古の峠道を歩く・御坂山周辺散策。
2017年 7月17日

景色は無いが、落葉の木々に囲まれた、美しい森の中の山頂。


 ウィキペディアより・・・御坂峠に関する記述
 御坂峠
(みさかとうげ)は、山梨県南都留郡富士河口湖町と同県笛吹市御坂町にまたがる峠。鎌倉往還御坂路のルート上にある。御坂の名は日本武尊が東国遠征の際に越えたことに由来するとされる。
(雁坂峠も同様に日本武尊が越えているので、この時の話ですね!!雁坂同様、歴史ある峠ですね。)


 奥秩父の山々をホームグラウンドとする管理人は、牧丘町(西沢渓谷・雁坂トンネル方面)から帰路河口湖に向かう場合、この御坂山塊の山々が、甲州側と富士山の間に立ちはだかっており、ここを越える為には結構な山越え感を今でも実感する。現在、甲州から富士河口湖町に入るには、登坂車線が長々と整備された、「御坂みち」を走る。そしてかなり登ったと思われるところに、突然と峠越えの大きなトンネルが出現する。これをくぐると富士河口湖町に入る。これが1962年に新たに開通した「新御坂トンネル」である。そして、歴史を調べてゆくと、その前は旧道「天下茶屋」がある旧御坂トンネルがメインの通行路だった。さらに古い徒歩の時代を想像すると、天下の富士山が控えているこの峠越え・・・徒歩でも相当な富士詣出の旅人で賑わった事は、容易に想像できた。
 そんな徒歩の時代の山越えルートが、今回登山のルートにて、途中通過する旧御坂峠なのである。4月下旬に黒岳登山でもこの峠は通過していたが、やはり今回の御坂山を経由しての峠着には、何か奥深いものを感じた。
 そしてさらにロマンを感じさせる記述が以下のウィキペディアに解説されていた。

 以下ウィキペディアより・・・御坂城址に関する記述

 築城年代は不明だが、戦国時代に甲斐武田氏が築いたといわれている。天正10年(1582年)3月、織田・徳川連合軍による甲州征伐によって武田氏は滅亡する同年6月、織田信長が本能寺の変に倒れると、相模国の北条氏直、三河国の徳川家康らが甲斐・信濃を巡り争う(天正壬午の乱)。甲斐では七里岩一帯において北条・徳川両氏が対峙し、御坂城は都留郡を制圧した北条軍の前線の城となる。御坂城には北条一族の北条氏忠が修築し、その守備についた。北条・徳川間で和睦が成立すると北条氏は撤兵し、甲斐国は徳川家康のものとなり、城もそのまま廃城となったと思われる。 城地の所在場所は長らく不明であったが、昭和43年(1968年)、御坂城の古地図が発見され、調査の結果遺構も発見された。



御坂山周辺マップ。ダブルクリックで拡大表示。



何か人為的な造成を感じさせる旧御坂峠付近。


 これによると場所が不明ではあったが、御坂城なるものの存在が古くから語り継がれていたらしい。昭和43年に上記にあるように、古地図発見により城の場所が判明。これが今回通過の旧御坂峠周辺にかなりな規模であったことが古地図より判明したそうである。管理人も黒岳登山の時にこの旧御坂峠に着くや否や、ここの峠の地形に何か非常な違和感を感じ、さらには何とも言えない古の人々の息づかいを感じたのだ。それは自然の造形ではなく、人為的に造られたのではと思わせる山の起伏などなど・・・が感性の中に飛び込んで来たのだ!!。よく奥秩父の山奥を徘徊していると、ここには古い時代に作業小屋などが造られていたのでは??と、今では何も残っていない空間に、そんな古の人々の息づかいを感じることがある。この峠はそんな場所に似ていた。江戸後期には相当な旅人で賑わっていたことだろう。管理人には詳しい城の地形は判らないが、古城マニアにはたまらない光景なのであろう。

