年末・甲斐駒ヶ岳敗退へたれ登山と
年始・富士登山報告 前編
2017年 12月28日~1月2日



 2017年12月28日より静岡県をベースにご活躍の山の会「裾野麗峰山の会」企画の冬合宿にエントリーし、今回の甲斐駒ヶ岳縦走に参加させていただいた。昨シーズンはすっかり冬山登山をさぼってしまい、本当に久しぶりの本格冬季登山へのエントリーだった。コースは冬季にはバスなど交通機関の無い登山基地、「北沢峠」までは、長野県伊那地方にある戸台より徒歩で6時間を歩かねばならない。初日28日早朝戸台を出発し、午後北沢峠に到着後、ここの山荘で一泊、翌29日日の出前に出発し、仙水峠、駒津峰2752mを途中経由し、甲斐駒ヶ岳2967mに登頂、帰路は日本三大急登のひとつ、黒戸尾根を下降、途中七丈小屋にて29日宿泊、30日に山梨県にある竹宇駒ヶ岳神社へ降り立つ計画だった。
 
 中央線長坂駅に近い下山場所・竹宇駒ヶ岳神社と登山スタート地点、戸台とは公共交通機関ではかなり離れている(下地図参照)。登山口・戸台は後にも紹介するが、駅としては飯田線・伊那市駅から車で1時間のところに位置する。2台の車で行き、1台を登山口に、そして1台を下降地点に置くのが通常であるが、今回は戸台まで送ってくださる山の会メンバーのクルマを1台仕立て、竹宇神社には管理人と会の車2台とも置いての、スタートとなった。この時点では当然、ここに降りてくるものと信じて疑わなかったが、山の神は簡単にはそれをお許しくださらなかった。 

 初日は6時間を無事歩き、北沢峠・こもれび荘(旧・長衛荘)に到着、29日アタックするも強風で駒津峰にて敗退。こうなると帰路は戸台からの交通手段を持っていない我々は山荘で知り合った、京都からいらした若者にお願いし、伊那市駅まで送っていただいた。感謝・・・。あとは飯田線、中央線を乗り継ぎ、長坂駅下車、呼んでおいたタクシーにて竹宇駒ヶ岳神社へ無事到着。その後、管理人は1人31日まで河口湖鳴沢村山荘でのんびりまったり。天気は最高なのだが、冬型の典型で、連日山の上は強風の様だった。

 1月1日元旦は東京杉並区の自宅にておせちで一杯。テレビからはどの放送局も富士山を背景にしたご来光を放送していた。本州太平洋側はどの中継地点も最高のご来光をテレビに映し出していた。今回、なんとも燃え尽きることが出来なかった駒ヶ岳登山。管理人に関して言えば、強風の撤退以前で、日頃のトレーニング不足を思い知った撤退だった。そんな反省から2日はテレビで映っている富士山へ向かうこととした。そんな年末年始登山を報告したい。


甲斐駒ヶ岳概念図。クリックで拡大表示します。


2017年12月28日 晴も山頂には雲
 この山旅のスタートはなんとも警察官からの職務質問で始まった。12月28日午前3時、管理人は国道20号線白州・道の駅脇にあるコンビニ、駐車場にいた。すぐ先にある尾白渓谷にある竹宇駒ヶ岳神社駐車場に車をデポする為、最後の荷物作りを行っていた。不足の物があればこのコンビニで購入しようという魂胆だ。駐車場には4時には着きます・・・と事前報告していたので、まだ1時間は時間があった。神社出発は5時予定である。
 3時過ぎ1台のパトカーが入ってきた。何かを購入かと思いきや、パトロールの為に管理人の車にライトを当て、何やら観察し、何事もなくコンビニから去っていった。昔西沢渓谷のみとみ道の駅で深夜、宴会している時も同じパトロールのパトカーに遭遇したが、その時はリュックも外に置いていたので、何のおとがめも無く、無事乗り切ることが出来た。しかし今回は20分後に再度パトカーが入ってきて、外で荷物の整理をしていた管理人に二人の警察官がやってきた。
 「すみません、先ほどもここにいらしたので、職務質問します!!何されているのですか??」 管理人はすでに毛糸の帽子を深くかぶり、鼻まで寒さ防止にネックウォーマーをかけていたので、一見怪しいオヤジに見えたのかも知れない。「これから甲斐駒ヶ岳に登るので、待ち合わせでここで準備しています!!」と、ピッケル、ワカンなどをくくり付けたリュックを見せた。
 「あっ!!そうなんですね。でもこの時期に甲斐駒登るなんて、尋常でない!!つい最近も上野原・坪山で3人亡くなっているし、昨日も1人この近くで滑落死亡事故があった。今日はこの辺りも氷点下になるし、本当に大丈夫か・・・」と今度は話は説教じみた方向になってきた。「山頂は氷点下17度と予報にあったので、比較的暖かです。問題は風かな・・・?」と返すと、あきれた表情で、「この連日はヘリも飛べないから、遭難したら今日、明日もヘリ救助も無理、よって肝に命じて安全登山をするように!!」と再三言われてしまった。遭難騒ぎになれば、自分たちも出動の可能性があるから、うるさくなるのだろうと思った。なんだか地元警察で詳しいはずなのに、甲斐駒は無雪期に登る山、という視点での物言い、説教が、なんだかおもしろく聞こえた。お巡りさんも鍛えが足りないと思った(笑)。
 
