富士山キノコ と 東京キノコ with 真代姉さん
2017年 10月14日・15日

始めて採取したクリフウセンタケ?美味しかったです!!
ヒダが紫色っぽいのが気になります!?


 ニュースによると、今年の岩手県産マツタケは不作で全くと言っていいほど、収穫が無いようである。そんな中、前週にも報告の通り、少なくとも富士山周辺のキノコは、爆発状態で、どうみても豊作の年・・・と申し上げて過言では無いような気がする。
 そんなハナイグチが爆発していた翌週の14日、兼ねてより企画されていた、河口湖鳴沢村山荘での、「薪ストーブ火入れ式」、なるものが開催された。主催は毎度おなじみ庄野真代・お姉さまである。ついその週水曜日にテレビ番組「徹子の部屋」に登場したのは記憶に新しい。

 姉さんも、一週前にハナイグチが大爆発していたのは、管理人の報告で知っていた。この日もあわよくばキノコ狩りも・・・という計画も携えての鳴沢入りであった。キノコもいっときで出なくなる場合もあるので、ダメモトでキノコを入れるスーパー袋を用意してきた。でもって結果は・・・気温が下がったせいか、先週より痛みがまったくないすばらしいハナイグチを収穫する事が出来た。姉さんも夢中で狩りを楽しんでくれた。キノコって知ってしまうと病みつきになる、麻薬的な要素があるようだ。家内もその中毒患者の一人になってしまった。
 たまたま10月28日は新潟県にて毎年恒例の川越渓美隊主催、キノコ狩り&キノコ宴会に家族で参加すべく楽しみにしていたが、今年はどうしても軽井沢に行きたいという息子の願いで、息子の空いている日が28日のみ、と重なってしまい、新潟行きはのぶ隊長に丁重に欠席届をお出しした。28日はそんな軽井沢家族旅行になった訳だが、家内からは当日は宿に入るまでは、早めに行ってキノコ狩りしよう・・・というリクエストがあった。ポイントはまったく知らないが、ぼちぼち地図とにらめっこして、良さそうな山を探そうと思っている。

☆2015年新潟キノコ狩り写真集←ここをクリック


きれいなハナイグチに興奮のお姉さま。



今週もハナイグチは健在。



キノコ採ったぞ感に、ご満悦の姉さん。



全体風景はカラマツ林のこんな感じ。
お隣はマネージャーの澤井くん(山仲間)



ナラタケもありました。未採取。



シロナメツムタケときれいなハナイグチ、
さすが姉さんのセンス、撮影用に知らぬ間に山栗とクルミの実をゲット。
テーマ、秋の味覚・・・だそうである。



ストーブ火入れ式に参加の皆さん。いよいよテレビも設置!!





 9時頃より始めた姉さんとのキノコ狩りの後、お越しいただいたメンバー皆さんと11時過ぎより昼食会を開催、薪ストーブもみごとに点火、盛り上がりもピークとなった15時過ぎ、残念ながらの解散となった。帰る人、山荘に泊まる人、それぞれであったが、帰宅組は皆さんお土産にハナイグチを持って帰った。姉さんは当日の19時半から歌手、平山みきさんのライブに顔出しがあるとの事で、ご自宅まで早々お送りした。中央道も雨天のせいか渋滞も無く16時半にはご自宅近くまでお送りすることが出来た。平山みきさん・・・懐かしいですね。まだお元気に歌っていらっしゃるのですね!!

 こういったキノコが豊作らしき年は、過去の経験で東京の山のキノコも豊作であることが多い。翌日15日、今シーズンの10月としては唯一空いているこの日、結構な雨模様であったが、東京八王子市にある山を訪れた。もう何度も通っている山である。観光の人も多いが、意外やキノコに手を出す人は少ないようだ。
 今回、期待が持てそうな登山ルートから入山するも、全くと言ってキノコは見つからなかった。雨のせいでいつもより登山客、観光客も少なかった。しかし豊作の年にキノコ発生が多く見受けられるポイントは、帰路通過する場所である。そのキノコ発生の多いエリアに来ると、やはり色々なキノコが顔を覗かせていた。まずは上の方ではアカモミタケが晩ご飯おかずになるくらい、まずは収穫できた。雨がひどく写真を撮りそびれてしまった。
 



姉さん採取のハナイグチ



カワムラフウセンタケに似た土臭いキノコ。
柄のシャキシャキ感はかなりのもの!



