富士山トレーニング 
思い付きの富士登山 報告
2018年6月3日

九合目付近から山頂を撮影。

 2018年6月3日、関東地方の梅雨入りも間近いこの時期、2日、3日の土日の天気予報は晴れを強調した解説がしきりにテレビから流れていた。であれば、梅雨突入前に、春山登山の締めくくりで富士山でも登ってこようか・・・という、計画性の無い登山計画が突然と脳裏をよぎったのだった。ならば久しぶりに鳴沢の山荘チェックも行い、日曜日の日の出と共に、静岡県側の富士宮登山口より山頂を目指そう!!という計画を立てた。
 
 土曜日はのんびりと昼ちょい前に高井戸を出発。さかんに天気予報で晴れを強調していたこともあり、昼近くでも中央道は調布あたりまでの大渋滞。仕方なしで八王子まで甲州街道を走り、そこから高速に乗った。何だかんだで上野原近くまでトロトロ状態だった。これでは日曜日夕方の帰りも大変な渋滞が発生だな・・・と思ったら帰路はその通りになり、帰宅は月曜日零時半に自宅に着いた。25キロ渋滞表示を15時に須走インターで見たので、山荘で21時半まで寝ていた結果の、帰宅時間ではあったが、23時過ぎでも小仏トンネル手前は大渋滞であった。
 とりあえず河口湖近くのスーパーで夕食・・・と言ってもほとんどビールとか、ワインとかを買い出しし山荘に向かった。春ゼミの合唱を聞きながら、ビデオで72時間ドキュメント「北アルプス 天空のテント村」を改めて見入ってしまった。つい先日のGWに登った時の人間模様を思い出しながらのビデオタイムだった。冷えたビールが美味しかった!!この日は掃除を簡単にして、要所のチェック、水漏れなどないか確認し、知らぬ間に気絶状態で寝込んでしまった。
 そして目覚めた深夜過ぎ、少し早いが東富士五湖道路(高速)を使い、富士宮口で日の出を待つこととした。


山荘にてビデオにて72時間ドキュメントを。



北アルプス 天空のテント村(涸沢編)



日の出近くの富士宮登山口とマイカー(右)


 天気は予報通り文句なしの快晴だった。上部を見上げても雪はほとんど無いようだ。今年は涸沢含め、全国的に雪は少ない。まだ富士登山は登山解禁にはなっていないが、気の早い登山者が多数訪れていた。駐車場もそこそこ早朝から混雑している。でも、後で上部で判ったのだが、やはり出会う登山者は9割り方の人がきちんとピッケルをリュックにくくりつけており、それなりの経験者が多いことを知った。
 登って行くと、厳冬期での事であるが、滑落死亡事故が一番発生する、九合五勺の急峻な斜面には雪がしっかり残っていた。ここは斜度もあり、厳冬期のカチカチ斜面だったらさぞ通過が怖いだろうと毎回思う。今では滑っても、少し下で雪が無くなり、地面が出ているので、大事故になることは無さそうだった。この日は初夏を思わせる様な日差しに、雪は腐っていて、アイゼンも名ばかりであまり利かなかった。でも皆さん、九合五勺の小屋前でアイゼンをキッチリと装着し、ストックをピッケルに交換し、雪原を無事通過していった。ピッケル、アイゼンも無い登山者もいたが、なんとか通過出来た様だった。



 
帰路上部から雪原を撮影。結構急である。



山頂鳥居前にて、高度計表示。高い!!


