南アルプス 地蔵岳登山 報告
青木鉱泉-ドンドコ沢経由・鳳凰小屋(泊)
-地蔵岳山頂-青木鉱泉
2018年 9月1日

ガスガスの地蔵岳山頂オベリスク。2764m


 今夏は連日の猛暑で、沢登りには最高の年になったが、今春サラリーマン稼業から足を洗った関係で、逆になかなか長期の休みが取れず、日帰り山行が多かった。そんな猛暑も一段落した9月1日、今夏一度くらいはアルプスと名の付く山にチャレンジしようと、南アルプスの山域にある、鳳凰山・地蔵岳(2764m)を一泊で目指すことにした。
 
 この山頂へのアプローチ方法は何通りかあるのだが、どうせ登るなら一番きついとされている「ドンドコ沢」ルートでアタックすることにした。ネット検索でこのルート記事を閲覧すると、皆さん相当にきつかった様子が書かれているので、過酷な登りが長く続くのだろう・・・とある意味非常に楽しみであった。
 かの有名な夜叉神峠からアタックすれば標高は1770mからのスタートなので、山頂までは標高差1000mで済むわけである。しかしドンドコ沢ルートの青木鉱泉は標高1100m。なんと山頂までは標高差1600mを克服しなければならない。富士山富士宮五合目から富士山頂を目指すより、より高い標高差を登る。管理人自身も標高差1600mは久しぶりのトライとなる。
 この日の予報は雨。山に行く時に限っては金峰山の時も台風12号直撃コースであえなく中止。今回も前線の南下によっては土砂降りの危険もある中でのスタートとなった。



 
登山口の青木鉱泉。帰路ここで一風呂浴びました。


さあ、これより小屋まで約5時間少々の行程です。


 杉並の自宅を3時半に出発、中央道韮崎インター下車、順調に青木鉱泉登山口に到着する。車は結構な台数が止められるスペースがあり、一安心である。今回は鳳凰小屋泊りの山旅なので余分な物はすべてカットし、軽量化に努めた。しかしのっけから多少の雨が降っており、夏場とはいえウェアには気を使った。ズボン・シャツ類の着替え一式にプラス、ポーラテックの冬用ウェア、ライトダウンまで詰め込んだ。手袋は薄手ではあるが、冬用ウールとゴム引きの軍手を持った。雨具は特に持たないで、冬用ゴアハードシェルのみと折りたたみ傘という毎度のコンビである。
 
 7時40分スタート。途中かなりな規模らしい滝を4つ見ることが出来るコースなのであるが、この各々の滝を目指すことが、一つの時間配分の目安となった。一つ目の南精進ヶ滝を過ぎ、次なる鳳凰の滝までは1時間50分、さらに次なる白糸の滝までは相当な急登となり1時間少々、さらに奥にある五色滝まではこれでもか!の急登を制し1時間。ここまでくるとなだらかな沢沿いを1時間少々で鳳凰小屋、という6時間弱くらい歩かねば小屋には着かない(実際は5時間15分で小屋に到着)。ちょうど甲斐駒の日本三大急登のトップの座にある黒戸尾根・七丈小屋までが7時間と記憶している。正に三大急登に似たり寄ったりの山の様相だ。 



沢沿いを行くだけに、水には恵まれている。飲み水には事欠かない。



すでにトリカブトが満開でした。


 全体的な登山道概要。やはり想像通りの登り一辺倒の山であった。それも斜度が半端でなかった。翌日帰路における雨の中でのこの急斜面の下降に、早々と気が滅入る管理人だった。
 歩き始めて工事現場を過ぎ、樹林帯に入るとトラバース道が30分くらい続くのだが、気持ち良い落葉樹林帯歩きであったが、道中ほとんど足元がすっぱり切れ落ちていて、渓も深くバランス崩して滑落したら、助からないだろうな・・・というような、急峻なトラバース道に、最新の注意を払って歩いた。
 そしてトラバースが終わると、いよいよ一つ目の滝に向けた急登が早くも始まった。標高差200m位を九十九折れで登る急登だった。黒戸尾根にも戸台から北沢峠に向けての道中にも、これと同じような九十九折れの登山道がある。共に八丁登り、八丁坂、などきつい登りですよ・・・と暗示する名前が付いているが、ここはまったく無名の急登であることに、少し驚いた。こんなのこのコースでは序の口の登りだよ・・・と言わんばかりである。