クリフウセンタケ??と思いつつも半信半疑で採取。



下の方まで群生するクリフウセンタケ??


 そして少し下り始めると、以前沢山収穫するも、土臭くあまり美味しくなかったフウセンタケ科のしっかりしたキノコが多数出ていた。このキノコはいつも豊作の年にしか出ないので、今年はやはり豊作のようだ。まだフウセンタケ科のキノコ・・・までしか判っておらず、名前が特定できていないので、一応採取した。雰囲気はカワムラフウセンダケに似ているのだが、カワムラは図鑑には「味には癖が無い」とあるので、あの土臭い状態では、カワムラでは無さそうだ。
 フウセンタケ科はまだ未知のキノコも多いようで、図鑑などに無いものかも知れない。あまり美味しくないからどうでも良いのだが・・・(笑)

 この後すぐに、驚きのまったく予期していなかった事件が起きるのであった。この謎のフウセンタケが沢山生えていた場所から少し下った斜面に、何やら黄色い色をした、しっかりしたいかにも美味しそうなキノコが多数出ているのを発見した。エッ??もしかしてこの黄色いかたまり、あの3つ星が図鑑で付いている、超美味しいらしいクリフウセンタケ??とわが目を疑った。富士山はじめいろんな山でキノコを探して来たが、クリフウセンタケの採取はまだ一度も無く、マツタケ採取と同じくらいに、出会ってみたかったキノコの一つだった。会った事が無いので、これがクリフウセンかどうかも半信半疑だった。見事な姿で斜面に沢山顔を出していた。黄色いガッシリキノコとなるとオオワライタケ(毒)も可能性があるが、オオワライは過去に本物を見ていたので、株別れの仕方なども違っていて、オオワライでは無さそうだった。とりあえず、半分くらいを採取し、斜面下の方に生えていたものは手付ず残してきた。

 でもって、図鑑で調べ、食してみると、なんと美味いキノコか・・・と思うほどやっぱり美味しいキノコであった。シャキシャキ感、香り、旨味、すべてに申し分の無いキノコだった。たぶんクリフウセンタケで間違いなさそうだった。今朝になってもお陰様で元気ハツラツである。無毒と判ったので、家族と一緒に今晩もキノコ鍋で日本酒をやろうか・・・とこんな昼間から、ほくそ笑む管理人だった。

 そんなこんなの2017年キノコ狩り。腰痛・足痛に悩まされながらも、完璧なまでに回復し、今年もキノコ狩りそして登山を満喫することが出来た。もう10月には行く時間が無いのだが、奥多摩のあの奥地のミズナラ大木根元には、こういった豊作の年には、大きな舞茸が今年は出ているんだろうな・・・なんて思いながらこのHPを作成する管理人だった。


後日談

  後日クリフウセンタケについて調べるほどに、これはクリフウセンでは無いような気がしてきた。一番はヒダが紫色をしているからだ。クリフウセンは白い!!では紫色のヒダのキノコを優先して調べると色々あるが、近いのはカワムラフウセンダケ、ヌメリササタケが上がってくる。カワムラはかなりさっぱりした味のキノコのようであるから、味的には違う。これはかなりほうじゅんでシャキシャキ感あり、旨味も相当なのだ。だとするとヌメリササタケの傘が黄色いものなのか??それか新種?か??見た目、味の評価など読むと、ツガタケみたいにも見えるが、森の植生が違う・・・雑木林に出ていたし・・・??
 いずれにしてもフウセンタケ科のキノコは良さげなのに遭遇すると、かなり美味しいキノコだ。この種属には死んでしまうような毒タケも無いので、安心だ。

●あるHPにこんな記述が・・・そして写っている写真はヒダが青い!!●



「 針葉樹から発生するツガタケ 」
「 広葉樹から発生するクリフウセンタケ 」
「 栂林から発生するオオツガタケ 」
で、良いんだよ。そんなに深く考えてなくてもイイじゃん!キノコの味なんか皆たいして変わらないしさ。
フウセンタケ科の三兄弟。

 よって広葉樹から出たヒダが青いクリフウセンタケで決定!!なんだかスッキリしたなぁ~~!!



 このキノコの吸い物はマツタケの吸い物と香り、
質感、ほとんど変わりませんでした。香りもかな
り高い優秀なキノコでありました。GOOD!



今回も土臭いフウセンタケ科キノコは特定出来ず・・。



すべての写真を見る




TOPへ