庄野真代・姉さんと登る、真夏の高尾山報告!
2017年 7月16日

登山スタート!!庄野真代さんと左はミュージシャンで素敵なオジ様。



 先日の麻倉美希さん with 庄野真代ライブコンサートにての報告にあるよう、7月16日(日)は以前から姉さんチームで高尾山に登る予定にしていたらしく、ライブ会場で終演後お誘いをいただき、即答で参加表明をした管理人だった。

 今回の3連休はだいぶ前からどこに行こうか考えていたが、ピッタリとはまる計画が立てられず、連休スタート前日の14日夜になっても翌朝早朝から行くのか・・・含めまったくの未定で、ライブ鑑賞に突入した。時期的に梅雨であるこの時期は、沢での水遊びはしたいが、雨による増水のリスクも高く、なかなか奥地に向け、2泊で突っ込む勇気が無い。そんな中、17日あたりはのんびりと避暑地・河口湖で過ごそうと決めていた。雨なら山荘でのんびりまったり、雨でなければ、御坂山(1596m)に登る予定を立てていた。御坂山はここ周辺に多々ある富士山外輪山の総称名の名称にも使われている「御坂山塊」の名主的山なのである。鬼ヶ岳、十二ヶ岳、最高峰の黒岳(1792m)、有名な三ツ峠など含め、御坂山塊と呼ばれている。その名称をいただいている御坂山にはまだ登っていなかったので、こういう中途半端な梅雨時期に登ってしまおうと、以前より計画していた。

 16日に高尾山へのお誘いをいただくことにより、今までくすぶっていた計画案が、みごとにスマートに決定・解決したのだった。計画はこうだ。
 3連休であるが、まずは14日金曜日夜はライブ鑑賞に集中。お酒もしっかりいただき、翌朝早朝発は取り止め、翌15日はライブ報告のHP制作にも充て、しっかりと自宅待機の休日にする。そして翌日高尾山を歩いた後は、高尾駅から、大月経由、河口湖へ向けての列車、バスを使っての旅をする。夜は河口湖山荘泊・・・音楽鑑賞&ワインタイム。そして17日連休最終日、晴れたら河口湖駅より出ている天下茶屋行きバスに乗り、御坂山を目指す。これなら3連休による帰りの中央道の大渋滞にも巻き込まれることなく、のんびり電車で帰宅可能だ!!姉さんの一声によって、すばらしい公共交通機関利用の贅沢な山旅の計画が完成した。
 ちょっとゆるゆるの企画ではあるが、最近腰痛が再発しひどく、現在の管理人にはちょうど良い内容であった。



城山名物かき氷!!シロップはかけ放題。


 7月16日(日)高尾山口駅前に9時集合。少し前に到着し、少しすると姉さん、澤くん含め全員が集合した。参加者、人数含め、詳しい事情はまったくもって知らない管理人だったが、話を聞くと、7月31日・8月1日で今年もまた、富士山ライブを開催するとのことだった。その富士登山に参加のメンバーさん達の、事前の足慣らしの登山・・・という切り口だったのであった。ライブは昨年同様に富士宮口より登り、九合目にある万年雪山荘で行われるとのこと。月曜、火曜で開催されるために、管理人は今年も参加できないが、姉さんも元気だなぁ・・・と苦笑する管理人だった。

 本日参加のメンバーさんは13名、その内の6名が富士山にも参加する。また、半数の方々は以前より顔見知りで、過去3回の姉さん同伴登山に参加された親子さんにも再会した。 2013年槇寄山   2014年高水三山   2014年御岳山  
 姉さんも今回、しっかりとした登山靴を新調され、靴の慣らしを含めた山歩きのようだ。全員が揃ったところで、今回のパーティーのリーダーを確認、さらにコース確認を行うが、現時点では、はっきりとしたリーダーは不在、コース計画はアバウトなコース案をマネージャーの澤井くんが決めていただけだった。マネージャー澤井くんはこのHPにも同伴登山をし、多々登場いただいているが、音楽関連の業界に長い彼だが、山歴30年近いベテランさんでもある。いつもお子様と参加され、その都度リーダーだった奥さまも、今日はリーダー役では無いという。山歩き初めて・・・と言う方もいらした。1名は同じ音楽業界のミュージシャンの方だ。まずは自己紹介を行い、山歩きに関する経験などの程度を話してもらい、一応管理人がそれでは、ということでリーダー的な立場で歩くことになった。トップは管理人、最後尾に澤井くんに付いてもらった。

 コースはまず登りを、夏場は涼しい沢沿いを行く6号路とし、山頂を経由し奥高尾に入る。東京都と神奈川県の県境尾根を歩いた先にある、城山(670m)山頂で昼食。下山はここから日影バス停へと下る。そして高尾駅前居酒屋で打ち上げ会、、、という流れで登山はスタートした。注意点として、6号路は濡れた木の根に乗ると滑るので、歩行の際乗らないように注意した。管理人は以前このコースの根っこに乗り、大滑りをして、腰を強打した経験があったのだ。

 全員特に遅れるメンバーも出ず、順調に城山山頂に到着し、各自ビール、かき氷タイムにと突入した!!13時少しを回る頃下山に入り、14時43分日影発のバスに乗った。高尾駅前の居酒屋さんで打ち上げをするも、管理人は15時53分発小淵沢行きの列車に乗らないと、河口湖山荘近くの停留所を通過する最終バスの時間に間に合わないので、30分ほど生ビールで喉を潤しお先に失礼をさせていただいた。ビールの美味しかったこと!!姉さんは用事があるので、打ち上げ会には寄らず、帰宅された。
 その後管理人は列車を乗り継ぎ、薄暗くなった林道をバス停より30分弱歩き、19時前に無事山荘に到着した。河口湖山荘も標高950mとはいえ、暑くて窓を開け広げ、上半身裸状態で、音楽鑑賞をしながら夜のひと時を過ごす管理人だった。
 続きは御坂山の報告で書きたいと思っています。楽しかった高尾山の詳細は、どうぞすべての写真のコーナーでご覧下さい。



驚いたことに高尾山登山道脇にミヤマトンビマイタケが!!



高尾駅前で解散の姉さん。我々は生ビールへGO!!



すべての写真を見る






TOPへ