夏を思わせる1日を丹沢で遊ぶ。 
三廻部駐車場-鍋割山-河口湖山荘
2017年5月20日 
 

鍋割山山頂より富士山。


 今年は表紙をご覧の通り、冬場はほとんど山登りをしないで、スキーばかり行っていた。GW2週前、鈍った脚が心配で、GWに挑戦予定の涸沢登山計画に合わせトレーニングで挑んだ、黒岳、高取山は、足が上がらずにバテバテで、散々であった。後日の筋肉痛も最悪でロボコン状態!。やはり脚の良いコンディションを保つには、毎週出来るだけ山歩きをするのがベストであることを、改めて痛感した。そこで先週は天気が土砂降りの為に山荘で過ごし、山歩きは出来なかったので、今週は必ず歩くぞ!!とばかりに鍋割山を目指すことにした。西湖周辺の山も考えたが、鍋焼きうどんも食べたくなり、この山に決定した(実は涸沢ヒュッテオリジナル七味を持ち歩き、山で使いたかった)。
 
 ちょうどこの日は、久しぶりに良い天気に恵まれ、夏を思わせるような日差しの中、汗だくになりながら、鍋割山頂を目指し、到着後、汗だくになりながら、鍋焼きうどんをほおばった!!早い時間からも、見ていると、ほとんどの人が鍋焼きうどんを注文していた。西穂ラーメンではないが、山頂の小屋で名物の食べ物を置くと意外や登山客も増えるようだ。目的が出来るから、気持ち的にも行きやすくなる。甲武信小屋も夜の名物カレーを常時出して、甲武信小屋=カレーライスにしたらどうだろう!!お隣、雁坂小屋はジビエ料理などいかが??ゴローさん!!雁坂小屋=ジビエ料理。いっぱい狩してジビエ焼きそば、ジビエスパなど・・・なかなかいいかも!?

 下の写真にもあるように、鍋割山荘は、ボッカですべての食材、水、ガス、調味料を運んでいる。写真中にある、そば出汁を管理人は背負って登った。まだ朝も早かったので、「どなたか、持って上がってください。」と書かれた水以外の物品は沢山あった。出汁の他には、コンロ用ガス、カッセットコンンロ本体、などなど、いろいろと置かれていた。そば出汁も結構重かったが、ボッカを承知で来たので、リュックには医薬品、飲料水少々、ティッシュ、以外は何も入れて来なかった。



行きがけの、ボッカ依頼資材置き場。



帰路見るとここまで減っていました。すばらしい!!


  この鍋割山(1272m)は低山と思ってなめてかかると、けっこうきつい山だ。三廻部の駐車場から歩くのが一番最短コースと思われるが、標高差約772mを登る。直線距離があまり無い中での標高差なので、最後まで比較的急な登りが続く。まったりするような尾根歩きは基本的に無い。あと、1合目から10合目まで道標が立っているが、9合目に来てあと1つと思ったら大間違いなのである!!10合目から山頂までに、これでもか!!とダメ押しの一番辛い?登りが待っている。丹沢山系は階段状の木が設置してあるため、塔ノ岳など含め、歩幅が合わなかったりで、余計疲れる思いがする。
 
 車で来て、スタートが早かったので、帰路沢山の団体登山客とすれ違った。旅行会社が企画している登山ツアーの団体もいらっしゃった。鍋割あたりでもツアー登山があるんだな!!とびっくりした。そうそう1月の三つ峠でも大勢のツアー登山客に会って驚いたが、あの時は「始めての雪山登山!!」と銘打っていたので、雪山は最初はこういったところから始めるんだな・・・と納得した。皆さんピカピカの軽アイゼンをしていたのが印象的だった。
 今回下山時に、20人以上のパーティーに3組は出会った。さらに10名以下のパーティー多数。これだけ同時刻に登れば山頂はあっという間に人だらけだろう。100人が鍋焼きうどんを注文すると、待ち時間もかなり発生しそうだ。昨年聞いたところでは、ガスコンロ8台で切り盛りしているとのこと。でも小さな山小屋でこれだけ食事で売り上げるのだからすごい小屋である!!



曲者の道標。10がラストではないので、最後の登りを頑張って!!



名物・鍋焼きうどん。MY 七色唐辛子に注目!!
涸沢ヒュッテオリジナル!!GWに購入。
鍋焼きうどんで使おうと持参しました!!
もしかしたら、これを使いたくてこの山にしたような!?


 帰路、秦野の山深い森の中に、「石庄庵」という手打ちそば店があるのをネットで発見、立ち寄ってみた。かなり蕎麦では有名店らしい。街で経営していた店主が、ここの水に惚れ込み、移設したそうな!!蕎麦打ちには最高の水質らしい!!こだわりがあり、店に風情もありましたね。すべての写真に店構えだけ掲載。あまりの旨さに・・・肝心な蕎麦の撮影を忘れてしまった!!(笑)ちょっと大げさに書きました。本音・・・自分的にはコスパを含めると総合評価70点。もっと安くて・・・というか料金は同じくらいでももっと量が多くて、おいしいお蕎麦屋さんはあります。ちょっと全体的に高めでしたね(懐石のお店だから仕方ないのかな)。仲居さんの対応が、台本読んでいるみたいで・・・全体的に、気をてらう、みたいな店感でした。食べログの評価は皆さん良いですが・・・。
 
 このあと、先週土砂降りで交換出来なかった、山荘に置いてある夏用タイヤに交換すべく、河口湖山荘に寄り、音楽鑑賞・ワインなどをし、翌朝4時半からタイヤ交換、午前9時半には自宅に帰着。朝8時過ぎまで鳥がさえずる、富士山麓の避暑地的な場所にいたので、東京の暑いこと暑いこと。一日中エアコンを入れて過ごした。そういえば山荘周りで、春ゼミの声がまったくしなかった。今の時期うるさいくらいに鳴いているのだが・・・。雪解けがここも遅かったのかな?
 こうして夏の様な日差しの中、久しぶりに気持ちの良い山・森・新緑に囲まれて過ごす休日は終了した。

●車で入るルート案内
 ※鍋割山は車で行くと、往復で1時間半くらい分、大倉バス停出発より時短出来、バス停奥まで入れます。車止めまでの行き方は、カーナビに「三廻部(みくるべ)病院」と入力します。すると病院登録が地図上に出てきますので、まずは病院を目指し、それを過ぎ、その先もこの林道1本で約10分先の左手に駐車場有。トイレもあります。駐車場自体は10台分くらいのスペースですが、路駐含めそこそこ止められます。先のゲート手前も6台くらい可能。道標もありますが、鍋割山へは来た林道を直進し、金属のゲートを越えて進みます。途中2本目の橋を渡ったすぐに、左に入る林道ショートカット迂回道もあります。慣れない人は林道で行ったほうが良いかも。踏み跡はしっかりしていますが、最後の林道に取り付く所が急斜面で、濡れていると滑りそうです。




高級蕎麦店だった「石庄庵」入り口のメニュー。



石庄庵・山野草コーナーで買った、ヒメシャガ白。
白が欲しかったので、これは嬉しい買い物でした。



翌朝、真夏の予感の富士山麓。タイヤも履き替えました!



すべての写真を見る




TOPへ