2017年10月富士山キノコ報告
2017年 10月7日~8日

古木にビッシリとヌメリスギタケ幼菌が!!


 9月中旬に難儀した、脊柱管狭窄症からくる腰痛、足痛は登山が出来るまでに回復した。そんな秋本番の10月7日からの3連休は、今年初めて気合いを入れたキノコ狩りを、富士山周辺にて登山を兼ねて行動に移し、王岳以来で山に分け入った。
 早朝、鳴沢村山荘に荷物を置きに向かう。するととんでもない光景を目の当たりにした管理人だった。山荘に行くまでの林道脇に、見事なハナイグチの株が目に入った。まずはこれを採取。しかしだった。森の中を見ると、なんとハナイグチが爆発しているではないか!!あまりの数に採る意欲も失せ、まずは山荘に行った。そこにもすごい光景が待っていた。山荘から見える森には、そこいらじゅうにハナイグチが出ていた。ここ数年通っているが、これほどまでにハナイグチの発生を見た事は無かった。
 さらにはすぐ下の雑草を刈り取った、別荘地の庭の様なところにも、シロヌメリイグチ、ハナイグチが発生していた。今年はやはり大豊作の感じがする。

 そんな期待が持てそうなこの日、しっかりと登山の準備をして、キノコ山へのキノコ狩り、というより標高1600m付近までしっかり登る、言ってみれば本格登山含めた状態での出発だった。腰痛で鈍った足腰を鍛えなおす意味も大きい。それであわよくばキノコも採取しようか・・・という魂胆での出発だ。キノコ狩りメインの方々はあまり歩かない場所で狩りをすることが多い。そんな中、登山家?の管理人はその技術を活かし、奥地に徒歩で入れば、それだけ収穫の可能性も高いのでは?との読みもあった。

 朝8時頃、昨日から降り続いていた雨も上がり、青空も見え隠れしてきた。傘もいらなさそうな天気になった。そんな好天に恵まれたキノコ登山、想像通り、いや想像以上にたくさんの美味しいキノコに巡り会うことが出来た。そんなキノコ報告・・・簡単ですが、来年以降の記録保存用としてもご覧いただければ幸いです。

●採取キノコ・・・・
 チャナメツムタケ・シロナメツムタケ・キナメツムタケ・クリタケ・マイタケ(ほとんど腐っていましたが、大きな株でした!残念!)・・ナラタケ・アカモミタケ・キハツタケ・ハナイグチ・シロナメイグチ・シイタケ・ヌメリスギタケ・フキサクラシメジ etc
 舞茸は来年以降に再度チャレンジしたいと思っている。

●植生状況・・・
 メインはコナラ・ミズナラ・ブナ林。所々にカラマツが混生している。アカマツなどは下部にはあったが、基本的に松の無い森での採取でした。


稜線の森で、大型天然シイタケに遭遇!!



今回はハナイグチだらけでした。



ミズナラ大木の根元に発生していたマイタケ。痛みが酷く廃棄処分。



未だに特定できない謎のキノコ。大きくてガッシリしています。
さすがに食してはいません。
判明しました!!フキサクラシメジです。
無毒ですが、まずいらしいので本日廃棄いたします(笑)。



鍋用に盛り付けたキノコ達。



夜のご飯はキノコ鍋!!秋本番ですね。



前回寄れなかった、根場の里の
手打ち そば屋さんにも寄りました。



すべての写真を見る


●後日談
 謎のキノコであったフキサクラシメジ。どの解説・ブログにも魚匂いとか、癖のあるにおいでこれはいただけない・・・と書いてある。そこで管理人も調理に挑戦した!! でもって結果は?そうですね・・・オリーブオイルで焼いてみましたが、そんなにまずいとは思いませんでした。匂い的にはハイイロシメジを茹でた時の匂いの方が臭かった。苦みもウラベニホテイシメジの方が強い!ものすごくシャキシャキして、食感は最高でしたが…昨晩は晩酌後に食べたので、残りを今朝きちんとした状態で、もう一度チャレンジしてみます。 

 今朝、再度チャレンジ!!オリーブオイル炒めで・・・一口かんで口の中へ・・・くさぁ~~!!まず~~・・・こりゃ全然ダメですね。マツタケの香りが最高級品なら、このキノコ対極にあり、最低品の味が楽しめます!!シャキシャキ感だけはマツタケにも劣らないけど・・・すべて廃棄しました。でもこの臭さで、フキサクラシメジと100%特定できました。(^Q^)/
 これで一つキノコ鑑定、種類覚えました!!









レモンは大きさ対比用




TOPへ