富嶽三十六景
天下茶屋に太宰治先生を偲んで。
富士河口湖町・御坂峠再訪。
2017年 7月29・30日




 2週間前、歴史がいっぱいいっぱい詰まった、御坂峠を訪れた。その日のメインの目的は、ここ一帯の山地名として「御坂山地・御坂山塊」と名がついているほどの名前の由来となっている御坂山に登頂することであった。しかし、ここの峠には古城跡があったり、登山口の天下茶屋には昭和13年に太宰治先生が3ヶ月間滞在していたとか、いにしえのロマンと文学の歴史が沢山詰まったエリアだった。そして太宰先生はここでの滞在をベースに「富嶽百景」を発表した。私も購入し早速に読んだ。短編だったからあっという間では読めたが、けっこう歳のせいか判らないが感動もした。

 私の今回の御坂峠再訪は、偶然にもこんな著名な方が滞在していたのか・・という、天下茶屋への興味だけではなかった。
 実は10数年ほど前になるが、まだまだ仕事が現役で忙しい頃、ある企業からカレンダーの制作をお願いされた。コンペではあったが、最終的には私の手で制作することが出来た。その時プレゼンしたカレンダー2種は、1つが「富士山の四季」、もう1つが「歴史ある峠の四季」を題材とした。この二つのテーマに担当者はかなりな興味を抱いて下さり、テーマの企画書だけで、カンプ提出は無しで、採用して下さったのだ。結局、豊富にレンタルポジなどが揃っている「富士山の四季」で完成したが、当時担当者には「1年かけて、有名な峠を巡り四季それぞれの写真を撮りたいのです!!」なんて生意気な話をしたことがあった。
 そんな訳で、今回の御坂峠は富士山に抱かれ、若い頃の私の思いを二つ合わせて、ビジュアルにて見事に演出してくれる場所であったのだ。
 
 話は戻るが、そもそも私は理系タイプで美術アーティスト系、文学青年では無かった。太宰先生作品に限っては、若い頃人間失格、斜陽、などの代表作は読んでいたが、若い頃の記憶としては、あまり好きになれなかったように感じている。それ以来太宰先生の本はほとんど読んだことがなかった。
 学生時代に北海道出身の知り合いになった友人が、高校3年の時、太宰先生にはまり、高校の3階の教室から飛び降り自殺まで図ったが、地面は厚い雪に覆われており、死には至らなかったそうだった。当時は飲み会の席での笑い話的話題であったが、本人を目の前にし、同じ高校のクラスメイトだった友人がマジ顔で言うのだから、まんざらジョークだけの話でもなさそうだった。あの頃から、狂人的な太宰ファンは多かったようだ。私もそんな頃、読者が自殺未遂するまでに傾倒するとはどんな小説か・・・と思い読んだようである。しかし根っから楽天家の私には、異次元の思考・思想に思えたのかも知れない。
 
 しかしである。今回の富嶽百景に触れてみると、干からびたスポンジに水が染み渡るかのごとく、すんなりと脳みその中にその内容は、感動と共に染み込んでいった。
 甲州での婚約話しの出来事を始め、三つ峠登山、河口湖、富士吉田町での一夜、そして舞台になった御坂峠周辺の回顧録と、私にはなじみ深い場所での、昭和の良き時代を細かく描写、大変に興味深い昭和史の一部などを記述してくださり、短編とは言いながらも、読み応えのある小説だった。小説というより紀行私小説といった内容だ。

 先日はそんなことも知らず、天下茶屋は写真撮影のみで、早々の登山をスタートしてしまったので、今回はじっくりと天下茶屋で、太宰先生を偲びながら、真夏の涼風を肌で感じながら、ランチを楽しむ予定で三坂峠を再訪した。今回はたまたま河口湖山荘に荷物を搬入する用事もあったので、搬入終了後に峠を目指すこととした。



御坂峠・天下茶屋。昭和13年太宰先生が滞在。



聞いたところでは昭和初期から場所はまったく同じであるそうだ。



昭和13年頃の茶屋の写真。



旧御坂トンネル。






再建中の天下茶屋(昭和9年撮影)
トンネルも今のままですね!!


