丹沢・六峰縦走 高取山ハイキング
2017年4月23日



 ハイキング前夜、4月22日(土)17時~、埼玉県の寄居町にある、とあるホルモン屋さんで川越渓美隊主催の、七峰縦走前夜祭がとりおこなわれていた。当初は前夜祭含め、七峰縦走も参加予定であったが、22日の日、幼なじみのお母様の四十九日の法要出席があることをすっかり忘れていた。そこで今年から参加賞も無くなってしまった七峰縦走は今回欠席し、日曜日に丹沢を歩くことに計画を変更した。
 
 前夜、けっこうな雨が降ったが、23日(日)は朝から雨は上がり、雨上がりの素敵な春本番の休日となった。天気予報によると、来週GWは一応晴れの様で、20キロの荷を背負って、涸沢まで歩ける筋力を作っておかねばならない。先週の黒岳登山では、水曜日まで極度の筋肉痛に襲われ、歩くのが困難なほどであった。そして今週、ハイキングと銘打ってはいたが、高取山(556m)への最後の登り、標高差約250mは、足の疲れがまだ取れておらず、またまた牛歩になってしまった。途中、キンランが咲いていたようで、それを写真に収め、見せて下さった70歳代の先輩山ガールさんにも抜かれる有様。あの山ガールさん、ソロだし、早いし、植物詳しいし、きっと元山岳部だったのかな・・・?なんて想像しながら登る管理人だった。



小田急線秦野駅下車、20分ほどで登山口です。




この山頂から弘法山まではすばらしいハイキングコースです。




花を愛でながら歩きました。




野生に咲くジュウニヒトエ。




ちなみに4月24日朝、庭に咲くジュウニヒトエ。
1株買った苗ががこんなに増えました!!



4月23日朝7時8分、新宿発の小田急線急行に下北沢駅より乗車。8時13分秦野駅到着。今回は駅から約20分先にある、弘法山公園登山口より登り、高取山(556m)を目指す。ちょうど高尾山くらいの山であるが、なめてかかったら、もう息絶え絶えでの登頂だった。

 途中、浅間山、権現山、弘法山、念仏山、そして高取山、聖峰、などの六つのピークを経由するので、当日埼玉で行われるイベントをもじって、六峰縦走と名付けた。浅間山から弘法山までは、なだらかで桜の季節は最高の公園になっていた。春の草花も多く、ホタルカズラ、ヤマザクラ、アヤメ、シャガ、スミレ、ジュウニヒトエ、ヘビイチゴ、テンナンショウなどなど目を楽しませてくれた。先にも報告したが、キンランも自生していたようで、写真で確認した。ちょうど開花数日前のつぼみの状態だった。丹沢の里山にもキンランが自生している事実を知って、大変に嬉しく思った。

 この日は全体的に気温が低く肌寒いくらいだったが、大汗かきながら11時チョイ過ぎに高取山に登頂。ハンバーグを焼いて、チーズをつまみにウイスキーをチビリチビリやった。山頂はあまり景色は無かったが、大山が目の前にきれいに見えた。帰路、聖峰に下山する途中から南側が開け、神奈川県南部が一望できる圧巻の景色に出合えた。この日はなんだかんだで15時近くまで歩くことになった。鶴巻温泉駅を目指し、登山道終了後、GPSで最短の農道?のようなところを歩くも、町に出てから駅までの距離が結構あり、1時間くらいを要してしまった。下山後、街のお蕎麦屋さんで軽く飲み、春本番の素敵な山里の風景を思い出に、帰宅の途に就く管理人だった。

 本日月曜日、かなりきつい登りを牛歩で登った割には、筋肉痛は出ていない。これなら涸沢に向け、なんとか20キロも背負えるかな??と気合を新たに入れる管理人でした!!さあ、今晩位から準備に入ろうか・・・。




権現山-弘法山間は桜のアーチになっている。




大先輩山ガールさんに道を譲りました。汗!!




聖峰界隈で南方面が開ける。



すべての写真を見る






TOPへ