冬用タイヤ交換と雪頭ヶ岳撮影登山
2017年 12月2日~3日

雪頭ヶ岳山頂よりの西湖越しの富士山!!
日本一の富士山絶景ポイントと勝手に思っている(笑)


 今年の5月27日、このHPにてもすでに報告の通り、意外な名峰だった御坂山塊・鬼ヶ岳、雪頭ヶ岳登山で景色にめちゃ感激!!年内にもう一度富士山に雪が沢山付いた時にここを再訪しようと、心に決めていた。この時の登山ルートは、根場-鍵掛峠-鬼ヶ岳-雪頭ヶ岳-根場であり、雪頭ヶ岳から根場までを下りのルートでとった。この時、下り時ではよくこんな思いに駆られる事が多いのだが、「このルートは間違っても登りでは使いたくないな!!」と、思ったほど急勾配が延々と続くコースだったのだ。要するにここを登るとなると、さぞきついだろうな・・・と思いつつ、今回は根場より雪頭ヶ岳に向け、最短での直接向かう、前回の逆コースを辿ることとした。



タイヤ交換をしてくださるN氏。



薪ストーブで焼いた焼き芋。これがうまいのです!!


 12月2日(土)、天気予報は土曜日は晴れ時々曇り、そして翌日の日曜日は晴れのち曇りであった。イメージ的には土曜日の方が天気が良く、富士山もばっちり見えるかと思いきや、鳴沢村の土曜日はほとんど1日曇り空で、富士山はまったく拝むことが出来ず、山荘脇にそびえるはずの富士山はまったく見ることが出来なかった。今回登山予定の雪頭ヶ岳は富士山が見えなければ、何も取り柄のない山であったので、この日の登山は中止とし、翌日日曜日に勝負をかけることにした。(・・・失礼・・・何も取り柄の無い山では決して無いですね。辛い苦しい登り訓練・足腰訓練の山として、トレーニングには最適の山かもです。)

 よって土曜日に、山荘にて保管しているスタッドレスに履き替える作業を朝から行った。車に付属の貧弱な工具で、前輪の2本をやっとこ交換し終えた時に、山荘全体を管理してくださっている(ここのエリアに永住されている)N氏がお越しくださり、N氏所有のプロ並みの交換設備で、後輪を手際よく交換してくださった。感謝に堪えない、ありがとうございました。 



翌日の日曜日、雪頭ヶ岳へ向かいました。



最初は杉林の中を登ります。



 途中お隣の鬼ヶ岳を左に見ます。



 もう少しか・・と思いきやまだまだ支尾根の登りが・・・



 山頂直下ではロープ場も。


 翌日の日曜日は、めちゃくちゃに晴れた。快晴だ。ラッキー!!とばかりに8時過ぎ山荘を出発、登山口西湖の畔にある、根場に向かった。今回はピストンなので、車は入れるまで林道を行き、大きな堰堤脇に止めた。
 最初の1時間は杉林の中を九十九折れで登る。途中、突然杉が終わり、唐松林に植生が変わった。ここからがやはり長かった。とにかく平坦な道が無い。最後まで登り一辺倒だ。本栖湖の毛無山に似ている。でも背後、右横には常に富士山がそびえており、景色は途中でもそこそこ良いので気が晴れる。
 こちらも先週はなんちゃって高尾山だったし、本格的な急登は久しぶりだ。もう牛歩で一歩一歩噛みしめて?登った。でもやっとこ辿り着いた山頂からは、日本一と思われる富士山ビューポイントを独り占め出来た。へぼカメラマンなので何枚もシャッターを切り、1合だけ日本酒で富士山に向け祝杯をあげた。ちょっと気温が上がり、カスミも出ていたが、前回の三つ峠といい最高の富士山を拝むことが出来た。また、12月8日にオープンを迎えるフジテンスキー場も整備が進み、人口降雪機により、向かって左の一番オーソドックスなコースだけは、ゲレンデ全体が雪で白く覆われていた。
 本日12月4日月曜日夕刻、とりあえず筋肉痛、家ダニ被害、共に発生はしていない。やれやれ・・・。そんなこんなで、最高の天気の中、師走最初の休日は帰路渋滞もあまり無く、無事終了した。

 雪頭ヶ岳データ 大堰堤脇P 標高930m 山頂 標高1730m 標高差800mでした。直線距離 約1.8km やはりきつい山ですね!! (ちなみにあのきつい本栖湖毛無山・過去データより・・・約1.9kmの直線距離で1080m登っていました。) 


 写真をクリックで拡大表示します。


河口湖、奥に山中湖を望む。写真クリックにて拡大表示。
カメラ:ソニーα550/Distagon T* 24mm F2




TOPへ