御坂山地西部地区・王岳登山報告。
2017年 9月9日

秋の涼風そよぐ中、王岳を目指しました。根場の里登山口にて。


 今年の8月は本当に雨ばかりで、行動をおこしたくとも、天候不順でやる気をそがれる日が続いた。やっとお盆休みに甲武信小屋へ行くことは出来たが、ガスガスでこの時もまったく景色には出会えなかった。そんなこんなで本格的な夏向けの山遊びが出来ないまま、あっという間に秋が訪れてしまった。

 今回は甲武信以来の山旅で、足も多少鈍ってきているかな??と思いつつも、キノコを探しながら、最近通っている御坂山地での未踏峰、「王岳・1623m」を目指すことにした。この界隈の山名は面白い。王様がいて鬼がいて、金があって、さらに十二ヶ岳という山頂が12ピークも連なる山がある。そして毛の無い山があったりとか、本当にユニークなエリアだ。

 ところでこの御坂山地であるが、標高の似た山々が連なる、奥多摩・石尾根(・・・雲取山から奥多摩駅まで続く奥多摩の主尾根)と比較すると、この御坂尾根は似て非なる怖い尾根なのである。1500~1700mクラスの山頂を持つこの御坂山地の主尾根は、高さ的には石尾根に似ているのだが、危なげな怖いところが随所にあるのだ。石尾根はすべての区間、ピクニック気分で鼻歌まじりで歩けるのだが、ここはそうはいかなかった。まずは全体的に尾根が痩せ、両側が切れ落ちている所がある。さらに片方がすっぱり切れ落ちていたり・・・脇が崖のような岩登りがあったり、細く狭い中での急傾斜だったり、と今回も鼻歌は出ず、冷や汗が出るシーンが結構あった。つまずいて、つんのめれば間違いなく数百メートル滑落し、死んでしまうような場所が多々あるのだ。最近は歳でバランスが悪くなったから余計にそう思うのかも知れない。石尾根は少なくともつんのめっても死ぬようなところは無い。ふと・・・槍ヶ岳から北穂、奥穂から西穂、なんて今では間違いなく歩けないし、途中ビビって進退きわまるだろうな・・・なんて思い苦笑した。ここ御坂の十二ヶ岳も冬はメチャ怖かったのが懐かしい。
 そんな見た目・イメージは容易そうで、実際行ってみると緊張する御坂山地、今回は晴天予報に期待し、西湖にある根場(ねんば)の里に向かった。


早朝の西湖。この日もすっきりと晴れない朝であった。



根場の里にある広大な駐車場。一番乗り。


 9月8日金曜日は、長年お世話になった方の、送別会が芝・大門で開催された。翌朝は早いから抑えて・・・と思いきや、JAPANESE酒がけっこう入ってしまい、結局寝たのは23時半。こりゃ明日は無理かな・・・と一瞬思ったが、久しぶりの晴れ予報と、秋らしくなったこの季節にどうしても山に行きたく、朝4時にはきちんと起床した。山への思いが怠惰な二日酔い休日に勝ったのだった!!いつもは八王子までは下道なのだが、今回は時間短縮の為、調布から高速に乗った。久しぶりの土日の晴れ予報なので、車も相当出るだろうと予測し、早めに高速に。やはり正解で朝には相当な長さの渋滞が下り線で発生したようだった。

 行き先は以前鬼ヶ岳に登った時に止めた根場(ねんば)の里駐車場。ここは信じられないくらいに広い駐車場で、オートキャンプ場をも連想させる気持ちの良いパーキングだ。すぐ脇に登山標識はあり(このHP一枚目の写真)、右に行くと鍵掛峠、今回は下山路として使うコースだ。今回は始めて歩く、王岳に向けた道を直進した。

 林道入り口にはきれいな待宵草が咲いていて、本来すぐ脇に富士山が見えるはずであるが、今朝も雲の中。せっかくの待宵草と富士山のコラボはお預けとなってしまった。しばらくは林道を歩いた。人があまり入らないせいか、ススキが道に覆いかぶさり、藪こぎ的なところもあるスタートとなった。しかし少し行くと道は開け、気持ちの良い林道歩きになった。
 



