「東京キノコ同好会」
2017年最後のキノコ観察会に参加!
2017年 10月 21日

初めて参加の「東京キノコ同好会」キノコ観察会にて


 30歳台突入目前のある日、9月の連休利用で女神湖に遊びに行った。湖の湖畔近くの広場にあった切り株に、素人目にも大変美味しそうで、硬くてしっかりしたキノコが沢山出ていたのを発見・採取した。種類などは全くの不明。持ち帰り、旅館の方に食べられるか聞いたのが、自然キノコ採取のスタートだったと記憶している。今思えば確かスギタケ系のキノコで、自宅で食し無事翌朝を迎えることが出来た。そんな出会いをきっかけにキノコに興味を持ち、これまではほとんど独学で今日までやってきた。3回位、先生交えての鑑定会などに出席したが、だいぶ古いお話である。そんな中、あまり進められない、食しての特攻隊的な覚え方で、自分なりの「食・毒・美味・まずい」を見極めてきた感が強かった。もちろん2~3冊買った図鑑で入念に調べ上げ、これは大丈夫・・・と確信持てたキノコのみをトライした。テングダケの仲間はタマゴダケのみ、ニセクロハツなどの猛毒キノコを含むハツの仲間には手を出さないとか、自分なりの最低のルールは決めてのキノコ食トライであった。お陰様で中毒は34年間で2回の体験で済んでいる(苦笑)。(ニカイモタイケンシタ、オオバカモノデス!!涙;;)

★10月24日加筆しました。★
 ・・・・オオバカモノの中毒体験記・・・・
 一回はホテイシメジ中毒・・・お酒と一緒(同時に)に食べなければ中毒しないと、思い込んでいて、14時頃ホテイシメジ混ぜご飯を食べた。ものすごく美味しかった!!でもって19時頃350ml缶ビールで発症・玉砕!!詳しくはココに報告書書きましたのでご覧下さい。
 
 もう一回は報告書は無いですが、ツキヨタケ中毒。これは強烈でした。
 夕方薄暗い森の中で見つけた、真っ白のキノコの群生。見事でした。登山疲れもあり、何も考えずに、肉厚なヒラタケだな・・・と、何せ真っ白いので、微塵にもツキヨタケ・・・なんて頭はありません。山中で焼いて1枚食べました。40分くらいで突然の嘔吐(最初は疲れているのか、酔いが今日は早いな・・・くらいにしか考えなかったです)。その後胃袋が空になっても、約7時間嘔吐の連続。胃液くらいしか胃袋からは出てきませんが、15秒間グエェ~と吐いて、5~10分間平穏で、またこみ上げて来てグエェ~の繰り返し。夜が白むまでこれを繰り返しました。山の中だから誰もいないのが、良かったのか、悪かったのか・・・ひたすら一人耐えました。途中水で胃袋洗浄するも、水をすぐさま嘔吐・・・まったく治る気配なし。遅ればせながらオオバカモンでツキヨタケ中毒だ!!と悟ったのは、深夜頃。白いヒラタケモドキを割いたらなんと黒いシミが!!ヨクヨク懐中電灯で照らすとツキヨタケの姿!!闇夜で光ったかどうかは記憶になし(笑)。
 真っ白のツキヨタケも所によるといますので、気を付けてください。奥秩父の山中でのお話でした。特に下山して医者とかには行きませんでした。
 
 ★その後、探したら、貴重な白ツキヨの写真発見!!★
 どう見ても肉厚のヒラタケか白っぽいムキタケですね!!ツキヨタケはシイタケ色~黒っぽい色という先入観がありましたので、空腹が先に出てしまったデス!!でも本当に大量に食べなくて良かった!!でもシイタケ焼きと同じ味で美味しかったです(笑)。身質もGOODでした。
 この撮影時は優良キノコト思い込み(ヒラタケかムキタケ)、ご丁寧にエイト管(クライミング等で使うグッズ)をサイズ比較に置いて撮影していますね。毒キノコならここまでしないです、、、ここの時点で完璧にかん違いしていますね(苦笑)。




