日本200名山・三瓶山(1126m)
田中陽希さんの足跡を辿る旅。
2017年 7月22・23日

島根県太田市、世界遺産・石見銀山近くにある、三瓶山。


 ウィキペディアより・・・三瓶山に関する記述
 三瓶山は、直径約5kmのカルデラの中に主峰の男三瓶山(1126m)、女三瓶山(957m)、子三瓶山 (961m)、孫三瓶山 (907m)、太平山 (854m)、日影山 (718m) の6つの峰が室の内と呼ばれる直径約1.2kmの爆裂火口を囲んで配列しており、火口の中には室の内池と呼ばれる火口湖が存在している。太平山以外の4つの峰は、いわゆる外輪山ではなく、デイサイトからなる溶岩円頂丘(円頂丘溶岩)であり、太平山は、爆発的噴火によって吹き飛ばされた土砂と火山砕屑物が積もって出来た山である。室の内池は水深1.4m足らずの浅い池で流入する河川もなく、貧栄養池とされる。火口はこのほか奥の湯火口があり、ここに三瓶温泉の泉源がある。西の原の西側に浮布池、北の原には姫逃池がある。


 田中陽希さんとは・・・NHKが放映したグレートトラバースで活躍した、プロアドベンチャーレーサー。詳細はココ!
 その時の三瓶山の記事はココ!



到着の広島空港。晴れ、暑そう!!


 梅雨も明けた7月22日(土)、家内の実家がある島根県浜田市・・・関東の人にはなじみが薄いエリア・・・、ちょうど広島市の真北の日本海に面する町、に法事で急遽向かわねばならない事になった。法事は土曜日の11時から始まる。こちらは土曜日4時起きで京王井の頭線・高井戸駅5時発に乗り、品川経由で羽田空港に入った。出発は7時ちょうどのANA671便、広島空港行きに乗り込んだ。今回は法事と言うことで、長男も同行し広島空港からレンタカーで山陰エリアに入ろう・・・ということになり、空港で翌日夕方までの契約で、レンタカーを借りることにした。これなら、自由にいろいろなところに繰り出すことも可能になる。家内は実家の片付けもあり先に帰省していた。
 
 眠たい目をこすりながら運転し、現地にはぎりぎりの10時50分に到着した。待ってました・・・とばかりにすぐにお経が始まり、13時にはすべてが終了した。お墓では山陰地方とはいえ酷暑で、息が苦しくなるくらいに暑かった。ちなみにこちらの墓地にはお塔婆がいっさいない。浄土真宗系は無いようだが、こちらではほとんど見ないので、墓地の雰囲気が関東と少し違っている。これも地方性なのだろうか・・・?
 
 13時よりは親戚の皆さんと会食になった。こちらに来ると魚、肉、野菜と、すべてが美味しいので、管理人にとっては天国のような地である。今回の帰省目的順位1.料理屋さんでの会食、 2.山登り、温泉 3.法事 だったような気がする。本音を言ってしまって良いのやら・・・(苦笑)
 この日もお昼から素敵なお料理に舌鼓させていただいた。のどぐろという魚が有名なのだが、関東でいう一見アカムツではあるが、アカムツ以上に美味しいのは確かである。管理人も若い頃、外房で黒ムツ、赤ムツを釣ったことがある。川魚では天然のアユにうなぎ、海ではノドグロに寒ブリ、魚は本当に美味しい。

 ところで話は変わって・・・食は最高だが山に限って言えば、表現は悪いが最低な県である!!広島県と島根県、両県を境として有する、島根県最高峰は「恐羅漢山・オソラカンザン 1346m」、はたまた山全体が島根県に属する最高峰は「安蔵寺山・アゾウジヤマ 1263m」と、東京都の奥多摩にある低山よりもさらに低い山々が、最高峰なのである。奥多摩で最もポピュラーな山、川乗山ですら1363mあるし、鷹ノ巣山となれば一気に1737mもあるのだ。先日登った御坂山ですら1596mあるのを見れば、いかに中国地方の山々が低いことがわかる。 

 中国地方とは岡山、鳥取、島根、広島、山口、と五県で構成されている訳だが(意外や知らない関東圏の皆様への講習、(笑) )、百名山は鳥取県の大山一座(四国の2座にも負けている)、200名山も僅か2座と、やはり山には恵まれていないエリアなのだ。ただし、名誉の為に付け加えれば、海は素晴らしい景観で迎えてくれる。砂が真っ白で、真夏でもほとんど人がおらず、何処へ行ってもプライベートビーチなのである。あとは標高は低くても、どこへ行っても人がいない、独占的な素敵な自然が安価で味わえる。世界遺産でもある石見銀山、匹見峡、三瓶山、カヌーのメッカ江の川流域などなど・・・カヌーイスト野田さんも愛したこの川は今回通過しての三瓶旅だった。 今回はそんな希少の200名山、三瓶山に田中陽希さんの足跡を辿った。江戸からはなかなか行けないエリアでもある!!


