地吹雪ツアーとなった涸沢テント泊 報告
上高地-横尾-涸沢
2018年 5月3~5日

昨年よりはかなり雪が少ない涸沢テント場

 2016年11月11日、NHK・BSプレミアム72時間ドキュメントにて「北アルプス 天空のテント村」という感動的な涸沢の3日間を紹介する番組が放映された。この番組は、毎回ある1つの場所で72時間(3日間)に渡って取材を行い、そこで見られるさまざまな人間模様を定点観測するという趣向のドキュメンタリーである。

 この涸沢シリーズはビデオにも収録し、何度も見入っている番組の一つであった。内容的には涸沢に魅せられ、やってくる登山客の人間模様を描いているのだが、新聞社でバリバリ一線で活躍してきた女性が、突然大病を患い、人生を見直そうと、買ったテントでの初テント泊に涸沢を選んだ方、女子の親しい友人が出来、初めて二人でのテント設営共同作業を実践しに来た男性、また来年定年なので本日は還暦山行でのテント泊、この方昔は大学の山岳部で涸沢から見える岩場はほとんど登ったが、今は見るだけ・・・という素敵なおじさまが想いを語る、などなど他、沢山の方々の想いを取材している。これを観ると、やはり涸沢には何か人を引き付け、何かを感じさせる魔力が潜むエリアに思う管理人だった。

 GWを北アルプスで過ごそう・・・と決めて4年。初年は天候に恵まれ奥穂に無事登頂。翌年はババ平にテントを張り槍ヶ岳を目指した。昨年は雪崩の危険などがあり、天気もイマイチで涸沢詣で終わってしまった。今年はそのリベンジであったが、到着時の大雨に始まり、連日強風の中、降雪が続き、地吹雪体験ツアーの様な山行になってしまった。
 しかしそんな中、冒頭にも紹介の沢山の方の人間模様を見ることが出来た。やはりここ涸沢はそんな魅力・魔力を持つエリアであることを実感した。今回はそんな私なりの72時間を書いてみたいと思う。 



 
新宿バスタ22時25分発上高地行きに乗り込んだ。


 5月2日:19時。自宅にて最後の荷物チェックを行っていた。リュックを体重計に乗せてみると、18キロを示していた。何とか20キロを切ってはいたが、その後ストック、ヘルメット、傘、などを追加しているので、やはり限りなく20キロに近いリュックになってしまった。
 そんな中、脇で見ていた家内からは「まあ、無事に行ってきて下さい。ニュースで南さんが言っていたけど、山は吹雪だそうだからね。」「ハイハイ、危険な事はしないから大丈夫。吹雪になんてならないよ!!」こんな会話で家を後にした。

 21時30分 新宿バスタに到着。すでに購入済の4列シートの購入チケットを持ち、発券場に足を運んだ。それはゆったりと座ることが出来る、グリンカーなる3列シートバスのキャンセルが無いか聞いてみる為だった。この3列シートは相当前からこの日は満席表示となっていた。かなり競争率の高いバスなのである。
 しかしである。この日は空き席が結構出ているようで、難なくこちらのバスへ変更手続きが出来てしまった。・・という事は・・ちょっと嫌な予感も走った。天候不順と読んだベテラン勢もかなりいたという事だ。やはりそんなに荒れるのか・・。まあ、行ってみないと判らない、とバスは順調に上高地へ向かい走行した。結局人気の3列シートバスすら満席にならなかった。4列シートバスは結構空いている様子だった。



土砂降りの人もまばらな上高地ターミナル


 5月3日:5時20分。 上高地バスターミナルに順調に到着するも、想像以上の雨に遭遇した。土砂降りである。屋根付きのバス停の前での支度は、雨が振り込み、皆さんビジターセンターの中に避難し、屋内で出発準備をした。ツワモノパーティーはこの土砂降りの中、計画した予定通りに、淡々と出発していったが、あまりチャレンジ精神旺盛で無い管理人は、急ぐ旅でもないし・・と雨が小降りになるまで、食堂でビアタイムとした。人もほとんどいない、雨の上高地を眺めながらのビールもなかなか美味しかった。やはり同じく、ビジターセンター内で寝て、小降り待ちしている登山客も多かった。

 7時30分。 小降りになったのを見計らい、上高地バスターミナルを出発。河童橋付近の梓川もかなり増水していた。

 10時15分。 順調に横尾に到着。この頃には雨も完全に上がっていた。昨年は横尾のテント場はすべて雪で覆われていたが、今年はまったく雪は無い。まあこれが通常で、昨年が多すぎた感がある。

