大阪・うな丼探険 と 紅葉の高尾山散策
2017年 11月24日~26日

大阪・御堂筋近くにある「吉寅」に行ってきました。


 先週も山歩きはせず、鳴沢村にて過ごしていた管理人。今週は金曜日に休日を取れば、なんと4連休も可能な飛び石だ。しかしながらこのシーズンは4連休で行くような山はすでに小屋が閉まっている可能性もあり、あまり山の遠出も出来ない、中途半端なシーズンだ。確か雁坂小屋も、この連休で小屋閉めと言っていた。知り合いの小屋お手伝いメンバーが打ち上げ兼ね、雁坂に集うようだ。

 そんな中、木曜日・勤労感謝の日出発にて、家族2人は大阪に向け出かけて行った。家内は土曜日に西宮に用事があり、息子も仕事関連で大阪出張・・・。たまたま息子は淀屋橋に大阪にて仕事展開していた時のオフィスを未だに借りており、そこの掃除兼ね家内も早めに出発した様だった。宿泊はこのマンション造りのオフィスにごろ寝である。東京から寝具も今後含め送った様だ。
 管理人はというと、先週鳴沢村山荘にて、虫退治にバルサンを焚き、締め切ったままで帰って来たので、様子を見に日帰りで山荘に向かった。冬ごもりで壁の隙間などで寝る準備をしていたてんとう虫、カメムシなど燻されて外に出て来て結構な数が死んでいた。これでソファの家ダニも退治できていれば良いのだが・・・、ソファーに入念に掃除機をかけ、東京に戻った。

 翌日の金曜日夕方、仕事が終了するやいなや即刻大阪に向う管理人の姿が東京駅にあった!!「家族でたまには大阪で食事を・・・」なぞというグルメな嬉しい誘いにこちらも燻し出され、息子が昔から「鰻だったらココが大阪一美味しい!!」と謳っていた「吉寅」に予約を入れ案内してくれたのだ。



店に入るまでの粋な路地を進む。



しっかり焼き目がついた鰻!!絶品。


 
う巻きもなかなか!!この冷酒(大)は2合で純米酒、たぶん。
なかなか美味しい酒でした・・・安い。東京だと1合の金額かな。


 

店の暖簾をくぐる管理人と息子(右)


 ここの鰻は江戸前風とのこと。最近管理人は前週にも掲載の通り、鰻に若干であるがはまっている。少々高額のお料理だから、ラーメンを食べるがごとく頻繁には通うことは出来ないが、なかなか奥の深い食べ物の1つと思うようになった。ココに公開していなかった、管理人の管理用の過去に行った鰻店のライブラリーがある。まだまだいくらも無いが、こんな店に行って鰻を楽しんでいる。年号が無い店は、30歳台に仕事で行ったり、山に行った帰りに寄ったりと、そんな古い時代に行った店を思い出し掲載してみた。
後日談・・・なんと25日あたりから偶然にも姉さんがすぐ近くにいたのをツイッターで知った。ビックリ!!

 ところでこの「吉寅」の鰻・・・ビックリするくらいにしっかり焼き目が付いていながら、うなぎ自体はふわふわで、この絶妙なバランスに最高得点を付けたいくらいに感激した。(焼き目を付けすぎると鰻って硬くなります。これがいい具合なんです。)また鰻の厚みもあり、鰻の味わい、たれのバランスも他には無い、驚きの風格を持っていた。そんなこんなの大阪うなぎ探険。翌日は前夜マンションでも大阪の夜景見ながら、ちと調子に乗って飲んだせいか、眠い目をこすりながら西宮に付き合い、一人夕方の新幹線で帰宅した。いくつになっても息子はわが子で、子離れしない家内は、さらに一泊し洗濯、掃除などしている様だった。
 東京に着いた管理人はと言えば、オラァ~(ヨンパパさん風に)江戸っ子だぞ~!!と言わんばかりに、一人自由の身、品川で夕食代わりに江戸前寿司を食べた。カウンターの隣で外人さんが慣れない手つきで、箸で寿司を食べていたのが、興味深かった。管理人と同じ左利きだった。



日曜日は紅葉撮影に高尾山へ


  追って高尾山編等含め加筆・修正いたします。まずはアップいたしますね!!
 でも・・・いまさら高尾山あまり書くことあまりありませんが、先月雑誌ヤマケイにも特集が組まれたせいか、過去知っている5本指には入る混みようでした。管理人、自慢では無いですが、自慢かな(笑)・・・高尾山は過去300回くらい登っています。トレーニングメインですが。(仕事を独立し時間的に自由がきいた頃、週に3~4回は空いた時間に必ず高尾山を2時間くらい速足で歩きました。2年続けたのでそんな回数になります。)

 後日以下を加筆しました。(11月30日)
 天気も最高だった11月26日、まずは過去になかった経験・・・高尾山口のホームから改札口に降りる階段が、渋滞でしばらく待たないと降りることが出来ないほど、人が多かった。今まではそれなりに多くても流れたが、今回は渋滞であった。もちろん構外に出ても写真のごとく人だらけ!!ケーブルカー乗車待ちもリフト含め長蛇の列。待っている間に歩けば山頂についてしまうだろう。
 1号路(舗装路のメイン登山道)はものすごい人だった。でもさすがに6号路、琵琶滝コースなど、本格登山道にはいつもながら・・・むしろいつもより少なめで、静かな中での山歩き、撮影が出来た。なお6号路は混雑時期は登りの一方通行になるので下山路に計画する場合は、確認が必要だ。11月26日までは登り専用路になっていた。紅葉も終盤だったが楽しむことが出来、帰路餃子で生ビール、のんびりと近場での休日を楽しんだ。今週末は、鳴沢村山荘にて保管している、冬用タイヤに交換に行く予定である。ついでに富士山がきれいならば、年賀状用の写真を撮りに軽く登山を予定している。




すべての写真を見る



TOPへ