驚きの再会と年始・富士登山報告 後編
2017年 12月28日~1月2日

富士山2500m。宝永火口脇にて


 2017年12月30日 晴 
 山小屋の朝は早い。就寝中は非常灯だった明かりも、4時には正規の照明に切り替わり、小屋内が通常照明で照らされた。全員ではないが、準備を始める人もいた。この時期日の出は7時前、足元が懐中電灯無しで歩けるようになるのも6時半頃からである。そしてバイキング形式だったが、朝食が出るのは5時から。4時起床だと結構時間を持て余してしまう。我々は素泊まりだったので、食事は好きな時間に勝手に摂れば良い。管理人も照明が点灯してからもしばらく床の中で過ごした。

 そうそう、昨晩山談議で盛り上がった皆さん・・・やっぱり厳冬期にここまで来る皆さんはタダ者ではなかった。先にもご紹介のアサヨ峰目指した方(左正面)、バリエーションの達人、松戸から茅野まで電車で来て、茅野からレンタカーで戸台まで来たという。さらにもう一泊してこの日は仙丈ヶ岳を目指す。写真にも写っている右手ご夫婦・・・偶然にも沼津からいらしている方で、うちのリーダーの住まいとはすぐ近くだった。このご夫婦も毎年厳冬期に3000m級の峰に登っているそうで、北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒、燕、ほとんどの冬場に行けそうな、山には登っているお二人だった。手前背中が写っている京都からいらしたM君・・・彼は雪山は最近始めたそうだが、雪山にはどっぷりはまってしまい、仙丈ヶ岳目指し車で来てしまったそう。5日だけは会社に出社で、またすぐ連休なので、新年は関西近郊の山と、伊吹山に登ると張り切っていた。 


沼津からのご夫婦は翌朝仙丈ヶ岳を目指します。


 帰路の足取りはすこぶる順調だった。アタックの日の不調原因はなんとなく解かってきたのだが、まずは寝不足と、飲みすぎによる脱水症状が大きいと思った。ほとんど水を口にしないで朝まで過ごしてしまった。あとは足、特に膝周りのウェアの組み合わせが最悪で、余分な体力を使ってしまったことにも起因していた。寒いからと言って、過分な重ね着はむしろ足、膝には悪影響を及ぼすようだった。(新年はこの足回りのウェアを試す意味でも、比較的きつい山に登りたかった)

 帰りはあれよあれよという間に4時間弱で戸台駐車場に到着することが出来た。さらに撮影写真の時間を見ると、駐車場から伊那市駅までピッタリの1時間。荷物を片付けたりする時間を引くと、実質走行時間は50分くらいだろう。伊那市駅前ではM君にお礼を言って、またの再会と住所・連絡先を伺いしお別れした。有難う!!この日は12月30日・・・高速道路下り線は、まだまだ関東方面からの帰省ラッシュが続いている日で、M君も名古屋から先の渋滞を気にしての京都へ向けての出発だった。

 その後我々は、思いがけず乗ることが出来た飯田線を、さらには終点の上諏訪駅では駅構内に設置してあった足湯(自分はパス)を楽しみ、鉄道旅を満喫しての車回収となった。リーダーは竹宇駒ヶ岳神社駐車場にある「おじろ」売店の女将とは良く知っているようで、しばらく店の中で歓談していて、ここで管理人はお先に河口湖山荘へ向かい、実質の解散となった。お疲れ様でした。お世話になりました。 



飯田線・伊那市駅。Mくん有難う!!



紙諏訪駅構内にある足湯。



無事愛車に到着。



ここで解散しました。


2018年1月1日 
 31日昼過ぎに自宅に戻り、いよいよ年も明けた。家内と約束をしていた、大晦日と元旦は家に出来るだけいる様に・・・というお約束?もしっかりと果たせた。あとはすごい大変な宿題を一つこなさないと、管理人にとっての解放感に浸れる新年は来ない。
 それは、家内が昨年イケアで買った家具を組み立てる、という宿題だった。工作作業は嫌いな方ではなかったので、早く約束を果たしてしまおうと、元旦に朝4時起きで一人組み立てに熱中した。まあ、山屋は4時起きくらい朝飯前である。奮闘2時間で写真にあるような家具が完成!!けっこう重厚な家具で、一人では持ち上がらないくらいの物だけに、組み立ても大変だった。まあ、これさえ片付ければ、明日からまた山に行ける!!(苦笑)  

 朝7時過ぎ、早朝からの奮闘で喉も乾き、お節料理もあったので、早々とビールを始めた管理人。テレビでは7時くらいからどの局も富士山を背景にしたご来光を放映している。昨日まで鳴沢村で見ていた光景だ。今年の初日の出はきれいだった。太平洋側は本当に素晴らしい晴れ!!でもこういった冬型になればなるほど、お山の上はすごい風が吹き荒れているのだぞ・・・などどくだらない事を想いつつ・・・。

 そんな富士山の日の出を見ていると、明日から4日までまだ2泊3日の山旅が出来る事が脳裏をよぎってしまった。天気予報は晴れである。ビールの後は島根県産の美味しい日本酒をやっていた。少し酔いが回った事も手伝い、何とも甲斐駒ヶ岳の山頂にどうしても立ちたくなってしまった。2泊3日ある・・・。今晩から竹宇神社に向かえば、明日2日には七丈小屋、朝早く出ればその日のうちに山頂、駄目でも翌朝にもう一回登頂のチャンスもある。お金に糸目をつけなければ、4日も予備日としてある訳だ!!
 突然ひらめいた山旅計画は、何と黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳再度リベンジへと向かっていった。


年明け最大の宿題完成!!


