新潟山菜合宿 with 川越渓美隊

2017年 5月6・7日
新潟県での山菜合宿。山ウドを採っている風景。


 今年も川越渓美隊主催の、新潟県での山菜採り合宿に参加させていただいた。以前このHPでもご紹介の通り、この隊とは2007年、渓流釣りの大御所が主催した沼田での新年会にて、偶然にもお会いしていた。その後ひょんなご縁で、いろいろな企画に参加させていただいている。 

 管理人もそうなのであるが、どのグループもだいたい1年間を通した計画は毎年似ているようだ。こちら川越渓美隊のメインは「源流で岩魚を釣る会」だそうであるが、テンカラ(毛バリ釣り)で行う彼らの漁期は意外や短い。通常は3月1日に解禁となり、9月30日で漁期終了、というのが全国のだいたいのパタンである。しかしこのテンカラ釣りに魚が反応するのは5月下旬頃からなので、実質の漁期は4ヵ月くらいしかないのだ。奥地はそれ以前は雪に閉ざされているのも要因である。
 そうなるとそれ以外の8ヶ月間は本命の釣りが出来ないので、皆で違う遊びを見つけねばならない。そんな彼らの年間を通した企画、スケジュールだが、冬期は雪山登山に、スキー合宿。春になると七峰縦走トレーニング、GWの残雪北アルプス登山、山菜合宿。それが終了するといよいよ本番の源流の岩魚釣りに突入だ。秋~雪が降るまではあまりやることも少なくなり、キノコ合宿、無雪期の登山で体力作り・・・あと随所に街での宴会が盛り込まれているようだ(笑)・・・というのが毎年のパタンになっている。
 そんな1年のローテーション中での今回の山菜合宿。皆さんに日頃鍛えた体力と、自然を見る眼力を駆使していただき、土地勘の無い自分でも、沢山の山菜に出会えるこの合宿を、家内含め、毎年楽しみにしている。春本番を満喫するすばらしい行事なのだ。

 今年は例年より1週早い5月6日に行われたが、今年は時期的にはピッタリで、すばらしい若芽が沢山採取出来た。川越隊の皆様に感謝・感謝の楽しい休日でありました。なお、今までは魚釣り企画は参加しませんでしたが、6月の1度だけは参加する予定で、テンカラの練習などをしている私でございました!!



美味しそうなコシアブラ若芽!!



ミツバアケビ新芽(別名:木の芽)の巣ごもり。この辺りでは有名料理です。



川越渓美隊とその仲間の皆さん。


すべての写真を見る





TOPへ