 ところでここは山梨県警。であるからして、職質にも協力的にお応えした。先にも報告の「みとみ道の駅」での何もおとがめが無かった山梨県警のパトロールに好感を持っている管理人だった。埼玉県警管内であったら昔の恨み・つらみがあったので、こういう協力的な会話にはならなかったであろう。捜査・交通取り締まりなど、横柄で市民感情を逆なでするようなやり方では、捜査協力にも影響するのは人間の感情としては当然だ。
 以前アマチュア無線の趣味仲間だった高井戸警察署S巡査部長は、お会いすると良くこの事を口にしていた。警察は取り締まる時ばかり、善良な市民に対し、仕事として感情抜きに取り締まり(交通違反など)、捜査協力依頼の時だけ、市民に良い顔しても協力は得られるはずはない・・・だから交通取り締まりなども節度を持って行うべき!!」と。この巡査部長はその後転属先の〇〇署で最高の表彰を受けたと聞く、素晴らしい警察官だった。埼玉県警秩父警察の警察官には爪の垢煎じて飲ませたいほどである。秩父署・山岳警備隊飯田副隊長には申し訳ないですが・・・!!(以前、秩父市管内でまったくもって理不尽な交通取り締まりで、2週立て続けにつかまり、未だにその違反に納得していない管理人だ。それ以来登山基地「栃本」へは、中央道勝沼より、雁坂トンネルの有料料金を払っても、山梨県側から行っている。)

 そんなこんなの意味不明の??お説教ではじまった山旅。駒ヶ岳神社で無事メンバーと合流し、送迎だけで参加してくださった方の車に乗り、スタート地点の戸台に向かった。登山メンバーは合計3名、リーダーと会の女性はすでに何度も甲斐駒に冬季登頂していた。管理人も黒戸尾根は2回冬季に登り、1回は山頂に立っている。しかし戸台-北沢峠を経由しての、西側からの甲斐駒は初めてだった。



戸台駐車場風景



延々と3時間戸台川河原を歩きます。
奥に見えるは甲斐駒稜線。



新しくなった道標。



無雪期は登山客で大賑わいの北沢峠。



今回宿泊の北沢峠・こもれび山荘。


 戸台から今晩宿泊する北沢峠・こもれび山荘までは徒歩6時間。その北沢峠は無雪期に沢遊びで何度もお邪魔している広河原から沢山小型のバスが出ている。いつもどのバスも満席で、シーズンはさぞこの場所は人だらけなんだろうなぁ・・・と想像しつつ、全くの無人の北沢峠にいるマニアック?な自分が何だかおかしかった。いつも管理人はこの一つ手前のバス停、「野呂川橋」で下車の為、ここの無雪期の混雑風景は知らない。(3時間の平坦路歩き。その後八丁坂という急登をこなし、小屋まで合計6時間は、上高地バスセンター-涸沢間のGW時に似ていると思った。全体涸沢より楽だが、河原歩きはゴロタ石が多く、歩きにくい)

 28日のこもれび山荘の宿泊客は10名、29日は40名、30日40数名、31日は60数名とのお話を支配人さんからいただいた。やはり28日はまだまだ少なかった。少ないだけにのんびり・まったり、皆さんと歓談が出来た。一番初めに仲良しさんになったのが、京都からソロで仙丈ケ岳を目指してここに来たという、M君、27歳だ。しばらくして話も打ち解けた頃、「僕たちは甲斐駒登頂したら、黒戸尾根を下山し、明日は七丈小屋泊、車が下山した先の神社駐車場に置いてあります。もしか途中僕だけ棄権・撤退した場合、伊那市駅まで送ってもらえますか??」なんて密約を早々と成立させていて、何となく気持ちも落ち着いた管理人だった。

