2017年GW。
上高地・涸沢テント泊報告。
2017年4月29日~5月3日 後編

5月2日モルゲンロートに染まる奥穂高岳。美しすぎます!!


5月2日(火)  
 この日は予報通りの快晴だった。外が薄明るくなった時に、外へ出てみた。そこには素晴らしい赤・奥穂高岳が鎮座していた。今回これを見に来た・・・と言っても過言ではない。久しぶりにすばらしいモルゲンロートだ。お金をかけてでも来る価値は十二分だった。気の早いパーティーはすでに奥穂を目指し、ザイテングラード脇を2名登っていた。昨日けっこうな降雪があったので、このメンバーは新雪をラッセルし、登っている。
 たぶん昨日一緒に飲んだ2人パーティと思う。昨晩日の出前に登る・・・と言っていた。
 確かに雪崩の旬のこの時期・・・雪が固い内に登り、降りてくるのは賢明な判断と思った。昨日まではザイテングラード向かって右隅を登る登山客が多かった。この2名も下から見て、ザイテン右から登り、ザイテンを登りきったところで、左にトラバースし、コルに到着するルート・トレスを作っていた。しかし帰りがけに見ると、ほんとんどの登山者はザイテン左側のザイテン基部を直登するルートに変わっていた。2年前の様に、小豆沢ど真ん中を登る人は皆無だった。やはり雪崩に対する注意なのだろう。雪山ってその時の状況で、ルートが変わるので、やはり「山を見る目」、「状況を判断する能力」は必要なんだな・・・と節に感じる管理人だった。



ヘリポートで待機中の山岳救助隊の皆さん。


 管理人は・・・と言えば、今回は涸沢に来る事が出来ただけで、もうお腹いっぱいの充実感を得ていた。北穂は絶対に今回は行きたくなかったし(雪崩は運なので)、仮に白出のコルに行っても、奥穂には行くつもりもなかった。いいとこ涸沢岳?かなと思いつつスタートするも、結局ザイテン手前で下山することにした。何故??あげれば色々逃げ口上ありで・・・コルまで行くと、この日の16時15分発のさわやか信州号には乗れなくなる。テント泊は1000円と格安だが、アルコールが在庫ゼロ。こちらの経費がまたまたかかる。2年前にもこのような晴天で、顔が焼けただれ、電車に乗るのも恥ずかしい日々が続いた点、雪崩が心配だった点、、、などなどで、今回は涸沢満喫ツアーで大満足の管理人だった。

 そうと決意したからには、急いで下山だ!!ザイテン手前からは涸沢のヘリポートに長野県警の山岳救助隊の皆さんが待機しているのが見えた。下山し近くに寄り、状況を聞いていると、岳沢小屋ブログにも書いてあった、遭難予備軍の登山者が進退窮まり、尾根で救助を待っているそうで、ヘリが救助後涸沢に降りる可能性もありで、待機しているとのこと。前穂に向かう登山者も、救助中で危険・・・ということで登はんを待たされているようだった。その後救助終了の無線が入り、ヘリも涸沢には寄らない事になった様で、前穂行きの登山者は、アタックを許可された。しかし県警隊長らしき人が、10時過ぎると前穂方面の雪は、かなり悪いから、雪崩れそうなら中止するように、と念を押していたのが聞こえた。結局今回、雪崩でこの界隈で何名かの死亡事故があったのを、帰宅後確認する管理人だった。君子危うきに近寄らずかな・・・ならば涸沢も行くな!?(笑)

 帰路、本谷橋付近で交代要員の長野県警の皆様とすれ違った。こちらから「ご苦労様です!!」と声をかけ、まずは1か月前にあった事故のお悔やみを申し上げた。さらに昨日の北穂滑落の顛末を聞いてみると、一命は取り留めたが、頭に怪我をしているとの報告をいただいた。
 こうして20キロ弱のリュックを背負い、無事上高地バスターミナルには15時到着。荷物整理をしてビール飲むにはちょうど良い時間だった。ターミナルはこれから向かう登山客と観光客で賑わっていた。初夏のような日差しが眩しかった。



空いている信州号で一番後ろで寝ながら帰宅しました。





←前編へ移動


すべての写真を見る



日テレニュースより 
 2017年ゴールデンウィーク、北アルプス各所で遭難相次ぐ。5月4日に発生した山岳遭難で報道された事故。
 剱岳八ツ峰で大阪市淀川区の男性(52)が滑落、県警ヘリに救助されたが搬送先の病院で死亡確認。
 剱岳小窓尾根で静岡県の看護師(35)が転落して左足首を骨折。
 別山で和歌山県の女性会社員(49)が滑落して左足首を骨折。
 大猫平尾根で大阪府堺市の男性会社員(67)が左鎖骨を骨折。
 奥穂高岳で静岡市駿河区の男子大学生(20)が滑落死。
 奥穂高岳コブ沢で男性が雪崩に巻き込まれ滑落死。
 北穂高岳で山梨県南アルプス市の薬剤師の男性(29)が雪崩に巻き込まれ滑落し左肩脱臼。
 白馬乗鞍岳で埼玉県朝霞市の無職男性(56)がバックカントリーでスキー中に転倒、右足を骨折。

 長野県で5日、山岳遭難が5件相次ぎ、1人が死亡、3人がケガをした。大型連休中に起きた県内の山岳遭難の件数は、既に去年を上回っている。 北アルプスの槍ヶ岳では、愛知県名古屋市から来た女性(43)が転んで足の骨を折り動けなくなり、長野県警ヘリで救助された。命に別条はなかった。 同じく、北アルプスの前穂高岳の北尾根3峰では、埼玉県の会社役員・冨田栄吉さん(73)が滑落し、県警ヘリで救助されたが病院で死亡が確認された。 また、南アルプスの小仙丈ヶ岳では長野県の山岳ガイドの男性(30)が山スキー中に転んで足の骨を折り、救助されている。 県内で先月29日からの大型連休中に起きた山岳遭難は、5日午後6時までに19件23人。15件だった去年の大型連休を上回り、警察が注意を呼びかけている。
 
 皆さん、気をつけましょうね。最後までお読みいただきありがとうございました。管理人。


以下はヤマケイオンラインニュースより
http://www.yamakei-online.com/yamaya/2017/05/201751670.html





TOPへ