 山頂は穏やかで無風だった。こんな日もあるのだな・・と、天候に感謝だった。登っている時は静岡県の駿河湾方面の展望が美しかったが、帰路はあっという間の雲海で、今度は雲海のすばらしさを眺めながらの下山となった。六合目から下は今度は上から眺めた雲の中に入り込み、ガスの中での下山となった。無事下山後は、そのまま帰宅の途につきたかったが、あまりにすごい渋滞情報に恐れをなし、再度鳴沢村の山荘に立ち寄り、夕食をして、さらに爆睡・・・夜中過ぎの帰宅となった。

 何か富士山に関するうんちくを書きたく、昨日から考えていたのだが、あまりに素晴らしい富士山に対し、日本最高峰の山、そして姿が美しい山・・・と言う以上に二の句が継げない管理人であった。
 でもってフッと「二の句が継げない」の言語由来を思い出したので、富士山とは無関係であるが、うんちくを1つ書くことにした。「二の句が継げない」とはネット辞書より「次に言う言葉が出てこない。あきれたり驚いたりして、次に言うべき言葉を失う」とあった。意味的にはほとんどの方々は判ると思うが言葉の語源は意外なところにあるのだ。この言い回しは古き時代の雅楽の管絃からきていた。管理人は以前、抽選ではあるが宮内庁主催の雅楽公演に3回ほど当選し、皇居内楽部にて生演奏を聴いたことがあった。曲目は忘れたが、3部構成になった楽曲で、一の句と言う、現代では第一楽章と言うのか、この楽章の最後の歌の音程は、ものすごい低音で終わる。中々のロングトーンで!!
 そして次なる第二楽章・二の句の始まりの音、とんでもなく高音で、中途半端?な音程でスタートする。よって一の句最終の低音のロングトーン発声後、第二楽章、二の句に向け、ひと呼吸おいてすぐに高音に移行する難しいテクニックを意味し、第二楽章の出だしの音、いわゆる「二の句の始まりの音が突然の高音で、難しいテクニックを要し、出来ない、声が出ない、継げない・・・」という現実から、こういった言葉が出来たそうである。この解説を当時雅楽部のライブ会場で解説を交え聞き、妙に納得した管理人であった。



帰路は駿河湾方面の景色は雲海に変身していた。


 当初は富士山のうんちく・解説はなかなか出てこなったけど、考えてみると富士山に登るとぴったり2400メートル付近で木々が無くなる不思議。同じく甲武信岳(2475m)も山頂手前で木々が消滅する。関東以西の山では印を押したように、2400mで木々が消滅する、森林限界という植生もすごい自然現象だな・・・と思った。あと富士山には河が無い不思議。あの膨大な雪解け水はいずこへ?とか、富士山の八合目から山頂までは富士山本宮浅間大社の私有地で、山頂は何処の県にも属していない不思議とか、いろいろあったが、これらを書き出すと話が長くなるので、また次回に。

 最後に、富士山はやっぱりきつい山だった。富士宮五合目より標高差約1300mを登るのだが、斜度が全体的にあるのと、空気が薄くなることでより上部ではきつく感じる。今回は山頂での高度順応は前回以上に状態は良く、スタート地点とほとんど体調変化は無かった。やっぱり毎週山に行っているオバカオヤジだから、体が山仕様になっているのかも知れない(笑)。帰路九合五勺で、1時間ほどまったりとしてしまった。このベンチで標高3550mもあるのだ。第二位北岳の3192m山頂より、まだまだ高い位置にいる優越感を噛みしめながら過ごした一時間だった。そうそう、景色の標高差も海を眺め見る訳なので、標高と同じ高さの下界を見下ろすことが出来るのも日本一だ。第3位の奥穂山頂(3190m)から見下ろすと、上高地(約1500m)が眼下に見えるのだが、高度差は1690mしかない。だから富士山は景色含め、何でも最高の山と思った。
 
 さあ、梅雨入りしたら何をしよう。濡れるついでに岩魚釣りも良いかも知れない。梅雨が明けたら、沢に滝行と泳ぎに行こうと画策中の管理人だった。道中の写真は「すべての写真を見る」でご覧いただければ幸いであります。最後までお読みいただきありがとうございました。



のんびりまったりの九合五勺。


 以前の記録
2013年11月17日 八合五勺で撤退
2015年5月23日 山頂へ到達



すべての写真を見る



TOPへ