期待以上の秀峰・御坂山山塊「鬼ヶ岳」。
2017年5月27日

日本一の富士山を望むポイントではないだろうか!!
雪頭ヶ岳山頂より



 今回たいした期待もせずに行ってみた「鬼ヶ岳」。なんとも意味深な山名である。最近「FUJIYAMAナビ」というこちらのホームページを参考に、富士山周辺の山々を歩いている。このホームページはレイアウトも見やすく、大変気にいっている。
 そんな中、西湖北部のエリアコースの一つに、今回の鬼ヶ岳が紹介されていた。なぜここにしたかと言えば、河口湖山荘からすぐであること、車を止めた場所に周回ルートで戻れること、5時間くらいで簡単に登れ、遊べること、などなどで、トレーニングには最適と、この山に決定した。お隣に隣接する十二ヶ岳は、ものすごい怖い思いをして登った山だったので、山名がもっと怖いこちらのお山は、やはり怖いところも多いのかな??と若干緊張しアタックしたが、しかししかし・・・なんと海の家のラーメン状態(古い!)、久しぶりに出くわした秀山、本当に良い山だった。総合評価100点!!もう間違っても奥多摩には行けない管理人となってしまった。(奥多摩ファンにはすみません)
 では何が良かったのか・・・ちょっと感想を書いてみたい。

※注:鬼ヶ岳は私なりの基準で、山を評価したものです。誰でも簡単に行ける・・・という要素は含んでおりません。高尾山がやっとのレベルの方には、厳しい山でもありますので、お間違えの無いよう。ロープ場、くさり場、岩場登り、切れ落ちたトラバース、はしご通過、馬の背のような尾根通過、などなど多々あります。クラス的には中級の山です。



大変に広い駐車場。



何だか得した気分!!古民家の里みたいなの発見!!


 まずは到着した駐車場の雰囲気が良い。だだっ広く、牧場とかオートキャンプ場を思わせるような空間だった。そんな広大な一角に「登山者用駐車場」と看板がある。富士山も望めて、到着した瞬間から良い気分に浸れた。次に歩き出すとすぐに古民家の里・・・みたいなミニチュア白川郷の様な観光地を見ることが出来た。これもなんだか儲けた気分。「西湖・いやしの里根場」
 
 そして登山道に入ると、鍵掛峠まではつづら折りで、バカ急登がなく、しかも森が落葉樹林、プラスブナ林で本当にきれいな森の中を歩くことが出来た。
 しかも南を見ると常に富士山を樹林の合間から垣間見ることが出来た。本沢川沿いを登ると1250m付近で支尾根に到達する。この尾根がまた気持ちが良いのだ。鍋割山の尾根などよりも、道がうまく付けられていて、急登があまりない。さらにはこの支尾根直下まで、水が岩から浸み出していた。



1250mの支尾根直下で湧き出している水。


 そしていよいよ主稜線に出る。鍵掛峠だ。この主稜線も手前から眺めると、いかにも尾根!!・・・と言う感じで、空が近づいてくると、ワクワクしてくる。パッと開けた鍵掛峠、南に富士山、展望も開けすばらしい景観がそこにはあった。

 この先は鬼ヶ岳までの主稜線歩きだ。比較的展望がきく中を歩く。適度に岩登りがあったり、すっぱり切れ落ちた斜面のトラバースがあったり、景色を観ながらのちょっとしたスリル感が予期せぬ緊張感と楽しさを与えてくれた。そして本命の山頂。ぐるり360度の展望だった。岩がありその上に乗って眺める景色は邪魔するものが何もなかった。山頂からの展望も御坂山系では過去行った中ではNO1である。

 さらに、相似峰的にある雪頭ヶ岳・・・ここからの富士山はもしかしたら、日本一の景色ではないかと思うほど美しかった。西湖を抱いた富士山である。専門のカメラマンが三脚を立てて撮影をしていた。(このページのトップの写真)
 鬼ヶ岳の北側にも節刀ヶ岳(せっとうがたけ)という同じ名称の山があるが、ここは南側に位置している同名山である。

 森の美しさ、山頂からの展望、主稜線歩きの醍醐味、ダメ押しに日本一の富士山の景色が待ち受けた雪頭ヶ岳山頂!!すべてに満足の、西湖北部の山歩きだった。
 すべての写真で詳細はご覧いただければ幸いです!!
 
 西湖駐車場8時発-鍵掛峠9時半着-鬼ヶ岳10時半着。少し休憩-雪頭ヶ岳11時着・10分休憩-駐車場12時半着。
 歩きの正味4時間。休憩約30分・・・の旅でございました。この後は山荘でシャワー、ビールタイムでございました。ビアの美味しかったこと!!



鍵掛峠より鬼ヶ岳までの主稜線を撮影。


クリックすると拡大表示します。
鬼ヶ岳から南面への道の表記がありませんが、しっかりした道があります。


すべての写真を見る





TOPへ