御坂山塊・鬼ヶ岳南尾根
雪頭ヶ岳-鬼ヶ岳-鍵掛峠-根場
2017年 12月9日

南尾根途中から見る雪頭ヶ岳
山頂下付近は急峻そう。どんな山旅になるやら・・・


 11月下旬頃、日頃お世話になっている「裾野麗峰山の会」より最近の活動報告、今後の山行予定などが書かれた会報メールが届いた。この会は、静岡県駿東郡長泉町はじめ三島市・沼津市・富士市などにお住まいの方々を中心に活動する山の会である。会を運営するGリーダーとは2011年1月に登った金峰山小屋で知り合い、その後管理人の師匠として、冬山中心にソロでは困難な山行に時々エントリーさせていただき、奥深い冬山の技術、ノウハウの勉強をさせていただいた。特にこの会の会員、と言う訳では無いのだが、低山ハイク含めかれこれ7~8回くらいの山行に参加・同行している。特に思い出に残るのは、「地蔵尾根からの仙丈ケ岳」は連れて行っていただけ、今でも心から感謝している。
 
 今回、会報の中での「今後の予定」に目が留まった。12月28日より行われる冬山合宿だ。当初までは仙丈ヶ岳と告知されていたが、今回の会報では甲斐駒ヶ岳に変更になっていた。それも憧れの戸台-北沢峠-甲斐駒-黒戸尾根と記載され、昨年サボってしまった雪山の魔力・魅力に引き込まれ、リーダーには久しぶりのメールにて参加できる枠があるのかを即刻質問した。すぐに返信をいただけ、参加枠はOKとのことだった。しかしながら現在の体力・脚力では到底このコースを踏破することは出来そうもない。先週の雪頭ヶ岳ですら、必死で登り帰宅後は多少の筋肉痛にもなった。よってこの週末は同じ御坂山塊でトレーニングと決めた。さらには16日には雪山歩行の訓練として、八ヶ岳天狗岳をソロで行く計画とし、暮れの甲斐駒に備えようと、久しぶりの本格登山に目覚めた管理人だった。



西湖キャンプ場内よりスタートします。



尾根の末端にまずは取り付きます。


 12月9日(土)、天気予報は今週も晴れである。出発前日までは、未だ登っていない節刀ヶ岳でのトレを予定していたが、たまたま偶然にもGリーダー率いるパーティもお隣の鬼ヶ岳訓練を予定しているという事で、2週連続で同じ山となったが、ご挨拶を兼ねこの山行に同行させていただいた。しかししかし・・・先週とおなじ雪頭ヶ岳山頂を目指すのであるが、さすがに単純な登山はしないメンバーであった。今回は西湖の岸にほど近い場所まで下ってきている「南尾根」という道なきバリエーションから登るという。先週報告の通り、登山道からでもあえいで登っただけに、どんなにきついアルバイトが待っているか、楽しみでもあったが、不安も多少あった。さらには前夜、そこそこの降雪があり、山の上部は白くなっていたのだった。
 この雪頭ヶ岳の容姿もあの恐怖の十二ヶ岳まではいかないが、上部はかなりなトンガリになっていて、相応の斜度が予想できた。久しぶりの道なき藪こぎ登山だ。

 取り付き点はどこ??と思いきや西湖キャンプ場の納屋のような所の裏斜面から登って行った。強引に尾根に取り付くべく登る。すぐに尾根の末端らしきところに出るも、それからがしばらく急登が続いた。しかし尾根が比較的平らな部分があって、先週のようながむしゃらに登るだけ・・・よりは、眼下に西湖が見えたり、背後に富士山が見えたりと、景観はなかなかだった。1183m峰少し手前から1335m峰ピークまではなかなか良い感じの尾根が続き、先週の登山道よりかなり満足できるコースを楽しんだ。しかし1335m峰から一度下ると、次なる登りは山頂まで地獄の登りとなった。
 
 とにかく斜度がすごい。斜面を歩くと言うより、3点確保で登攀する、といった感じが続いた。場所によっては露岩を回避するために回り込んだりするのだが、トラバースが悪かったりで、結構緊張した。急峻な斜面は一部泥壁になり、悪いことに雪が結構付いている、泥と雪のミックスだ!!急峻な中、アリ地獄のごとく足を取られ、滑り落ちたらかなり下まで・・・みたいなところも登らなければならず久しぶりに緊張した。メンバーからはストックをピッケル替わりに挿して支点を作ると多少安全に登れる・・・とのアドバイスをいただき、リュックに挿してしまっていたストックを、一番短い状態で、泥壁に挿し支点とした。沢の泥壁などで使うテクニック?の指を泥の中に挿しこんで支点にすることも行った。でないと本当につかまる物が何も無く、5メートルくらいの急斜面なのだが、落ちたらアウトみたいなところで、手袋は泥だらけ、雪もベッタリ付いて、手が超寒くなって泣きそうだった。
 でも、こういった地獄の急斜面突破も、どんどんと高度が稼げるので、意外や山頂の景色も早いペースで眼前に近づいてくる。

 後日談・・・・
 この時の手袋・・・山頂で違うのに取り換えたが、自宅に戻り、洗濯機に入れ洗う前に泥除去の為すすいだのであるが、洗面器で水換え5回目でも泥が出てきた。必死に泥壁と格闘した様子が改めて判った次第である(苦笑)。



 今ではすっかりきれいになった手袋、モンベル製。



平坦な歩き安い場所もありました。



だんだんと急傾斜になります。



この辺は全身運動です!!


 あと山頂まで一息・・・みたいな急斜面では、バラ科のトゲトゲの樹木が行く手を阻んだ。何しろつかもうとする木のほとんどがトゲトゲの木なのである。それもかなりな密度で茂っていた。あとで見ると、管理人の手首はトゲで挿したのか、傷だらけになっていた。そのイバラノ道を乗り越えると、先週のんびりマッタリした、雪頭ヶ岳の草原に飛び出した。例の山頂標識も見ることが出来た。
 この日も富士山はピーカンの中、堂々と鎮座していた。管理人だったら時間は早いが、ここでお弁当でも・・・となるのだが、やはり硬派の山岳パーティだ。写真を数枚撮るとすぐに次なる鬼ヶ岳山頂に移動した。さらにこの山頂もすぐに移動し、結局鍵掛峠にて昼を迎えたので、富士山が良く見える日だまりで昼食となった。

 同じ山でも、緊張感溢れるルートから登ると、これほどまでの達成感を感じるんだな!!と、おさぼりぎみであった管理人の体にムチが入り、久しぶりに充実した登山となった。これで次の週末は八ヶ岳にて雪山装備確認、ピッケルワーク確認、はたまた雪道歩きの実践をし、目指せ甲斐駒ヶ岳!!となれるよう、決意も新たにした管理人だった。


雪頭ヶ岳山頂より見る、西湖越しの富士山。


山頂周辺は雪も多く、ノーアイゼンで緊張した。
ちなみに6本爪は持っていたが装着はしなかった。





日 時  2017.12.09(土)無風・快晴

山 域  御坂山塊・鬼ヶ岳(1738m)南尾根

タイム  根場(ねんば)魚眠荘発7:30-標高点1138-三角点1334.9m-鬼の壁9:22-お花畑下9:57ー一般道―雪頭ヶ岳展望台―鬼ヶ岳10:05-鍵掛峠(昼食)11:10~49-根場12:59

標高差 根場約900m~鬼ヶ岳1738m=約838m

出典元:Gリーダーより




すべての写真を見る




TOPへ