ススキの穂にまじって待宵草が可憐に咲いていました。



整備はあまり??であるがしばらく舗装された林道を行きます。



ここが林道終点。これより登山道になりました。



ここより登山道になります。



山頂直下のササ藪地帯は悪かったです!!もっと狭くなります。


 主稜線に向けての登山道は、ここも上手にジグザグに道が付けられ、良い感じで登ることが出来た。キノコはまったく見当たらない。しかし支尾根に出てから山頂までの標高差100mがとっても悪かった。これは登山道が雨後?でぐずっていたことにも起因するのだが、クマ笹がひどく、狭い道を覆い隠し、はたまたその狭い道がめちゃ滑る!!そして場所によっては片側が切れて落ちているのだ。クマ笹につかまりながら、滑落しないように丁寧に登った。笹に付いた水滴を浴び、ズボンはべちょべちょになった。でもこれがまた気持ち良いのだ!!

今回のコースタイム
根場の里P発7:10-林道終点7:50-主尾根8:20-山頂9:06-15分休憩-鍵掛10:00-鍵掛峠分岐10:15-林道着11:05-根場の里11:15



山頂手前の登山道です。この奥が山頂!!



到着しました。御坂山地・王岳!!



これで残り2座・・・節刀ヶ岳と破風山残し。



この日は富士山はほとんどダメ。やっと西湖と河口湖が見えてきました。


 この日山頂に立った時は、まだまだガスっていて、景色も下界がぼんやり、、、でも時間と共に晴れ間も出て、下山頃には暑くなってきた。結局富士山は1日通し見えずじまいだった。
 そうそう1つ報告。帰路、鍵掛峠にて主尾根とお別れし、分岐を右手にルートを取り、根場に降りる登山道に入るのだが(前回も歩いている)、鍵掛峠と思われる最低鞍部には「鍵掛峠」という立派な道標があるだけで、道案内板が無く、あれ??峠の分岐見落としたかな??と一瞬戻ろうか思案した。前回も使った道である。しかもこの鍵掛峠道標より先に向けては一気に道は登りになっている。???あれ???分岐はどこだっけ??と一瞬頭がウニになったが、その登りを少し行ってみた。するとちょっと上部に分岐があった。見慣れた根場への下降路である。この鍵掛峠分岐は本来の最低鞍部には無いことが、王岳側から来て判った。紛らわしい事に、この最低鞍部のちょい手前に、誰かが作った変てこなお土産店?宣伝道標があるのだ。よってこの辺が分岐だったのかと、一瞬思案してしまった。最低鞍部にある「鍵掛峠」道標には「根場への分岐はこのまだ上です・・」とかあると判りやすいのに・・・と思う管理人だった。・

 結局全行程でキノコは無し。4種類くらいあったが、食べて美味しいのには出くわさなかった。下山後、根場の里を見学した。わらぶき屋根の手打ちお蕎麦屋さん発見も、喉が渇いたので早く山荘にと、買い出しを急いだ。いずれ食べてみたいものだ。バスで行っていっぱいやるのも良いなぁ・・・。
 車のすぐ近くにはススキが金色に波打つ中、背景に王岳が見えた。季節は完全に秋になっている。今年は真夏の太陽にはほとんど会っていない・・・沢登りに一回も行かない年でもあった。「年」・・・「歳」なのかも知れない・・・。
 
 買い出し後、河口湖山荘に寄った。先日購入した冷蔵庫から、文明のリキとしてのパワーをいただき、大いに活用する管理人だった。まずはメチャ冷えたビールのうまかったこと!!そしてこの日、ふんだんにある氷はアイスピックで割る本格派だった(笑)。アイスピックはダイソーで100円で購入!!氷の元になっている水は、富士山麓の天然水だ!!
 今夜はオンザロックと洒落込み、真空管アンプで久しぶりにストーンズ、「レット・イット・ブリード」を聴いた。何だかんだでサウンドが心地よく、消灯は今日も深夜だった。
 翌朝は快晴!!久しぶりに富士山が顔を出していた。
 さあ、道路が混まないうちに、街に帰ろう。



地図上の「鍵掛」は何もない小ピークだった。標識も無し。



めちゃ風情ある、石臼自家製粉手打ち蕎麦店





すべての写真を見る





TOPへ