途中何か所か沢を渡るので、水の補給をした。



白糸の滝。ここまで3時間半でした。



急登エリアの道標。


 九十九折りを登りきると、今度は尾根の急登が始まった。上部を眺めるも、空は全く見えず、相当に登らされる尾根であることは安易に判った。鳳凰の滝、白糸の滝、五色滝への今回のバカ急登のハイライト基部に取りついた様だ。確かに厳しい登りだ。全身で格闘し、岩をよじ登る所もけっこうあった。でも、面白いように高度が稼げる点はこういった急登の妙味かも知れない。格闘すること2時間少々、急登終焉の五色滝に到着。登山道からは滝は見えない。見るためには、滝までの道を5分歩かねばならないので、ここはパスしてしまった。
 ここまでくると、小屋までは1時間くらいの様で、やっとすばらしいプロムナード的道が迎えてくれた。平坦でその先には地蔵岳山頂のオベリスクも見え隠れしている。小屋までは沢伝いを歩き、本当に水には最後の最後まで事欠かなかった。ただこの本流は、小屋からの生活排水が若干入っている可能性があるので、水を確保なら枝沢からが良さそうである。

 13時15分、歩き始めて5時間15分で小屋に着いた。こじんまりした小屋であった。小屋番美人女子2名と、素敵なおじ様、イケメンのお兄さん、4名が出迎えてくれた。皆さんとても感じの良いスタッフさんだった。沢から引いた水でビールがかなり冷たく冷えていた。小屋脇には鹿の食害で雁坂小屋周辺では絶滅に近い状況と聞いていたヤナギランが沢山自生していた。すかさず「ここは鹿はいないのですか?ヤナギランは鹿の好物ですよね?」とスタッフに質問すると、小屋周りだけに残っているだけで、少し小屋から離れた場所では全て食い尽くされ、絶滅したそうである。小屋周辺には人間の気配を感じてか、鹿も寄り付かず、まだ残っているという話であった。雲取山の山頂周辺も今は単なるガレ場であるが、1980年代まではすばらしいお花畑であったのだ。これを思うと鹿の駆除も本気でやらないと、どこの山も死の山になってしまうと、憂慮する管理人だった。



五色滝を過ぎ、しばらくすると地蔵岳山頂が見えた。



小屋までは沢の源頭部をのんびり歩き、小屋に導かれた。



鳳凰小屋にやっとこ到着。5時間15分かかった。



ギンギンに冷えたビールで早く喉を潤したい!!



花はほとんど終わっているが、ヤナギランが多数自生していた。


 この日、山頂まで行く時間はたっぷりあったが、さらなる急登を処理しての1時間少々の登りには実際めげてしまった。・・・というかあまりに美味しそうなビールを発見し、すでに頭の中は飲みモードとなってしまった管理人であった。汗で濡れた衣服での2000m越の場所飲みは多少寒かったが、ゴアを一枚羽織り、外のベンチでのんびりとした。目の前にはドンドコ沢源頭の流れ、すぐ手に取れる位置には今では珍しいヤナギランが出迎え、管理人の目を楽しませてくれた。平日は毎日早朝から世の常識からかなり逸脱した人々が行き交う喧騒な新宿歌舞伎町界隈を走っているだけに、この場所は管理人にとって究極のデトックスであった。山に感謝である。衣服はうまくすれば着干し出来ないかな・・・と、着替えが面倒な事もあり、そのままで過ごした。
 夜ご飯はカレーライス。珍しく自炊でなく2食付での宿泊だった。本当に楽ちんで、何も荷物を持たずで、軽量化に貢献する選択だった。
 
 翌朝は山頂を目指す。天気は判らないが朝食を済ませたら、空荷でアタックだ。小屋からコースタイムでは1時間20分とあった。帰路は同じルートを急峻ではあるが戻るのみ。行きに見つけておいたキノコを採取しながらのんびり降りよう。青木鉱泉で駐車料金を払いに行ったら、温泉入浴が出来ることが判りどっぷりと汗を流すことが出来た。気持ち良いの何のって!!
 こうしてやっぱり噂通りキツカッタ地蔵岳・ドンドコ沢ルートの山旅は無事終了した。



小屋前のベンチにて。



夕食のカレーライス。お代わりは自由です。



山頂脇の賽の河原。賽の河原って他の山にもあるけど
ここが一番賽の河原っぽかった。水子の霊が漂っている風な場所でした。












食べごろのハナイグチ発見!!



青木鉱泉風呂場風景。良いお湯でした!!




TOPへ