 12時05分。 本谷橋に到着。 3回目で初めてここに橋があるのを見ることが出来た。いつも登る涸沢はすでに、バックリと口を開け、轟々とすごい水量で流れていた。道も初めて体験する夏道であった。ここで12本のアイゼンを装着した。雪が少なめなので腐り気味の雪であった。夏道は最初に小尾根まで登るので、最初が結構しんどかった。しかしである、やはり塔ノ岳でのトレーニング以来、最近は20キロを背負っていても、足の調子はかなり良かった。いまだに連日チャリ通勤も続けている。  



12時5分 本谷橋着。橋が今年は架かっていた。


 13時30分 涸沢ヒュッテがやっと見えるポイントに到着。すでに先発隊が続々と登っているのが見えた。穂高連峰は濃いガスの中だった。とりあえず、ここまでは天候的には晴れてはいないが、曇天の中での移動でなんとか来ることが出来た。それなりに登山客がいたのには驚いた。横尾に泊まった方も多いのであろう。



13時30分 涸沢ヒュッテが見えてきた。しかしここからが長い!!

 14時30分。 涸沢ヒュッテに到着。最後の30mほどはかなりゆっくりでの休み休みの歩行になったが、全体的には横尾から一緒だった若い方より最後少し遅れたくらいで到着することが出来た。風が強い。降雪は無いがすでに強風と共に地吹雪が舞っていた。

 14時50分。 強風下テントを張るのは非常に億劫である。そして手が冷え切ってしまっている。ここで軟弱に天気悪いから小屋泊り・・・なんて言ってしまえば、すごく楽が出来るのだが、今回の第一目的は「涸沢でテント泊をすること」なのである。もちろん北穂への登頂も主目的ではあったが、折角担いできたテントである。今回は心を鬼にして、小屋に背を向けた。とにかく手を含め汗で濡れた衣服で、体が凍えてきたので、暖を取ろうと一所懸命でテントを張る作業に没頭した。これがソロの山屋なのだ。寒くても、苦しくても、それらを乗り越えるためにすべて自分で状況を判断し、何を最優先にするか的確に判断し、事を進めなければならない。誰も助けてはくれない。

 2年前、ふとした気の緩みからテントを突然襲った強風に飛ばされるも、近隣のテントに引っかかり、事なきを得た。そんな苦い経験から、今回よりは隅をピッケルでしっかり固定し、さらに細引きで雪深くに差し込んだピッケルにカラビナでつなぎ、風に飛ばされても大丈夫な用にし、組み立てをした。
 冬季用フライをかけ、張り綱を手早く2か所はストックを支点とし、残りは竹ペグに結び雪の中に埋め込んだ。重たいリュックも中に放り投げ、フライのスカート部分に雪の塊をどさっと乗せ完成だ!!作業中も強風に襲われたが、特に大きな問題はなく、完成することが出来た。

 とにかく寒かった。マットを引き、すぐにイワタニのガスコンロを焚いて、テント内部を温めた。本来保温効果の高いポーラテックのウェアも汗でべちょべちょになり、これが寒さの原因になっていた。すぐさま着替えたが、あまり気の利いた着替えが無かった。5月の3000m峰登山は、装備選択含め本当に難しいと痛感した。  



テントから見た、蝶が岳方面。


 5月3日 16時40分。 設営後1時間の、テント内での悪戦苦闘の末、着替えも終わり、シュラフ、シュラフカバーも出して、やっとお酒の一人宴が始まった。外では到着した登山者がまだまだテントを張っている姿が見えた。

 そんな矢先、外に置いてあった靴、アイゼンなどを取り込もうと、外に出た時、とんでもない光景を目の当たりにしてしまった。5mくらい先の、マイテントより下側で張っていた若者のテントが、強風に吹かれ飛んで行ってしまったのだ。 管理人のババ平の時と同じ状況だ。テントが組みあがった時は風はほとんど無く、風対策が無防備状態の一瞬の隙に、ものすごい突風が襲ったのだ。ロックされていないテントは、いとも簡単に糸の切れたタコ状態で、涸沢谷の下の方に飛んでしまった。一度20メートルくらい下で止まったが、次なる突風でテントは下の下まで飛んで行ってしまった。途中入り口からバックのような物が雪原に転げ出てきたが、貴重品が無かった事を祈るしか管理人には出来なかった。テント回収はまず無理な状態である。まあ、小屋があるので若者は死ぬことは無いであろうが、やはりこういった過酷な状況下では、すべて完璧な判断、作業が出来なければ、命取りになるのである。まあ、皆さんこういったアクシデントを経験し、乗り越え、一人前の登山家に成長してゆくのだろう・・・と前向きなエールを送った管理人だった。



16時40分 持ってきた白ワインで1人、乾杯をした。


 19時30分。 テントを叩く雨?雪?の音が始まった。管理人は雪であることを祈った。テントを開け外を見ると、それは雪であった。風は相変わらず強い。雪であってホッした。どんどん降れ・・と思った。これだけ風が強いと、雪であればテントの屋根を滑り落ち、下のフライのスカート部分に積もるので、風にはめっぽう強い建物になるのだ。フライが風でバタバタする事もなくなる。なんとも逆にいい気分になり、ホットウイスキーが進んでしまう。
 
