仏果山-半原越-経ヶ岳-半僧坊
板そば・喜右衛門
2018年 1月14日



 2018年に入り今年は毎週でも、出来るだけ足で歩く癖をつけようと、この日は日帰りでしか時間が取れなかったので、最近行き慣れてきた、丹沢方面に足を向けることにした。先週の大山からの帰りに素敵な蕎麦店「板そば 喜右衛門」に出会ってしまい、どうしてもここを再訪したかった事も、丹沢にした理由である。先週は車であったためにアルコールは一切なし。こんなすばらしいメニューを、さらには周りの皆さんの食している実際を目の当たりにし、是非次回は電車で・・・と、こんなすぐの翌週にその計画は実行された。

 丹沢で日帰り・・・なので、奥地には当然踏み込めない。そこで昨年12月に登った、仏果山を経ヶ岳含めプチ縦走をしてみることにした。この2つの山は幼少のころから登山コースとしては知っていたが、いかんせん奥多摩派であった管理人は丹沢の「た」の字も知らないくらいに、このエリアには踏み込んだことが無かった。本当にここ数年である。友人澤井くんにみやま山荘泊の丹沢山に連れて来てもらったのが、初丹沢だった。確か中学の頃、学校行事で大山に来た記憶があるが、いずれにしてもそんな程度だった。
 
 あと、趣味のアマチュア無線では、昔からこの2山山頂からはよく無線運用局の声が聞こえ、電波はすごく飛ぶ山・・・というイメージがあった。確かにこの尾根の東は、関東平野が何の障害物もなく広がっており、無線愛好家には絶好なポイントであることが判った。管理人は中学時代くらいから電気少年で、秋葉原オタクの走りだった。彡(´∀`;●)彡むろんメイドカフェトなどは無い正統派秋葉オタク時代。食べ物屋すら何も無かった秋葉原だった。あるのは電気関連のジャンク屋、電気部品屋だった。そんなオタクさんだった関係で、アマチュア無線免許は2級免許を持っている。2級とは3、4級とは異なり、講習会ではもらえない免許で、きちんとした国家試験を経て、合格するといただける免許である。モールス信号の受信(ヒアリング)試験もあった。今でもトランシーバーはオールモード機含めいくつか持っているが、移動運用で時間を割くならば、山を歩きたいという発想に変わってしまった。昔は大型アンテナを車に積んで、全国を回った時代もあった。懐かしい!!

 行ってみて思ったのだが、この尾根・・・高取山-仏果山-経ヶ岳-半僧坊コースは、低山ハイクコースとしては、かなり面白いコースだ。今回は高取山はパスしてしまったが、この3山でまとめるとさらに面白いだろう。最高峰は747メートルの仏果山である。さらには仏果山からの半原越方面に下る登山道は、のっけが急傾斜で岩場含み、さらには両側がすっぱり切れ落ち、馬の背の様な細尾根通過となる。最近高所恐怖症気味の管理人にはちょっと怖かった所もあった。
 似ている低山に高尾山-城山-景信山-陣馬山コースなどあるが、それよりも尾根からの景色も良く、静かで、変化にも富んでいて、バスの便数も多く、都内からの日帰り登山には、是非一度は訪れると良いコースと思った。5月の連休後の花の時期などは良いかも知れない。 そんな仏果山を中心とした、低山ハイク、写真メインですが、ご覧いただければ幸いです。

 なお今年の歌会始の儀で天皇陛下がお詠みになった句に出てくる「キンラン」。
 たまたまこのHPの表紙にもなっている花であるが、昨年2017年5月4日、丹沢の低山で出会ったキンランを載せている。5月初旬頃、この仏果山コースでもうまくすれば出会えるかも知れない、そんな楽しみもある低山ハイクだ。


天皇陛下

語りつつあしたの苑(その)を歩み行けば林の中にきんらんの咲く



以下は高尾山に咲くキンラン 2016年5月4日撮影









すべての写真を見る



TOPへ