なんと朝まで苦しんだ、ニャロメ・ツキヨタケ写真発見!!
これって一瞬何??って間違えますよね!!
ムキタケの白い個体にも見えますね。
食べたの1枚で良かった。大きさ比較にエイト管。
ダブルクリックで拡大写真出ます!!2011年奥秩父にて撮影


先週採取したクリフウセンタケモドキ??
非常に美味なキノコであった。


 そんな中、先週採取した「クリフウセンタケ?モドキ?」の特定が出来ず、なぜあんなに美味しい、マツタケにも劣らないキノコが図鑑に載っていないのだろうか・・・??との素朴な疑問から、やはり独学には限界があることを30数年経った今、悟った管理人だった。そこで、以前から自分のバイブル的な存在であった、「東京キノコ同好会」の門を叩くことにした。
 
この東京キノコ同好会は、HPを拝見すると私とほとんど同じフィールド・・・東京西部多摩地区の山々と富士山近辺を中心とし、キノコ観察・研究活動をしている会であった。数年前までは、ホームページにおいて、オープンにキノコの鑑定をするコーナーがあり、管理人の独学のネット上でのバイブルになっていたHPである。今は会員のみがこの恩恵に与ることが出来るようで、そんなネット鑑定の妙味もありこの会の門を叩かせていただいたのだった。

 HPにあったメールアドレスに、参加資格など特別に必要な条件があるのかをメールすると、すかさずすぐにご返信をいただくことが出来た。良く管理された会だな・・・とこのタイムリーなご対応にとっても好感を抱く管理人だった。そして加入における条件は何もない事、年間行事などのご案内、会費のご説明などをいただき、了解!!とばかりに、すぐさま入会手続きを行ってしまった。
 ちょうど会費を振り込んだ2日後に、今年最後のキノコ観察会が、都立長沼公園にて開催されるとのご連絡もいただき、これもまたタイムリーに参加することが出来た。
 先生をはじめ、メンバーの方々は温厚な素敵な方ばかりで、そこそこの雨が降る、悪天候にもかかわらず、皆さん熱心に観察し、かなりの種類のキノコが採れ、とっても良い勉強になった次第だ。



雨の中キノコ散策をする皆さん。先頭が先生。



笹薮の中にナラタケがいっぱい!!



先生より解説が30分ありました。
とっても良いお話でした!!やはり独学はダメですね!!


 先生のおっしゃる説得力ある以下の解説・ご説明を聴き、やっぱりそうだったのか!!・・・とクリフウセンタケ?モドキ?の事例を見事に解決出来、感謝、感謝の講義であった。
 
 「日本のキノコは一番掲載されているヤマケイ発行の図鑑で約900種。図鑑には載って無いが確認されているもので3000種、未確認含めると6000種とも10000種とも言われている。よって図鑑にあるキノコはその種のほんのごく一部であり、近縁種は沢山存在することを知って欲しい。」とのお話。ですから今回も特定できないキノコは結構あり、「○○属の仲間」というくくりで品評された物も多かった。
 
 終了後、先生に前週採取の謎だったクリフウセンタケ?モドキ?の写真をお見せし、ご回答をいただいた。やはりクリフウセンタケの仲間で良いとのことらしい。さらには、現在どの個体が本当のクリフウセンタケかは図鑑によっても違うし、クリフウセンタケはどれが本物??という考え方もあり、管理人の写真の物がクリフウセンタケと言えば、そうなるような感じでお話をいただけた。キノコって本当に奥が深いんだな~と感心する管理人だった!! 
 
 すばらしい会のお仲間に入れていただけ、本当にうれしい・楽しい一日を過ごすことが出来た。帰路、平山城址公園駅近くの蕎麦屋さんで、喉を潤したビールが最高にうまかった!!これからも会の皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 ※写真中のキヒダフウセンタケ、ミヤマタマゴダケ、フクロツルタケ、は始めて出会え感激でした。






すべての写真を見る




TOPへ