紅葉の箱根路
金太郎伝説の金時山訪問
2018年 11月18日

金太郎伝説の金時山山頂 1212m。


 登山を始めて3年くらい経った初心者から中級者に脱皮し始める頃、だいたいの皆さんは、自分自身が一番行き慣れたエリア、山を持つ人が多い。いわゆるホームグラウンド的な山域である。中級者としての山技術、山感を確立していくには、こういった行き慣れた、勝手知ったる山で、さらなる一歩踏み込んだ勉強をすることは、いざという時の危険に対するリスクも抑えられるので、ホームグラウンド作りは、とても良い事と思っている。
 管理人もホームグラウンドの一つ、奥秩父の甲武信小屋、雁坂小屋で知り合ったベテランさんたちに聞くと、南北アルプス、八ヶ岳などをテント担いでバリバリに縦走している強者であるが、やはりのんびりマッタリしたい時は、もちろんトレーニング兼ね、どうしてもこの奥秩父に来てしまうそうである。
 
 管理人は・・・というと、中学1年生で全く女子にもてない、ワンゲル部の門を叩いて以来、スポーツと言えば、この山の世界のみを走ってきた。当時はバスケ、バレー部などで活躍すると、女子に大変にモテた時代であったが、3Kの巣窟の様な部活に、躊躇なく飛び込んでしまった。それで、連れて行っていただけた山は、すべて奥多摩。中学生という状況から、近い、安い、早い、という事で、奥多摩くらいしか認可されなかったのだと思う。あと高尾山、陣馬山もあった。そんなこともあってか、管理人はちょっと前まで、東京都民がのんびりまったり電車で日帰り出来る山は、奥多摩しかない・・・くらいに奥多摩呪縛にはまり奥多摩通いをした。冒頭に書いた通り、勝手知ったる山域であったので、どんな悪条件下でも、バリエーション含め踏破する自信があったから、余計にこの呪縛から離れられなかった。長い年月、ホームグラウンドは奥多摩であったのだ。

 しかしである。丹沢派の山仲間、澤君からのお誘いで、丹沢山・みやま山荘一泊登山を経験し、この日を境にやっとのことで奥多摩呪縛から抜け出すことが出来た管理人だった。奥多摩のみの風景で育ってきた管理人にとって、丹沢山系の風景、山容に一回の登山でどっぷりはまってしまったのだった。富士山がまじかに見えること、太平洋が一望出来ること、そしてブナの森が大変に美しかったこと、そして登りごたえもあり、すべての点で奥多摩を上回った気がしたのだった。

 その後丹沢に通い、さらに地図を見渡すと、車利用も含め、素敵な個性的な山域が沢山あることを知った。むろん昔から存在は知っていたが、トレーニングなら近い、早い、安いでいいかなと、何とかの一つ覚え状態であったのだ。脱奥多摩宣言からたどり着いた素敵な山域・・・丹沢山系を中心に、御坂山塊、天子山地、鎌倉アルプス、先週トライした東に位置する筑波山。さらに忘れてならないのが、冬の富士山宝永山周辺での雪遊び。まだ行けていないが、小金沢連嶺も魅力的なエリアだ。
 
 そして本日、初挑戦のマッタリ日帰り登山山域の一つ、箱根周辺の山にトライした。調べてみると、自宅からアクセスの良い小田急線にて小田原に出れば、バスで登山口に行くことが出来る。小田原ってすごく遠いイメージであったが、小田急線も速くなり、小田原駅7時半発・桃源台行のバスに乗り、仙石で下車することが出来、8時台には登山開始することが出来た。帰路もいざとなれば特急ロマンスカーもあるのが魅力的だ。仙石バス停を降り、車道を少し歩くと、金時神社脇から登山道が始まっていた。箱根の仙石と聞くと、どことなくリッチなお宿エリアを想像してしまう。
 登ること約1時間で登頂出来たが、山頂は残念ながらガスっていた。八合目くらいまでは景色も開け、芦ノ湖、眼下にはゴルフ場、などなど箱根らしき風景を一望することが出来た。また、このエリアは温泉、グルメ、さらにはおデート向けのこ洒落たレストランも豊富なので、いろいろな楽しみ方が出来るなぁ・・・と、今後が楽しみな山域の一つとして、管理人台帳に登録した本日の探検だった。
 雨にも降られずおおむね良さげな天候、紅葉真っ盛りの中、箱根路を満喫することが出来た。帰路、小田原駅前にて、毎度おなじみ海鮮居酒屋、「目利きの銀次」で一人反省会の管理人であった。また近いうちこの周辺を是非歩いてみたい。
 高井戸着は普通の快速急行利用にて、17時半には到着することが出来た。



下北沢駅にて



7時6分小田原駅到着。



紅葉の箱根路を行く。



登山口近くにトイレもあり。



これが金時神社??不明。



最初は杉林を歩きます。


よくある風景。



途中から眺める下界の風景。



山頂直下、最後の登り。



山頂に到着。約一時間で着きました。









山頂下に、こんな場面もありました。















小田原駅前。反省会する場所は沢山、美味い店がありますよ!!




TOPへ