太宰治著:富嶽百景より・・・
 「ここから見た富士はむかしから富士三景の一つにかぞえられているのだそうであるが、私は、あまり好かなかった。好かないばかりか、軽蔑さえした。あまりにもおあつらえむきの富士である。・・・中略・・・これはまるで風呂屋のペンキ画だ。芝居の書割だ。どうにも注文通りの景色で、私は恥ずかしくてならなかった」 ・・・

 今回は富士山が一番良く見える席に陣取り、お酒と食事をいただいた。この日は生憎の天気で雨こそは降っていなかったが、富士山は見ることが出来なかった。
 天下茶屋の二階には、太宰先生の使っていた火鉢とか、昔の写真が展示され、マニアには稀少な資料なども展示されていた。
 太宰先生は、あの当時からなかなかのイケメンオヤジで、さすがに女子とのご縁も豊富・・・でも、僕流に言わせればへたれオヤジだ。いつも頭の中は死ぬことばかり・・・それもソロでは死ねない、女子同伴でないと死ねない、重症なへたれだと思った!!ソロの山屋としては、いつでもソロで山で死ぬ覚悟は出来ている!!(苦笑)

 いろいろとその後、書物やネットを読んでみると、昭和23年享年39歳、「愛人・山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺」というのが定説であるが、当時現場検証をした、現在の三鷹警察では、太宰治先生は、死ぬつもりはなく、岸に上がろうともがいた跡があったようだ・・・と何かに書いてあった。やはり最後までへたれオヤジで、女子だけを先に逝かしてしまう、そんな思いの中での自殺劇で、今回は予期せず本当に玉川上水土手?を滑落、遭難死してしまったのかも知れない。玉川上水は私の散歩コースでもある。三鷹辺りたりに点在する資料館、墓地も近いので今度散策に行ってみようと思っている。

 最後に、太宰先生は何箇所富士山の名景をご覧になり、御坂峠の富士山をペンキ画と称されたかは判らないが、私なりに過去撮影した、すべて違う山からの富嶽三十六景を写真集に掲載した。プロが最高の天候を待って撮った写真と違い、行き当たりバッタリの登山途中での撮影ばかりなので、画像がイマイチ(腕もイマイチ)なのはご勘弁あれ!!どれが風呂屋のペンキ画、芝居の書割かは皆様の感性でお決めくださいませ。(苦笑)



戦後の天下茶屋・・だそうです。


太宰風地酒!!






なかなかのイケメン治先生。結婚式の写真だそうです。



この部屋からはよくペンキ画が見えました。



下の写真と同じ景色が見えます。



昔も今も同じ景色ですね。自然は変わらない!!



天下茶屋2階が太宰先生記念館になっています。


編集後記・・・
 今回富嶽百景に感動し、それ風に管理人も書いてみようと頑張ってみた。河口湖山荘では29日夜、音楽を聴きながらワインをいただくと、酔いに任せ、書いてみたいことが湧くように出てきたのだ。サウンドはこの日、小田和正さんの「マイホームタウン」が何故か心に響いた。若い頃の思い出が蘇えったのかもしれない。
 
 そこで、湧き出た内容をすべてA3ほどの紙に思うままに書き綴ってみたが、自宅に戻り読んでみるとただの酔っぱらいのたわごと・・・的な内容ばかりだった。であるからして、太宰先生も大酒のみであったようだし、旅をして環境を変えて執筆活動をされるのは理解するが、毎晩大酒飲んで、はたまた薬にも手を出していた事を、文中で告白しているのだから、旅に出てもこれでは良い小説は書けないと思った。たぶん名作は、酒が入っていない時に書いたものと勝手に解釈した。この名著「富嶽百景」も解説によると、前半は甲府にて、後半は引っ越しした東京の御崎町新居住まいで執筆、完成したとあった。 


富嶽三十六景色写真集はこちらをクリックしてください。





TOPへ