猛烈な寒波到来の休日
2018年 1月27・28日



 2018年1月26日(金)早朝、我家がある東京杉並区のマイルームに設置してある内外気温計での外気温はマイナス4.8度を示していた。
 ニュースでも報じている通り、数十年に一回あるか・・・みたいな外気温に、管理人もビックリだった。確かにマイナス1度とか、2度は記憶にもあるが、都内23区内でマイナス5度近くになったという記憶はほとんど無かった。まあ、以前も書いたことがあるが、冬山ではマイナス12度の朝の挨拶は「今日は比較的暖かいですね!!」となる。しかし通常の街生活圏での氷点下5度は、やはり超寒いと感じた。特に手先が寒さに弱い管理人にはかなり辛い。ちなみにこの朝の東京府中市はマイナス8度だったとか。
(゚Д゚;)

 そんな26日、鳴沢村山荘のオーナーからメールが届いた。「極寒ですね。三角館は大丈夫でしょうかね?」我々仲間内では山荘の事を「三角館」と呼んでいる。屋根が三角だからである。さすがにこうも寒いと日頃利用も少ないオーナーも水道管破裂、給湯器損傷、雪の重みによる家屋破損、倒木被害、などなど気になるようだ。返信として「たまたま土曜日に富士山にて雪山訓練してきますから、帰りに様子見てきます!!」とお返しをした。結局富士山は色々あって登らなかったが、27日の鳴沢村山荘の朝は、氷点下11~12度であった。山荘の標高はジャスト1000m。標高差100mで気温0.6度低くなる・・・と言われているので、下界より6度低いことになる。杉並が氷点下5度とすれば、ぴったりこの公式があてはまった朝であった。

 以前も同じ気温の時があったが、今回は連続してこんな気温が続いていることもあり、自宅では考えられない、驚きの寒冷地での出来事が多々あったのだ。
 まず到着して、水道管の大元コックを開く。さらに水抜き・・という街ではまず付いていない寒冷地用のさらなる水バルブを各所開ける。各水道のラインが地表に出る手前に設置してある。とりあえず本来はこれを開けば蛇口から水、温水、など出るはずなのだが、凍り付いているようで、簡単には出てくれなかった。水道管にさらに設置してある、管に巻きつけてある紐状のヒータを全てコンセントに差し、しばらく様子を見た。とりあえず破裂はしていない様だった。(ヒーターは電気代節約で、要所しか無人の時は入れていない)

 さらに驚いたのは、水洗トイレ。昨年は不凍液が底をついてしまい、昨年末立ち寄った時、トイレの洋式便器の底に、そのまま水が入ったまま帰ってしまった(通常冬期は不凍液を流し込む)。これが室内でありながら、分厚い氷と化し、溶かすのに苦労した次第だ。
 あと、昨年購入した冷蔵庫の中に手を差し込むと暖かく感じた。室温がこれほど寒いと、冷蔵庫ではなく暖房庫であった。普通はありえない状況にビックリだった。そうそう、流しで水を使っていたら、跳ねて脇に溜まった水が、少しするとシャーベット状になっていた。これもビックリ!!



  
鳴沢村山荘前。バックには富士山。


  
バリバリに凍りついたトイレ。穴を開け、熱湯を注いで無事完了。


  
天然クーラー。このあと簡易おでんで一杯。



そうそう、今回洗濯機も設置。


 そんな訳で、トイレに関しては写真の通り、ヤットコと金づちで氷に穴を開け、熱湯をゆっくり注ぎ解凍。凍り付いていた水道管もしばらくするとヒーターからの熱が回ったのか徐々に出始め、30分くらいで完全に復帰した。都内では水道管にこういったヒーターを巻いているところなどまずないであろう。やはり寒冷地は、水道の扱い1つでも大変だな・・と思った。結局風呂、シャワーは最後まで水は出なかった。しっかりどこかが凍り付いているようだ。春までお風呂はお預けか・・。まあ近くに温泉が沢山あるから良しとしよう。 
 今回息子が別室で使っていた洗濯機が不要になったということで、山荘に寄贈した。これでベット、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、オーディオ、と三種の神器?も勢揃いし、春が待ち遠しい今日この頃であった。
 今週、山はちょっとオサボリしてしまったが、4日さらには次の連休は八ヶ岳を再度目指したいと目論んでいる。



澤くんからの富士山写真。


 そんなこんなの寒~い1月27日(土)8時18分、山荘オーナーと移動中の澤くんから1通のメールが届いた。
「おはようございます。ちょうど今、富士山の太平洋側を新幹線で通過中です。反対側ですね。これから、三重の松阪方面に向かいます。」

 ちょうどオーナー宛てに山荘の状況を報告した折り返しだった。三重松阪??調べてみると何やら最近定番となった、オジサン達が泣いて喜びそうなイベント出演に向かっている道中の様であった。






富士吉田道の駅にあったモンベルショップ。



富士山の天然水も汲める、富士吉田道の駅全景。
右奥のモンベル店舗も存在感ありだった。



夜間撮影でブレているが、富士山の天然水汲み場。
沢山のタンクを持参で、沢山の方が訪れていました。





TOPへ