家族で行く秋田乳頭温泉と
田沢湖スキー報告
2017年 2月5・6日
厳冬期の秋田乳頭温泉 「鶴の湯」


 昨年来、息子より秋田にある乳頭温泉に、一番雪が深い時期に両親を連れていきたい!!とお誘いを受けていた。本人は一度行ったことがあるようで、とってもここが気に入った様だった。この温泉は土日は早い時期から予約で一杯な様で、やっと日・月曜日で予約が取れたとのこと。会社にも月曜日休暇をもらい今回の探検となった。
 
 今年は冬山登山は行かないことにした管理人。体のバランスが年々悪くなっていることと、スキーにハマってしまった事に起因している。そこで・・・地図を広げるとちょうど秋田駒ケ岳の山麓にある、田沢湖スキー場を通過し、少し先にこの温泉はあるようだった。ではでは是非是非・・・と言うことで、今回は豪勢な新幹線での家族旅行とあいなった。すべてが始めての体験で、東北新幹線がまずは初、東北のスキー場も初、ましてや乳頭温泉など、この界隈の温泉はまったくの始めての体験であった。

 管理人だけスキーを担いでの道中だった。盛岡駅前でレンタカーを借りたので、足には困らなかった。管理人は田沢湖スキー場で下ろしてもらい、二人は角館観光に向かった。角館は桜の時期の名所であるが、冬の角館もなかなかだったようだ。
 田沢湖スキー場は想像以上に広く、人も少なく、リフト代も安く、さらにはパウダースノー・・・とすべての条件が揃った素敵なスキー場だった。
 宿では山の幸を主体としたすばらしいお料理を堪能した。また、白色の露天風呂は男女混浴で、若いカップルが何組かで入っていて、これまた素敵な風情であった。女子も周りの男子に目撃されることなく露天風呂にてお相手と合流できる、面白い構造になっていた。
 山・渓遊び・釣りに明け暮れ、好き勝手な人生を送ってきたが、すばらしい息子に恵まれ、親バカな管理人であった!!息子よ、ありがとう!!
 厳冬期の秋田を満喫した旅となった。  



広くて、空いていて、安い素敵なスキー場でした!!
田沢湖もご覧の通り。



山の幸を美味しくいただきました。



囲炉裏を囲んでの食事です。



豪勢な新幹線での旅でございました。





すべての写真を見る





TOPへ