 22時00分。 風はすさまじく、容赦なくテントを襲った。テントが歪むが、まあ飛ばされることは無いだろうと、なんの心配もなくグダグダと飲むオヤジであった。
 
  この後、空が白んでくる頃、また近くで、大変な事件が発生した。 

 5月4日 4時30分。 前夜強風に耐え、薄明るくなる頃、上手(かみて)のテント内から異様なやり取りが聞こえてきた。テント密集地では、隣のテントとの距離が数メートル、こと涸沢では多いパタン。昨晩から楽しそうな会話が聞こえていた。ご夫婦二組のテント泊だった。別に耳ダンボではないが、荒天の夜、近隣からの女子の笑い声は、ソロオヤジにはある意味勇気とパワーをもらえる。

 その女子1名が4時頃から奇声を発し始めたのだ。「息が出来ない、苦しい、あーーーー、キャーーー」、かなり昨日とは違う状況だった。管理人はすぐさま過呼吸と診断した。さすがにご主人も、漏れ聞こえてくる対処は、過呼吸に対する指導・処置を奥様にしていた。「呼吸をゆっくり吸って・・・はいて・・」、みたいな。過呼吸はパニックが起きるとなる症状で、昨晩の風と、吹雪で精神が不安・心配の究極になってしまったのか・・・と思った。
 通常過呼吸は30分くらいで、処置が良ければ直るものであるが、彼女はその後2時間くらい、ずっとではないが、時折り苦しむ声が聞こえた。ご主人は早く事情を言って、小屋に移動させるべき・・・と思いやきもきした。(以前小屋で遭遇した過呼吸事件

 8時30分。 どなたかが通報したのか、その女性のいるテントに、小屋番さん、常駐の長野県警山岳警備隊員2名が来て、状況確認後、若手隊員が女性をオンブし、苦しそうな彼女を小屋に連れて行った。しばらく彼女は涸沢ヒュッテ入り口で、仲間が見守る中布団で寝ていたが、しばらくすると回復した様で、無事自力下山の途に付いたようだ。良かったよかった。
 でもって、なんで過呼吸であんなに長く奇声を発したのか不思議であったが、県警関係者の話を聞くと・・・一酸化炭素中毒・・・との話だった。
 無事テントを張り、楽しい団欒を夫婦で過ごしても、ちょっとしたことで、こう言った命取り事故が発生する、山の危険を感じる管理人だった。 



こちらのテントでアクシデントが・・・


 5月4日 9時50分。 今日も引き続き強風、地吹雪、雪、の天候であった。休みは6日まである。この日もまず登ることは出来ない。テントにいては山仲間と談話室などで話も出来ない。テント撤収を決めた。相変わらずの強風である。
 まずは、テントはそのままにし、その他の荷物はすべてリュックに詰め、涸沢ヒュテに向かい、宿泊チェックを行った。この時間はまだ横尾からの登山者も到着していないので、受付窓口には人がいないくらい静まり返っていた。素泊まり7500円を支払い、また前夜のテント泊1000円もきちんと申告し、支払いを済ませた。

 自炊組は本館の部屋に通された。受付後、すぐ脇のテーブルで日本酒をやっていると、一人の年配の男性がやはりチェックインしていた。「素泊まりで!」と聞こえたので、部屋に入った時に、二人だけだったので挨拶をした。「この時間からですと昨晩テント泊ですか?」やはりその通りだった。この天気だとテントでいても寒いし、つまらないので小屋泊りに変更したそうである。この方は6日まで滞在なので、テントは張ったままにしておくそうだ。

 10時50分 横尾からの登山客が到着し始めた。先ほどの男性(岐阜から来られたそうである)、ストーブの脇で飲んで話していると、昨日横尾に泊まったという女子(平塚から来たそうな)も話に参加してくださり、車座になって3人での宴が始まった。平塚女子は、テント泊装備でソロで横尾から今朝登り始めたそうであるが、この天気だとテントを張る元気がなく、小屋泊りにした・・と話してくれた。彼女自身、この時期に涸沢までテント装備を持ち上げられただけで、大満足と話していた。皆さん、それぞれの思いが、荒天という状況の中で、葛藤し、落としどころを見出している様だった。生ビールを飲むのも目的の一つだったそう。さっそく購入し、美味しそうに飲んでいた(ちなみに横尾も雨でなく雪だったそうである)。

 そんな車座の宴は、時間と共に参加者が増え、最終的には10数名くらいの皆さんの想いを聴くことが出来た。皆さんそれぞれにこの荒天経験を、自分の貴重な体験とし、それなりの思い出として、心の中に刻んでいるようだった。

