東京消防庁主催
救命講習会受講報告。
2017年 6月24日


 2014年11月1日・・・晩秋、ひどい荒天に遭遇した甲武信岳登山。強風、大雨、低温と悪条件が重なったこの日、甲武信小屋では夜になってやっと到着したツアー登山客1名に体調異変があった(その時の報告)。その場に居合わせた登山客2名のパーティー皆さんが、今回報告の救命・応急手当の資格を持ち、さらにパーティー内でもっとつっこんだ応急処置の勉強をしていらした様だった。管理人はたまたま自炊用のテーブルでこの2名と一緒に歓談していた。そのメンバーは状況を聞き的確な判断の元、すかさず応急処置に異変を訴える登山者のところへ行った。そして30分後には無事回復させることが出来た・・・そんな事案を目の前で体験し、救命・応急手当知識の大切さを、山をやる以上は身に着けておかねばならないなと・・・と痛感した。しかし学ぶにも、具体的にどういったところでどんな講習会が開催されているのか判らず、今回まで何もできず、時間だけが過ぎてしまった。

 今年4月、何気なく救命講習のことをホームページで調べていると、東京消防庁主催の講習会があることを知った(こちらに案内あり)。調べてみると都内各署の消防署で開催されており、平日開催が多い中、たまたま自宅から徒歩15分くらいのところにある高井戸の消防署で6月24日土曜日講習があるのを見つけ、早々に参加申し込みをした。2か月以上先の講習だったので、自宅カレンダー、スマホカレンダーに印をつけ、間違って山の予定などを入れないようにした。緊張の中、いよいよその日がやってきた。 



高井戸東にある消防署。





 今回は講習内容が一番濃い、上級救命講習を受講した。まる1日がかりの8時間講習だ。初めての人間が受講するには内容が難しいかな??と躊躇もしたが、結果的には山をやる者にとってはこれでも足りないくらいで、上級を選択して良かったと思っている。

 内容的には1、救命 2、悪化の防止(必要な応急手当) 3、苦痛の軽減、などの3項目を学ぶ。9時スタートの16時終了であった中で、4時間はたっぷりと実技まじえ救命処置に関して学ぶ。1、心肺蘇生 2、AEDを用いた除細動 3、気道異物混入除去 4、大人と子供の処置の違い。これらは大変に勉強になった。すぐにでも実践できると、参加の意義・価値を実感した。
 残りは休憩・テストの時間を引くと、約2時間半くらいに応急処置の講義が割り振られていた。止血方法、骨折の対処、火傷の対処、三角巾の使用方法、担架を自作しての搬送方法、などを受講したが、山ではこのジャンルが一番遭遇するシーンなので、もっと詳しく知りたかった・・・というのが本音であった。
 
 無事テストも合格し(ペーパー○×式、20問出題、4問まで間違は合格・いたって簡単だがひっかけ問題で1問不正解あり)無事写真にある、認定証をいただくことが出来た。久しぶりの勉強会、テストなども受け、緊張の中、非常に充実した1日を過ごすことが出来た。興味ある方には8時間の講習を是非ともお勧めします。 

 2600円の受講料で持ち帰り出来る教材 :三角巾  人工呼吸用マウスピース  上級救命テキストブック B5カラー全96頁

 平成29年年間講習開催予定表



午前はすべて成人の救命措置を学ぶ。



午後1時間、幼児、乳児の救命方法を学んだ。



三角巾の使用方法実技。女子は7名参加でした。
ペアを組んで三角巾使用の包帯法を実施します。



男子は16名の参加です。皆さん熱心でした。



いただいた認定証。有効期間は3年間です。




TOPへ