ノドグロの煮つけ。これって美味いんだな~!!



山陰の味覚・・・刺身のお造りもいただきました!!



大好きな天然の鮎!!涙物でした!!



食べたかった鰻にも出会えました!!



リュック姿の管理人・広島空港にて。中には登山靴が!


 翌23日(日)は自由時間が取れることから、息子が気を利かせ、広島空港を19時15分発のANAに予約を入れてくれていた。そしてレンタカーということもあり、この日は各自でやりたいことが出来る休日となった。息子は温泉でボッと日頃の街での垢を落としたいようだ。こちらは島根まで来たならまずは登ることがない山に登りたい・・・と東京から荷物に登山靴を忍ばせ、リュックサックでの帰省であった。
 
 登山用品は持ってこなかった息子との希望を刷り合わせると、当初は恐羅漢山は行った経験がなかったので(安蔵寺山と三瓶山は過去に登っている)、ここにしたかったが、温泉と美味しいお蕎麦があり200名山で、表題にもある「田中陽希」さんが宿泊した宿もあるということで、三瓶温泉に行こう!!ということになった。そして登山は200名山「三瓶山 サンベサン1126m」を訪ねることとした。管理人はこれで4度目の三瓶山となる。



三瓶山周辺は本当に美しいアウトドアエリアが展開している。 



三瓶山東の原駐車場にて。アンテナ群があるのが女三瓶山



時間短縮のため、途中はリフトを使い、孫三瓶山頂に到着。今回は時計回り。



ガスって何も見えない孫三瓶山頂


 三瓶山に来ていつも思うのだが、こんな梅雨明けした真夏の日曜日なのに、このすばらしい景観の中に、とにかく人がいないのだ。東京の近郊ばかりを見ているので、こういった観光地(国立公園でもある)がまったく信じられない。静かで良いのではあるが・・・。女三瓶山取り付きまでは、観光用の(冬場はスキー場のリフト)リフトがあり、それすらも我々が行くまで、運転は止まっているのだ。我々が上部で降りると、すぐさまリフトも止まってしまった。それだけ人がいない!!
 
 家内と、息子はリフト降車場から5分のところにある見晴らし台の太平山山頂までは来たが、家族とはここで別れた。管理人はそれから一人で孫三瓶山頂まで大汗をかいて登ったが、この時間ガスで何も景色が無く、雨の心配もあったので、今回はここまでとし、田中陽希さんが登った道を下山し、宿泊した宿「湯元旅館」 を目指した。家族も皆、この宿にいるはずだった。


 湯元旅館で聞いた陽希さんの素敵な話へ続く・・・・



登山道から県道に出ると温泉の案内板が!



ここが田中陽希さんが宿泊した、秘湯・湯元旅館。


 この日、湯元旅館には、女将と若女将がいらっしゃった。すごく美人で気さくなお二人だった。メニューにあったお蕎麦は聞いてみると、手打ちの十割蕎麦という。朝、若女将が打った蕎麦との事。蕎麦粉も地元三瓶で採れたそばの実を引いて作っているそうだ。
 お風呂は二つあり、予約制で入るようだった。たまたま家内、息子の時は客はおらずすぐに入浴できたが、管理人が着いた時は、携帯電話で予約が入り、ちょうどそのお客様の入浴時間と、到着が重なった為、先に蕎麦、ビールタイムにした。その手打ち蕎麦であるが、最高に美味しかった。このような山奥で、こんなに美味しい手打ちが食べられるとは思ってもいなかった。本当に本当にお奨めのお蕎麦である!!
 
