含め、涸沢までの状態がどうなのかは行ってみないと判らなかった。

 河童橋からまずは有名な景色を撮影し、除雪してある、歩き慣れた横尾まではまったく問題なく到着。平坦路なのでリュックの重さもあまり気にならなかった。そうそう、今回自宅の体重計でリュックの目方を計ってきたが、19キロ。なんとか20キロ以下には収まったが、横尾から先の本当の山道に入ってからの、脚力がとても心配だった。今回は結果的に使用しないものは多々あった。しかし春山は装備を簡易にした結果、天候悪化で寒く、辛い思いをすることもあるので、やはり厳冬期装備にせざるを得ない。むしろ厳冬期なら降っても雪なのだが、この時期は雨も降るので、タチが悪い。



河童橋からの奥穂高岳。天気は快晴!4月30日早朝。



横尾の小屋前にはまだこんなに雪が残っていました。


 横尾から吊り橋を渡ると、その先はすべて雪道だった。アイゼンは本谷橋からと決めていたので、そこまではノーアイゼンで歩いた。横尾から本谷橋まで、そしてさらに少し先で、すごい事件が多発した!!
 それは、予想はしていたが雪崩の発生だ。身に危険は無かったが、本谷橋先付近までに5回雪崩音を聞いた。雪崩って爆弾が破裂するようなすごい音がすることも、初めて知った。「バーーーーン!!」と、山中にこだまする位の大きな音がして、その音がした方を見ると、樹林が開けていた箇所では、計3回、本当の雪崩を見てしまった。発生場所は主には横尾谷右岸にある、屏風岩ルンぜのような所から、一気に雪の塊が崩落するのが見えた。その発生時間は外気温が上がった午前10時頃に集中していた。この日は雪崩の条件がピッタリマッチ?した日の様だった。岳沢小屋のブログにも4月30日の雪崩多発を報じていた。



足元まで到達している雪崩のデブリ。足早に通過する。



随所に見受けられる、雪崩の跡。


 本谷橋でアイゼンを付け、涸沢に向けてのしんどい、しんどい長い登りが始まった。ここは谷筋の中を歩くので、ある意味、雪崩の巣みたいな所だ。思った通り、雪崩れた跡が随所に見受けられた。足元まで来ている雪崩跡もあった。当日雪崩に遭遇するか否かは、もうこればかりは運を天に任すしか無い。雪崩れそうな箇所を通過するときは、なるべく足早に・・・と思うのであるが、荷の重さに足がそうそう簡単には前に出てくれない。少なくとも立ち止まっての休憩はしないよう、通過に気を使った。

 かなりしんどかったが、先ほど二年前の記録を見ると、だいたい同じくらいのペースで涸沢には到着していた。しかしながら涸沢での光景に唖然とする管理人だった。今回登りたかった、北穂高岳コースは、雪崩だらけになっているではないか!!奥穂方向のザイテン周辺にも、デブリがかなり見えていた。テントの設営許可証をいただく時小屋の関係者が、「北穂のあの雪崩跡は昨日発生し、何人か流されたが、全員自力脱出し、大事にはいたりませんでした!!」なそうである。オイオイ・・・と、これで北穂へアタックする意欲は、いっぺんに消え失せてしまった。オソレなオヤジなのだ。




北穂方面の雪崩の跡。



とりあえずテントも設営でき、自身にご褒美の一杯!!


5月1日(月) 
 到着の4月30日は天気も良く、暑い一日だった。情報によると翌1日は荒れるという。その予報通り、テント内での就寝中、明け方からテントを叩く雨の音がした。明るくなりテントを開けると、昨日とはうって変わり、辺りはガスって真っ白。昨日とは対照的な景色になっていた。雨も小降りではあるが、降ったりやんだり。そんな中、隣のテントにいた若い連中は、奥穂を目指し完全装備で上に向かって行った。数は決して多くはないが、北穂の雪崩れたデブリを登り始める根性ある登山者も見受けられた。
 
 管理人は今回は絶対に山頂に立ちたい・・・という思いは無かったので、この日は1日停滞と決めた。何せ景色の見えない3000m峰には登るつもりは全くない。苦労し登ってもガスっていたら、何しに来たの??になってしまう。
 そして丸1日停滞を決めたので、テントはそのままにし、体だけ涸沢ヒュッテに素泊まりで移動した。テントで1日一人はまったくもってつまらないからだ。
 早い時刻でもあったので、宿泊部屋にはしばらく一人であったが、テントから移動してきた人、横尾に泊り、今朝早くから登ってきた人達が入室した。挨拶をし、皆さんとはすぐに顔見知りになった。皆さん停滞のようで、昼前から早くも、酒盛りが始まってしまった。福井から来た単独の70歳くらいの元山ガールさんは、新穂高温泉を出発し、飛騨乗越からすでに槍ヶ岳に登頂し、下山後横尾に宿泊、今朝横尾よりこちらのヒュッテ着、明日は奥穂へ行くという。話を聞くとすごい方であった。女子の単独で、雪山、それも半端でないルートをこなしているのには、本当に驚いてしまった。

 昼過ぎから天気はさらに荒れてきた。雨は雪に変わり、視界もかなり悪い。朝登って行った連中は大丈夫だろうか??そんな中、やはり事故が起こった。北穂高岳での滑落事故だ。同じ山荘に長野県警山岳救助隊も泊まっていたので、すぐに情報が入ってきた。外に出ると、県警のまず一人が足早に北穂を目指し小屋を出た。その後しばらくして4人くらいの県警メンバーが北穂に向かっていった。涸沢ヒュッテテラスからは、北穂沢上部で、動かない人らしきも目視で来た。上部から滑落した筋も見えていた。1時間後くらいだったか、へりが到着し何度か近くを旋回した後、ガスが切れた一瞬をついて、遭難者らしき人影の上空でホバリングし、無事救助となった。一命は取りとめたが、頭部に大きな怪我を負っているとの情報を、後日聞いた。

 後編に続く・・・




県警ヘリが飛来!!



写真中央付近、ホバリングして救助しているシーン。



テラスから固唾を飲んで、救助を見守る登山客。


後編へ移動→


すべての写真を見る







TOPへ