2017年初釣行
テンカラ練習道場 in 長野
2017年 6月 3・4日

メンバー/ 師匠・ノブ隊長・佐藤くん・ゲンちゃん・オマチャン・ジュン・サトシ・管理人
氷り水のような沢を渡渉する。チベタイチベタイ!!


 今年はアウトドア遊びに、久しぶりに源流岩魚釣りを復活させようと、年初から計画をした。沢遊びのジャンルでもある源流の岩魚釣り。しかもテンカラで今年はチャレンジと、練習、ご指導を受けて今回の初挑戦となった。源流の岩魚釣りは沢登り技術、遡行技術、山奥での生活術、釣り技などなど、多義にわたる経験が必要で、沢登り以上に楽しめるジャンルであると、再認識した次第だった。
 奥秩父方面なら何となく釣れそうな沢は判るのだが、今回はテンカラのご指導を受ける意味もあり、源流釣りの会、お馴染み「川越渓美隊」開催の、泊りでの渓奥地へ向けた初釣行に同行させていただいた。この隊とはHP内でもご紹介の通り、よく山遊び企画に合流させていただいているが、本命の岩魚釣り参加は、2回目と少ない。それだけ管理人は魚釣りからは遠ざかっていた。

 今年は残雪がどこのエリアでも多いようで、ここ長野県東部でも同様であった。本来5月最終週に予定していたが、残雪、雪渓の影響が残り、6月の1週目のアタックとなった。でも幸いなことに、こういった奥地では山菜もちょうど旬の頃を迎え、山菜にキノコ、そして岩魚、焚火、と三拍子も四拍子も揃った、すばらしい山旅となった。



美味しそうなウドゲットにニンマリのオマチャン!!



ちょうど食べ頃のコシアブラも大漁でした。



さらには春キノコ、ナラタケとヒラタケもゲット出来ました。



大きく崩壊した雪渓ブロックを越えてゆく。



 6月3日、林道の車止めには午前0時頃到着した。管理人の車に同乗してくれた佐藤くん、ゲンチャンとは東武東上線和光市駅で待ち合わせた。3人でワイン、ビールで軽く前夜祭を行った。起床は4時、出発は5時前・・・という計画だ。あまり深酒は出来ない。午前1時頃、隊長の乗った車が到着した。この日、(結果的に2日間ずっと)寒気が入り込み、外気温もめちゃくちゃ低かった。よって外での合同前夜祭開催も無く、健全な朝を迎えることが出来た。(ちなみに管理人所有の温度計で、日中10度、明け方は3度であった。日中の10度は氷り水の様な沢に浸かる関係もあり、とにかく寒かった。)

 雨予報ではあったが、雨は降っていない。明るくなると共に支度をし、林道歩き3時間半の沢の奥地を目指した。歩きに没頭すれば、3時間弱のコースタイムだが、宴会用の食材、山菜、キノコを探しながらの山歩きなので、多少の時間が加算された。また、途中通過の雪渓処理も、行ってみないとそこを越す時間が見えない。でも、お陰様で雪渓通過もそれほど大変ではなく、今回は3時間半で目的地に到着した。一応簡易的なアイゼン、中にはピッケル持参者もいたが、使用することなく、通過できた。

 杣道終了後、テンバまで行くにはいよいよ沢を渡渉するのだが、これが冷たいこと冷たいこと!!氷り水に浸かっているようで、1分もすると足先が悲鳴をあげていた。つくずくネオプレンのソックス+ネオプレンタイツで来れば良かった・・・と後悔した。到着後、タープを張る係り、マキを集める係りに分かれ、手際よく事を進めていった。

 でもってこれらが終了すると、本命の岩魚釣りとなる。管理人のへぼテンカラには何もかからなかった。そもそもラインもうまく飛んでいない。そんな中、ゲンチャンがルアーで初の獲物を仕留めたのが見えた。次はノブ隊長が尺近いのをかける瞬間から、取り込みの方法までを、じっくりと拝見させていただき、見事なもんだな~!!と感心する管理人だった。でもってスタートし30分、すでに管理人はここで寒さにめげてしまい、一人焚き火係りとしての大儀を作り、テンバに戻ってしまった。実は早くも寒くてガソリンが切れてしまったのだ。この寒さの中、戻ってくる隊員に少しでも暖を・・・と思い、頑張って焚き火をつけた。こちらも新緑の青葉と、焚き火の炎の見事なコントラストを見ながら、ワインをいただいた。美味しかった!!この日は悲しいかな、まだ釣り人にはなり切れなかった。



ルアーで初ヒットに満面の笑みのゲンチャン。



頑張って焚き火準備中の管理人。



採取したキノコを洗って下準備も。


 午後になると隊長チームが戻ってきた。釣果は??支流に入り、なんと入れ食い・・・だったそうな。沢山の岩魚を持って帰ってきた。腕が良い皆さんだから当然なのだが、めげずに行っていればヘボな管理人にも釣れたらしい(涙)。でも寒くてウイスキーの熱燗が脳裏に浮かんだ瞬間に、早々に焚き火係りという大儀のもと、こちらを選択してしまった。人様が釣った岩魚くんを見ているだけでも、幸せな管理人だった!!
 
 それからしばらくして、佐藤ちゃん組も戻り、大きな岩魚をこちらも沢山持って帰った。これで今晩は、岩魚、山菜、キノコで最高の宴に突入できることになった。管理人もこれだけ沢山の食材を現地調達で行える宴会は久しぶりだった。さらに川越渓美隊のメンバーは皆さんこまめで、魚のさばき、調理、などなど完璧なのだ。管理人のようにいい加減な処理で、口にさえ入ればOK・・・というのとは格が違った。
 早速分担し、調理に入った。岩魚は基本的に焚き火で焼くような、素人料理はしないようだったので、一匹だけいただき、管理人用に焚き火で焼いて食べた。あとはサシミ、から揚げなどの岩魚料理が振舞われた。

 管理人は一番に沈没し、シュラフにもぐり込んだ。20数年使用している3シーズン用の羽毛シュラフ+ゴア・カバーで、この低温の中でもまったく寒くは無かったが、身全体が冷えていて、ポカポカ感は朝まで無かった。明け方多少の雨が降ったが、全体を通し、雨にたたられた・・・ということは無かった。朝食前にノブ隊長に、テンカラ振り込み指導をいただき、今後の為の勉強をさせていただいた。2日目は帰るだけで釣りは基本的に無しである。そうこうしている間に、見事なまでの朝食が準備された。本当に素晴らしいチームワークの会である。詳細は是非写真の方でご覧いただきたい。

 寒かったけど、魚の出も良かったようで、久しぶりに源流でのすばらしい時間を過ごす事ができ、ご機嫌な管理人だった。来週末は家族サービス、同じ長野県・上高地に入り、岳沢小屋(泊りはホテルだが・・・)まで登り、テラスで穂高連峰を眺めながらのお食事会を予定している。

 2017年6月8日 記 



処理した岩魚。食べない分は魚篭に入れ生かしてあります。
翌朝にはリリースいたしました。


岩魚刺身を造っているノブ隊長。



一匹だけ配給してもらい、塩焼きに。



はい、乾杯~!!管理人だけ手袋持参。正解でした!!



豪勢だった朝ごはんの一部。


すべての写真を見る





TOPへ