 ここから東方面に向かうと、1時間もかからずに出雲の国に入る。ここは地名からも有名な出雲蕎麦があるが、その蕎麦の質感とはまったくもって違った蕎麦だった。どちらかというと、細めで更科蕎麦風の打ち方だった。出雲蕎麦は太めの蕎麦を3段になった器で食べる、割子蕎麦になっているが、ここでは普通の蕎麦ちょこでのもてなしであった。

 島根県は昔の地方名では、西の石見地方と東の出雲地方に分かれる。その石見と出雲の境界がこの太田市の少し東側とされており、ここ三瓶の地は元来から石見地方の管轄に入る。この区分けは戦国武将の勢力図によるところが大きいようだ。管理人はこの手はあまり詳しくはないが、石見地方は山口県に拠点を持つ大内義隆氏、出雲地方は奥出雲にあった尼子経久氏の勢力圏であった。それらの文化が地区地区で継承されているのだろう。この二つの地方はまったくもって方言、言葉の言い回しも違う。広島弁、山口弁に似た石見地方に対し、出雲地方は松本清張先生の書かれた砂の器にあるように、ずーずー弁、すなわち東北弁に似ているのだ。それだけここは近くともまったく文化圏のちがう街なのである。
 たださらに1つ忘れてならないのが、ここ三瓶は石見銀山を有し、当時は幕府の直轄地、天領となったために、さらなるまったく違う文化が移入した地なのかも知れない。蕎麦の打ち方1つで色々な思いをめぐらす事が出来るのが旅の面白さだ。


三瓶山そばMAP。クリックで拡大表示!



おせいじ抜きに美味しかった十割手打ちそば。



含塩化土類食塩泉の赤っぽい湯。秋山郷の湯がこんなだった!



田中陽希さんが書かれたサインイラスト。


 ところで笑顔の可愛い若女将がお話ししてくださったのであるが、陽希さんが宿泊した日のエピソードは以下の通りだ。

 200名山も三瓶山を含めあと9座となった12月、突然1本の電話があったそうな・・・。「もしもし、田中と申しますが、12月3日頃は宿泊出来ますでしょうか?」女将は深くは考えずに宿泊出来る旨をお伝えし、数日後の予約日に客の到着を待った。すると、なんと来たお客様の田中様は田中陽希さんで、それも一人で、、、腰を抜かすほどビックリしたそうな!情報では近いうち三瓶山に来ることは知っていたが、まさか「田中と申します・・・」と電話があり、ここに宿泊することは事前からも何も情報も無いし、突然の出来事で本当に驚きました・・・とのこと。しかもNHK撮影クルーは誰一人同伴はいなかったそうな。スタッフは太田市のホテル泊だったようだ。これを聞いて思ったが、あの撮影は本当に陽希氏ご本人が主体で、なるべくスタッフは手出ししなかった事実を、改めて知ることが出来、管理人もすばらしい情報が聞けたな、と大満足であった。
 陽希氏も誰もいない静かな秘湯に大満足だった様だ。ちなみに三瓶温泉の泉質は含塩化土類食塩泉 と言って鉄分を多く含む、赤い色をした湯である。そして源泉温度が低く、宿の湯船にては35℃~37℃くらいしか無い。今回の様な真夏は良いのだが、冬場はこれでは寒いので、大きい方の風呂だけは、加温しているそうだ。そんな中、陽希さんは、加温した浴場に入った後、手を加えていない、源泉かけ流し、35℃の風呂にもしばらく入っていたそう。冬であるともっと低い温度だったかも知れない。

 そんな素敵な突然の宿泊にお互いにビックリと、大満足の一夜であったようで、こんな素敵なイラストも残してくれたのだろう。ちなみに、三瓶山は登ったらお鉢周りを勧めたのはここの女将で、それをした事により、山頂で待ち受けるファンをだいぶ待たせてしまったようだ。
 そんなこんなでこの湯元旅館での時間は大変に有意義な物になった。蕎麦ランキングもトップ5指に入ったのは間違いない!!もう山陰へは滅多には行くことは無いと思うが、これからも是非三瓶の秘湯を守り続けていただきたい。

 ・・・こうして充実した山陰の旅は、広島空港での広島流お好み焼きで総仕上げとし、大満足の中、無事終了した。 
 
 注釈:広島であのお好み焼きを食べる場合は「広島お好み焼き」ではなく「広島お好み焼き」という表現が正しいらしい。以前食べながら広島人に説明された。(苦笑)


すべての写真を見る





TOPへ