 そんな、古のロマンあふれる御坂山周辺を、晴天にも恵まれ歩くことが出来た。鬼ヶ岳もそうであったが御坂山塊の森は、落葉樹のミズナラ、ブナが多く本当に素敵な森の中を楽しめるコースだ。また、旧御坂トンネル脇に建つ「天下茶屋」も歴史を感じる造りになっている。かの有名な太宰治先生が執筆の紀行私小説、「富嶽百景」の舞台になっている場所でもある。多くの文豪も立ち寄った茶屋のようだ。
 
 太宰治著:富嶽百景より・・・
 「ここから見た富士はむかしから富士三景の一つにかぞえられているのだそうであるが、私は、あまり好かなかった。好かないばかりか、軽蔑さえした。あまりにもおあつらえむきの富士である。・・・中略・・・これはまるで風呂屋のペンキ画だ。芝居の書割だ。どうにも注文通りの景色で、私は恥ずかしくてならなかった」
 何とも言い得て妙、というのかこういった表現方法もあるのだと、しきりに感心する管理人だった。  



昭和13年初秋、太宰治先生が3か月滞在した天下茶屋。
ここに滞在した紀行私小説を「富嶽百景」にて発表。



太宰先生がペンキ画と称した御坂峠からの富士山。



本栖湖湖畔より 2004年発行(現在流通)1000円札富士山絵柄撮影地
太宰先生はこの富士山は何と表現されるのでしょうか!?(苦笑)
2016年4月9日管理人撮影。



管理人が推薦のペンキ画・・・雪刀ヶ岳山頂よりの富士山。
2017年5月27日撮影



ちなみにお隣、三つ峠からの富士山です。2017年1月28日撮影。


 下山後、河口湖駅前にある、ほうとう屋さんで、生ビールともろもろの洒落たおかずで喉を潤し、行きがけに予約していた、17時29分発の新宿までの直行快速にて、渋滞も無く帰路に付くことが出来た。のんびり・まったりの久しぶりの充実した山旅であった!!
 以下に城マニアの書かれた御坂山の面白いHPを発見したので、リンクさせていただいた(出典元記載でフリーリンクとあった)。

御坂(みさか)城(富士河口湖町御坂峠)
出典元 余湖くんのホームページより

さらに上記HPより抜粋させていただきました。
御坂城に関する記述・・・・
 天正10年(1582年)3月、武田氏が滅びたが、三ヶ月後の6月に本能寺の変により信長が殺されると、甲斐を領していた河尻鎮吉(秀高)は、そのドサクサの中で一揆勢に殺されてしまった。まったくこの川尻という男、不運な男である。

 領主を失った甲斐は格好の草刈場となり、甲斐を奪取すべく徳川、北条の両氏が侵攻してくることとなる。徳川氏は中道往還から侵攻し、現在の甲府盆地を中心とする国中地方を押さえていった。その頃北条氏は小山田氏の本領であった郡内地方を制圧し、上野、武蔵方面から国中地方に向かって侵攻した。したがって御坂峠を中心とした地域がこの両勢力の対峙する場所となっていったのである。この「御坂での対峙」については『武徳編年集成』によって古くから知られていたが、御坂城そのものについては、その位置が確定されておらず「幻の城」とも呼ばれていた。しかし、昭和43年、御坂城の古地図が発見され、それにともなって驚くべき遺構が発見された・・・・といったことが現地の案内板に書かれている。すると、昭和43年までこの城のことはまったく知られていなかったのであろうか。確かに、トンネルができて、この峠をわざわざ通らないようになってしまえば、これだけの遺構も忘れられてしまうのかもしれない。ここを通れば、城があることは誰の目にも明らかなのであるが・・・・。  



甲州側から見た旧御坂峠。



上記写真周辺の鳥瞰図(Eの文字辺りから上部を撮影)
出典元 余湖くんのホームページより



上記鳥瞰図 Dエリア写真 黒岳方向 2017年4月撮影。



鳥瞰図 A地点より峠の茶屋・下方向を撮影


ブログ「時空散歩」より御坂峠をリンク

すべての写真を見る





TOPへ