御坂山周辺にてキノコガイド
天下茶屋-御坂山-三つ峠入り口
鳴沢村山荘泊
2018年 9月23・24日

太宰治著・富嶽百景の舞台となった御坂峠


 今夏のクレイジーな酷暑の日々も終わり、季節は完全に秋に移行している。そんな秋真っ盛りの9月23日、日頃ご一緒させていただいている山仲間と、キノコ狩りを兼ねた登山を企画した。登山も出来て、キノコもありそうな山・・・そして宴会を行う鳴沢村に近い山。色々考えた末、昨年実績のあった御坂山周辺を歩いてみることとした。富士山本体の森でもキノコは結構取れるが、登山という雰囲気ではないので、こちらの外輪山的な御坂山地を訪れる事で計画を進めた。

 車は三つ峠入り口、御坂トンネル脇の駐車スペースに置き、9時24分発の(河口湖駅9時05分発)天下茶屋行きのバスを待った。来たバスは三つ峠を目指す登山者で満杯!!下手をすると乗れない可能性もあったくらい混んでいた。三つ峠登山口バス停までは、押し蔵まんじゅう状態で、くねる山道をじっと辛抱し耐える管理人だった。

 昨年は10月一週目にここを歩いており、腐ったマイタケをはじめ、チャナメツムタケ、ハナイグチ、ヌメリスギタケ、などなどけっこう美味しいキノコにありつくことが出来た。今年は昨年より2週早かったが、キノコは良さそうなので、少し早めに企画を実行した。当日早朝、時間があったので、スバルライン添いの赤松林を偵察に行くと、アミタケが一面に出ており、すごい状態であった。こんな状況、昔もここで見たことがある。アミタケは食べられるキノコであるが、茹でたあとの見た目の色、そして食感があまりよくないので、採取は最低限だけにした。

 結果は・・・天下茶屋より稜線までの約20分間の斜面にも昨年はまったくキノコは無かったが、今年はホウキタケの仲間をはじめ、優良食菌もぼちぼち出ており、早々から期待が持てそうな雰囲気であった。昨年あって今年は無かったものは、チャナメ、シロナメツムタケ、ヌメリスギタケ、マイタケ、ナラタケ、アカモミタケ。昨年無かったけど今年発見のキノコ・・・ウラベニホテイシメジ、ヒラタケ、ヌメリササタケ、オシロイシメジ、アイシメジ、ホウキタケの仲間、オオイチョウタケ、ヤマブシタケ。今年も昨年もあったキノコ・・・ハナイグチ、シイタケ、ホコリタケ、キハツタケ、タマゴダケ。
 
 下山後温泉に寄り、夜は山荘にてキノコ鍋で盛り上がったのは言うまでもない。
 本日9月26日、「今年はキノコ大豊作」の記事を発見!!やはり当たり年の様だ。



スバルライン入り口下の松林でのアミタケ。



松林のヌメリササタケ 食・美味



これより天下茶屋までバスで移動です。



ほとんどの乗客は三つ峠登山口で下車。



天下茶屋前から登山開始です。



ヌメリツバタケ。食



ヌメリササタケ 食・美味



ヒラタケ。食・ここだけで大漁!!



ピンぼけ失礼・・ヤマブシタケ。けっこう美味しい!






天気も上々。眼下に河口湖。







今回意外に出ていた、ウラベニホテイシメジ。食・酒の友に美味!



ウラベニホテイシメジ酒蒸し。



ホウキタケの仲間。管理人は昔から中毒しません。
今回も左側のホウキタケはいただきました。
ただし湯がくか、干して戻す時に色素抜きします。



ジコボウ、マスタケ、タマゴダケ、ホコリタケ、ヌメリササタケ、
ヤマブシタケ、ヌメリツバタケ。これからキノコ宴会です!!



そうそう、去年あった枝から、今年も大きなシイタケが・・・



群生していたヒラタケです!!鍋に入れます。



TOPへ