手作りおせち料理。



島根県の幻?の酒。


 思いついたら即実行の管理人。すでに七丈小屋の電話番号をネット検索で調べ、手元の紙に書き写していた。まずは、家内に「今夜からまた山行くよぉ~~!!」まずはここを押さえないと、すべては始まらない。「いいわよ、好きにしてきて!!4日夜までどうぞたっぷり遊んできて!!気を使って途中、3日とかに帰ってこなくていいから。」何だか意味深なご回答であるが、とりあえず許可はもらった。

 では、次は七丈小屋へ、予約の電話だ!!
「もしもし七丈小屋ですか??明日2日1名素泊まり出来ますか??」
「宿泊は大丈夫です。1名で素泊まりですね。お名前をどうぞ・・・」
 なんかちょっと暗い感じの低音な男性の声だった。聞くところでは現在の七丈小屋は昨年より花谷さんという素敵なクライマーさんが小屋番を受け継いだと聞いていて、知り合いの山女子も昨年夏ここに泊り、素敵な小屋番さんだった・・・と話を聞いたことがあったので、声のイメージが少し違って、何だかがっかりした。もしかしたらお手伝いさんの可能性もあるが。
「名前はショウノです。どうぞよろしくお願いいたします。」
「はい判りました」
「あと、スミマセンが小屋番さんお手伝いで北爪さんっていらっしゃいますか?ちょっと詳しくは判らないのですが、そんな話を聞いたもので・・・」
「あの・・・僕が北爪ですが・・・?」
なんと声の主はその北爪さんご本人だったのだ。噂は噂では無かった。
「爪さん!!庄野です、ショウノ!!」
思わず叫んでしまった。
「おーーーー庄野さんかぁ。久しぶり。最近お手伝いしているんだ!!」
爪さん・・・甲武信小屋の長年の小屋番で、大変お世話になってきた方である。よくこのHPにも登場していただいた。話は続いた。
「明日2日は残念ながら降りる日なんだ。でも黒戸の途中で行き違うから会えるね!!」声のトーンは最初より高くなり、懐かしの爪さんのいつもの声になっていた。
 なんとも北爪くん、七丈小屋で働いていたとは、本当にビックリだった。実は12月にこのHPを読んでくださっている雁坂小屋小屋番の、ミタさんからメールをもらい、「予定に黒戸尾根・七丈小屋泊と書いてあるけど、さっそく北爪さんに会いに行くんですね。甲武信小屋の常連さんが七丈に通って、爪さんファンのお客が増えるといいですね。」とあったのだ。自分はまったく知らず、偶然の七丈行きであったが、そのお話しは半信半疑であった。爪さん、北杜市に在住しているのはブログでも読んでいたが、彼周辺のブログには七丈の事は書いていなかったので、単なる噂・・・程度にしか思っていなかったのだ。
 積もる話もあったが今回はご挨拶で電話を切った。その夜、早々とすべての支度を整え、現地駐車場にて車で寝ようと早めに自宅を出発した。



登山中森林地帯でご来光に・・・2日目の日の出。



標高2600m地点からの山頂。


 途中石川サービスエリアで休憩をしていると、天気予報がラジオから流れていた。2日からはますます冬型が強まり、北海道などでは積雪も増える旨の予報をしていた。これを聞いて、強風荒れ狂う甲斐駒稜線が脳裏に浮かんだ。折角行っても爪さんもいないし、小屋だけでの下山になるとつまらないし・・・なんて思い、次回爪さんが居る時に登ろうと予定を変更した。爪さんがいれば、悪天候で登れなくても、爪さんへの表敬訪問!!ですべては完結する。そうしよう!!
 爪さんとは以前からラインでつながっていた。ダメもとで風が強そうなので、改めて爪さんがいらっしゃる日に再度伺います。とキャンセルメールを入れておいた。もちろんつながらない可能性が大なので、朝8時くらいには小屋に電話してキャンセルを言おうと、予定した。
 でもって、転戦先は富士山。強風・耐風訓練をもう一度・・・と思いつつ登るも、な・な・なんと富士山は奇跡の無風状態。先日飛ばされそうだった、2300メートル付近も、まったく風もなく穏やかだった。あーーーー甲斐駒に行っていれば!!悔やまれた。そろそろ電話を七丈小屋に入れようとしたその時、爪さんから「了解です。キャンセル承りました。また是非!」と返信があった。
 「富士山は無風状態・・・涙・・・甲斐駒行くべきだった!!」と写真付きで送ると
 「甲斐駒は凄い風!!」
と即座に返信あり、小屋番さん知っていると情報も簡単に取れてgoodだなぁ、と思いつつも、富士山(標高2600mまで行ったが無風)と甲斐駒ではこうも違うのだなと、山の成り立ちでの気象の違いに驚く管理人だった。一人山頂まで登った方が降りてきてお話ししたが、まあ、当然山頂はけっこう吹いていたそうな。確かに雪煙が上がっているから、山頂はかなり・・・とは思いつつ、行ってこれる風速なのだから、やはり穏やかな日であったのだろう。

 そんな年末・年始登山は、予期せぬ驚きの再会劇とともに無事終了した。今日6日から8日まではまたまたの3連休だ。今日だけは家の掃除、窓ふき、庭の落ち葉掃除などなど、家庭思いのオヤジを演じ、明日は丹沢・初詣兼ね大山あたりを登る予定だ。(苦笑)
 どうぞ今年も1年よろしくお願いいたします。京都のMくんありがとう。爪さん近いうち顔出します。川越渓美隊・隊長、今年も遊んでください。真代姉さん、今年は参加できなかったけど、川場でのスキー楽しんでますね!!最後にGリーダー、お世話になりありがとうございました。なんだか山に改めて目覚めました(笑)!!


すべての写真を見る



TOPへ