 晴れ期待の翌朝5日・・・またまたさらにひどい状況の朝を迎えた涸沢であった。 



寝床からご一緒した皆さんを撮影。



5月4日早朝、ちょいの間ビデオです。横向き失礼。 


5月5日:4時。 まだ真っ暗な中、懐中電灯を灯し起床する人たちがガサゴソと活動を開始する。山小屋の朝は早い。発電機が回り、電気が灯されたのは確か5時半頃だった。4時もしくはそれ以前の起床組は当然ながら、奥穂、北穂を目指す方々。涸沢までの方の起床は当然遅い。管理人も習性なのか当然4時には目は覚めている。
 皆さんいよいよ今朝こそは満天の星空が出迎えてくれると信じていた。トイレを兼ね何人かが小屋の扉を開ける音がした。しばらくして戻って来ると、それは落胆の会話になって聞こえてきた。小声ではあるが、「外は相変わらず猛吹雪だ!!昨日の朝より悪い。これでは誰も山頂は無理だろうな・・・。それより下山すら厳しそうだ!」なんともショッキングな内容だった。
 
 4時30分。 トイレに向かうべく、様子をみに起床した。小屋の扉を開けた瞬間、猛烈な突風が吹き荒れ、雪煙・地吹雪が管理人の体全体に容赦なく降りかかってきた。寝起きで普段着だったこともあり、冷たいのなんのって、朝一から涸沢の大自然から洗礼を受けた。まだ薄暗いが確かに悪い。ホワイトアウト状態だ。これでは下山のトレスもまったく無くなっているだろうな・・・とちょっと不安だった。

 5時。 明るくなった中、5人組のパーティーが下山を始めた。それを見るや、ソロの男性も後に続いた。いまだに地吹雪の中の下山である。なかなかルートに詳しい方なのだろうと思った。

 5時30分。 出発した人がいることを確認し、管理人も下山準備に入った。もうここにいても山頂は目指せないので、切りの良いところで下山を決めた。出発しようとした時、雪かきしている小屋番さんに会った。彼曰く「今の状況では、先ほど何人か下山したけど、この強風と雪であれば、トレスはすぐ消えてしまうから、ルートを熟知していないと危険。表層雪崩の危険もあるから単独でなく、皆さんで降りたほうが良い。また時間さえあれば9時頃から天候は今日は回復するから、是非もう少し待って出発してください。」と下山まで止められた悪天候!。

 7時15分 ひどかった雪も少し収まり始め、多数のパーティーが一気に下山を開始した。管理人も昨晩飲んだメンバーでチームを作り7時25分下山開始。トレスはしっかりと付いていて一安心。降り始めると、雲間から青空も少し見え始めた。もう一泊したら登れたのか・・・??皆で「天気ってこんなもんだね。」と悔しいけど笑い飛ばしながら上高地バスターミナルを目指した。

 12時30分 河童橋に何事も無く到着。きれいに澄んだ晴天がやってきたが、風が強く、瞬間では20m近く河童橋で吹いていた。やはり登っても稜線は相当にきついな・・と思う管理人であった。 



ご一緒に下山したお二人。お世話になりました!!明神にて。


5月5日:13時。 上高地バスターミナルにてテーブルでビールをしていると、昨晩車座で飲んだ、他メンバーも数名合流し、バスの時間まで和気あいあいのひと時だった。大学時代山岳部所属だったというバリバリのテント泊ソロ女子も合流し、シシャモのおつまみをいただき、ワインまで飲んでしまった。彼女は名古屋に帰るそうだ。「なんだ!!10分前には、名古屋まで自家用車で帰る独身山男がここにいたのに、残念でしたね!!」と車座組で先ほどまでいた、男子のことを話すと「えーーー!!残念!!」、とまたまた山ならではの光景に、微笑ましく思う管理人だった。あの地獄の?荒天を生き抜いた仲間達である(笑)。皆、すでに長年連れ添った様な仲良しの仲間であった。まるで山女日記そのもの・・・である。

14地05分。 顔見知り含め、松本に出るメンバーが新島々行バスに乗り込んだ。名古屋女子は松本から逆方向の電車に乗る。バスは整理番号で必ず座れる設定になっているのが嬉しかった。

16時31分 松本発臨時のあずさ自由席に乗り(始発駅なので楽勝に座れました)、お弁当、ビールをあっという間に平らげた。電車の指定はすべて売り切れだそうである。今回は登頂は出来なかったけど、荒天過ぎて、けっこう楽しかったし、得るものが沢山あった山旅だった。地吹雪なるものを本当に体験した山旅でもあった。

5月5日 19時20分 杉並区高井戸自宅無事到着。
 
 長文にお付き合い有難うございました。おしまい。  






すべての写真を見る



TOPへ