2017年12月29日 晴 
 甲斐駒は小屋泊では我々と他1パーティー、残りは大半が仙丈ケ岳であった。
 29日朝は快晴。小屋周辺では風も無風だった。しかし標高を上げ、木々が少なくなる仙水峠付近では、結構な風が吹いていた。ピーク15メートルくらいか。今回管理人は1ヶ月この山行の為に毎週山に登って、鍛えてきたつもりであったが、二日目のアタックの日は劇的な体調不良に見舞われ、ペースも遅く皆さんを仙水峠の少し上部でかなり待たせてしまった。リーダーから「調子悪いの??」心配する声も聞かれ、「この風だと我々も駒津峰で撤退かも知れない。一応駒津峰まで頑張ろう!!」と励まされたが、ここからの急登は見た瞬間に、気持ちが萎えてしまい、管理人は早々ここで撤退を宣言した。まったくのへたれの自分が嫌になってなってしまった。風での撤退以前の問題だった。仙水峠先の急斜面でお二人に別れを告げ、管理人は出発した小屋を目指し下山の途に就いた。雪はふかふかで、登りの時も足を取られ、深いところはももまで埋まった。ひざ周りの下着、ウェアも重ね着しすぎ、ひざの動きが悪くなり、余計に疲労を増す結果となってしまった。今回は完敗だった。


日の出少し前、若手男女パーティーと5名でいざ甲斐駒へ!!


仙水峠



仙水峠からの急登。ここで管理人はあえなく敗退。涙・・・


 11時過ぎ昨晩泊まった小屋に到着。あまり飲んでばかりいてもお金がかかるので、まだ誰も山から戻っていない小屋で1人疲れを癒すべく寝て時間を過ごした。リーダー二人は今頃甲斐駒山頂直下の岩場辺りを登っているのだろうな・・・とか、明日はM君に再度しっかりと送迎をお願いしなくては・・・などなど、考えながら、毛布にくるまった。雪山装備の服のままだから、軽く毛布でもまったく寒くなかった。

 午後2時を回った頃、ソロの男性が玄関を開け大きな声で、小屋番に報告する声が聞こえてきた。「いやーーー!!まったく届かなかった!!ラッセルで腰まで埋まり、ワカンもまったく効かず。この深い雪だと山頂まであと何時間もかかりそうで、帰路の時間を計算するとタイムアウトで、途中で撤退の決心をしました。」とのことだった。どこを目指しての話か聞きに、ベットを出た。「どちらへ行かれたのですか??」この方とはこの会話後親しくなり、最後までご一緒に飲むことになったのだが、マイナーな山頂ばかりを目指す、それも登山道の無い、バリエーション愛好家で、今回はアサヨ峰を目指したそうだが、仙水峠から先は、トレスは全くなく、腰まで埋もりながらのラッセルが続き、退却したそうである。ちょうど帰宅後に観た、田中陽希さんの北海道縦断を思わせる登山だったようだ。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1345809.html
この方のヤマレコ報告です。

 15時を回ると、続々と登山客が戻ってきた。駅までの送迎をお願いした、京都のM君も戻った。話を聞くと、8合目で仙丈ケ岳撤退だったとのこと。小仙丈先の小ピークで撤退したそうだ。要因は強風と、10時半過ぎに一気に山頂がガスってしまい、悪天候遭遇に撤退を決意したそうである。続々と千丈ヶ岳撤退組が戻ってきた。聞くと誰も登頂していなかった。そんな中甲斐駒組は??と思っていると、玄関の外に見覚えのある二人の姿が見えた。リーダーだった。冬山は防寒装備で覆面をしているので、すぐには判らなかった。聞くとすごい強風で駒津峰までは何とか行ったが、仙丈ケ岳悪天候と同じく、甲斐駒も一気に真っ黒なl雲に覆われ、強風も加わり、ベテランのリーダーでも厳しい状況だった様だ。

 その夜、皆さん登れなかったけど、和気あいあいのすばらしい山談議で盛り上がった。(すべての写真参照)M君は快く3名の送迎をも引き受けて下さり、山仲間って本当に素晴らしいな!!とうるうるした管理人だった。
 今回の登山では、へたれの自分に情けなさを感じ、日頃のトレーニングの重要性も再認識した。新年からはこの日々のトレーニングを欠かさず実践しようと行動を起こすとにした。すると新年早々すばらしい再会にも巡り会え、新年2日目、富士山途中からのご来光を拝み、1年のいろんな願いを唱えた管理人だった。そんな劇的再会、富士山の報告は近い内、後編でご報告したいと思います。
 長文にお付き合い有難うございました。今年も1年、健康で素敵な山旅を皆様含め満喫いたしましょうね!!



その夜、山の仲間と大いに盛り上がった!!



外のツララでオンザロック・ウイスキーなどをやりました。

後編へ続く(後編はこちらです)



すべての写真を見る



TOPへ