1年ぶりの甲武信小屋へ
シャクナゲとゴッチャンを訪ねて。
2017年 6月17・18日
木賊山中腹より甲武信岳を望む。


 昨年の7月に釜の沢を雁坂小屋メンバーさん達と登って以来、1年ぶりの訪問となった甲武信小屋。メイン小屋番に昇格したゴッチャン(ゴッチャンブログ)は元気にやっているかな??と、シャクナゲの花に期待し、看板娘さんの華にも期待しながらの今回の山旅となった。昨年の5月をもって、今まで頑張ってきた小屋番、「ツメさん」が山を下りてしまったので、彼女が小屋番に昇格したのだ。もちろん、社長の徳さんとの二人三脚で運営をしている。
 本来正月にはこの小屋で新年を送ることが多かったが、今年は小屋でも人手不足が原因で正月の小屋開きはしなかった為に、1年も期間が空いてしまった。
 
 今思えば若気の至りなのであるが、この小屋では、懐かしの武勇伝?があった。 
 一番最初にここを訪れたのは1995年紅葉まっただ中の時だった(その時の記録)。紅葉が一番すばらしい季節だっただけに、ツアーの団体登山客も多く、小屋は超が付くほどの満員だった。我々はここで恥ずかしいのだが、事件を起こしてしまったのだ。

 14時過ぎに釜の沢を遡り、到着した時はほとんどの客は未着だった。小屋番さんより寝場所の番号をもらい、その場所に小さな荷物を枕元に置いて、17時くらいまで外で仲間と酒盛りをしていた。ウルメイワシを焼いていたら、隣のパーティーから、「是非、このおでんと、イワシと交換してください!!」と交換リクエストをされたのが懐かしい!!この時の相棒はあぶない探検隊・隊員、今ちゃんと二人で遡った。

 日が山陰に隠れ始めた頃、布団のある場所に戻ると、我々が確保していた寝床は、団体客らしきおばちゃんとその仲間たちに占拠され、本来あるはずの枕2個も見当たらず、大手を振って寝ていたのだ。寝ようにもスペースが全くない!?・・・「すみません、ここに二人分の我々の場所があるのですが、少し詰めてもらいませんか?」そう言ってお願いすると・・・「こんな狭いところに二人入るなんて、何寝ぼけたことを言ってるの??今更来て冗談でしょ!?」・・・みたいに声を荒げて言われてしまった。その後も事情を話し、皆さんが来る前に場所を取っていて、ここに所持品も置いてある旨をお話ししたが、おばちゃんの声はますますエキサイトするばかりで、聞き入れてはもらえなかった!!もう完全にテコでも動かないぞモードに入っていた。そんな状況下、悪いことにこちらはおおいに酔っ払いだった(汗)。とうとう管理人が酔いにまかせ切れてしまったのだ。「おばちゃんよぉ!!下手に出りゃいい気になって、あんた山小屋のルール知っているのか!!いいかげんにせいよ!!」と大声で怒鳴ってしまった。周囲にいた登山客は騒然となり、横になっていた人も起き上がり、事の次第を眺めていた。しかしその時小屋番含め、誰もこのトラブルをジャッジしてくれる人はいなかった。

 そんな騒ぎを1階にいた男性客が、面白半分?に覗きに2階まで様子見に来た(我々の寝床は2階の一番メインの部屋だった)。するとその男性・・・「なんだ、こんな騒ぎ起こしているの今ちゃんのパーティーだったのか!!そんな話のかわらんおばさん相手にするの止めて下の部屋で我々の周辺を空けるから、こいよ!!」と皆に聞こえるように大きな声で言ってくれたのは、それまで居ることも知らなかった、偶然にも今ちゃんの山仲間だった。当日は最近ではほとんど客間にはしていない、1階の食堂まで布団がビッシリと引かれ、彼らはそちらに寝床を構えていた。それだけ超満員だったのだろう。彼らのパーティーの取り計らいは本当にありがたかった。今思えば、なぜその当時小屋番がジャッジしてくれなかったのか、不思議でしょうがなかった。事が解決するまでにいっさい小屋関係者は現れていない。たまたま外にいたのかなぁ?若気の至りの事件なのだが、かれこれ22年も経ってしまった。当時お騒がせした皆さん、本当に申し訳ありませんでした!!



今では時効で楽しく遊ばせていただいている甲武信小屋。


 そんなアクシデントはあったものの、この時の釜の沢沢登りに魅了され、以降は沢に興味を持ち、奥秩父の魅力にも取りつかれ、何度もここに通う管理人になった。甲武信はその名の通り甲州、武州、信州、の3県に流れる大河、信濃川、富士川(笛吹川)、荒川、どの沢を詰めても、最後はこの小屋に出るのである。本当に壮大なロマンン溢れる山域なのだ。
 今では前小屋番爪さんや、ゴッチャんと飲みながら笑い話で当時の話をするのだが、よほど混んでいたんだね・・・と言われた。こんな素敵な小屋番さん、さらに沢山のお手伝いのボランティアさんを知っているが、皆さん本当に素敵な方ばかりの現在の甲武信小屋だ。

 今回、本当に嬉しかったのは、社長の徳さんとお知り合いになれたことだった。もうずいぶん小屋には通っているが、あの有名な徳さんはいらっしゃっても恐れ多く、お話など出来る管理人では無かった。当時は爪さんに任せていらしたので、徳さんはいらっしゃらない時が多かったが、何度かはご挨拶したシーンはあった。夏場開催の水源祭などは毎回徳さんの姿があったがほとんどお話しできなかった。今回は徳さんの方から話しかけてくださり、「これからもよろしく!!顔覚えたよ!!」みたいにおっしゃっていただき感無量だった。お忙しい中けっこう長い時間お話に付き合っていただき、ありがとうございました(徳さん・・・本名、山中徳治さん、現在68歳。先代が昭和30年代に埼玉県が管理していたこの小屋を買い取り、甲武信小屋、十文字小屋を現在経営する、奥秩父の重鎮。現在の西沢渓谷からの主要登山道、徳ちゃん新道は先代と徳さんが開墾した道でこの名がついている)。

 ゴッチャんの小屋番も板に付いて来たし、見ていてもテキパキと事をこなし、安心の管理人だった。二日間良い天気にも恵まれ、もう若干遅いかな??と思われたシャクナゲも場所によっては見事に咲き誇り、梅雨時の一時の晴れ間の中、素敵な休日を送ることが出来た。徳さん・・・また沢シーズンに来るね!!

 帰路、時間も早かったので、勝沼より御坂峠を越えてすぐの河口湖山荘にジャムで美味しいモミジイチゴが最盛期かな?と思い寄るも、1週間くらい早かった感があった。少しだけ摘み、シャワーしてビール飲んで爆睡し、夜に渋滞が解消時間に出発としたが、中央道はやはり渋滞のメッカであった。先週の上高地の帰りよりはずっとマシだったが・・・。
 さあ、少しで夏山シーズン到来ですね。山の日からはどこの沢に行こうか画策中の管理人だった!!



2015年8月1日撮影の水源祭。



2016年7月雁坂小屋ボランティア女子2名と。真中がゴッチャン。



シャクナゲが見事でした!!



帰路河口湖山荘に寄り、イチゴ摘みをしました。



おいしいジャムになるモミジイチゴ。


すべての写真を見る





TOPへ