病み上がりのリハビリ登山
神奈川県・湯河原町「幕山」報告
2018年 2月18日

幕山の梅林。まだ3分咲きでした。


 2月10日よりスタートする(はずであった)厳冬期の三連休。管理人はこの日を目標に順調にトレーニングでの体作り、足作りを進め、いよいよの総仕上げで、黒戸尾根を目指す予定で万全の準備を行ってきた。七丈小屋への予約も済み、小屋番・爪さんもいらっしゃることも確認、リュックも木曜日夜にはほとんど荷造りが出来上がっていた。しかし、金曜日朝、どうも体の調子が変なのである。喉も急にガラガラとイガラッぽくなってきた。会社で仕事すれば夕方には治るだろう・・・と思ったのは大間違い、午後からは熱も出だし、帰宅する頃には悪寒が体を走り、山どころの話ではなくなってしまった。またまた大嘘つきになってしまい、泣く泣く七丈小屋に、ドタキャンメールを入れた。ラインで爪さんとはすぐにつながり、「そんな熱で黒戸登ったら大変な事になるから、ゆっくり休んで、治ったら是非!!」との返信に少し安堵した管理人だった。

 その後、翌日からは想像以上の熱に苦しんだ。たまたま連休で仕事も無かったから良かったのだが、3日間すべて寝ていた。熱もあり、24時間中20時間寝ても眠かった・・くらい調子が悪かった。インフルエンザでは無かったが、2年に1度あるか無いかの大風邪を引いてしまったのだった。
 13日火曜日からは何とか会社には行ったが、夜帰宅すると何となく寒気がする毎日だった。咳も出た。しかしながら老体とはいいながらも、木曜頃からは、回復の兆しも見え、週末はリハビリ山行に行こうと丹沢を目指す予定を組む気力が湧いてきたのだった。



 
幕山公園の全景。


広い山頂で南に伊豆諸島が一望できました。


 2月18日朝6時少し前、小田急線に乗り厚木界隈の丹沢を目指す予定で家を出るも・・・なんとこの日はまずありえない工事の日に当たってしまったのだ。なんと我が家で利用する京王帝都井の頭線は、下北沢駅の橋脚架け替え工事で、この日の昼頃まで、電車は全て明大前止まりだというアナウンス!!「エッ!!マジ??」てなもので、ビックリであり、下北沢駅からの丹沢に向けての小田急線乗換えが出来ない事が判明。そこで仕方無しに折り返し終点駅・明大前にて乗り換え、京王線で新宿に向かう。ここからは小田急線も乗れる。でも滅多に来ない早朝の新宿・・・。ふと、湘南新宿ラインて何時から走っているのか調べてみると、初便は6時40分発であった。よし、ならばこちらも滅多に乗ることも無いこの電車に乗って、鉄道旅含め湯河原へ向かってみよう!!という計画に変更した。ここ湯河原にはすばらしい梅林と「幕山」という景色の良い手軽な山があることは知っていた。時期も少し早い様だが、こんなことでも無いと、なかなか湯河原へ電車で行こう・・・などという気にはならない。橋脚工事によるアクシデントを楽しい山旅に変えることが出来た様で、楽しい素敵な1日が意外な形でスタートした。



この電車川越行き!!そんなの出てるんですね・・・



こちらは湘南新宿ライン。加山雄三・桑田さんの世界へGO!!


 快晴の中、楽しい鉄道旅はスタートした。6時40分小田原行き列車は予定通り新宿駅を出発。ちょうど7時になった頃、日頃あまり見慣れない長距離電車ならでは??の出来事に遭遇した。・・・

 管理人は新宿駅構内の売店で朝っぱらではあったが、より楽しい?鉄道旅を楽しむべく、缶チューハイを買って乗り込んだ。朝6時台からの車中でのチューハイ飲酒も少し気が引けたが、周囲の皆さんは寝ているしと、はずしていた手袋で缶全体を被い、大崎駅を過ぎた辺りからチビチビと景色を見ながらスタートした。なかなかの旅気分だ!!。
 少しすると都会の様な街並みで迫ってくる、すばらしく進化した武蔵小杉駅に到着。昔、東横線でのイメージは駅前野っ原だったし、昔JRにはこの駅無かったよな・・あったのかな?・・なんて思いながらホームを眺めていると、管理人のすぐ隣り(一マス空けけた右隣)に、素敵なコートに身をまとい、スカート姿のOLさん風女子がお座りになった。身なりからして旅の方では無かった。なんと見るとその女性も缶をハンカチで被い、何やらお飲みになっている。何となく缶の絵柄をオープンに出来ない、恥ずかしさ感漂う、管理人と同じようなしぐさだった。で、その被っている缶の絵柄はビールであることにすぐに気がついた管理人だった。
 どひゃーーーであった。オヤジならともかく、この清楚ないでたちに、朝ビールは少し奇異な光景に写ったからだ。最近はごくたまにであるが、こういった美しいお譲さんが山手線、京王線などで、通勤帰りに一人ビールを飲んでいる姿を見たことがある。通勤電車でである。まあ、事の次第を割り切れば、高い店に寄らずとも、駅売店でビールとチョコでも買えば、時間も無駄にせず、車中で晩酌が出来る・・・と言えばそうであるが、昔街の酒屋の売り場で、ノシイカつまみに立ち飲みしたオヤジの如く、こういった風景を車中で垣間見れる様になった東京である。テント泊女子も多くなり、山でのリュックのデカさもそうであるが、女子パワーの向上はどの世界でもすごい様だ!!
 
 長距離列車なら違和感はあまり無いが、通勤電車ではやはりすごいと感じる、ちと古い感覚のオヤジになったのかも知れない。この日は日曜日の朝7時ちょい過ぎ、ソロでの清楚なお嬢さんの朝ビールだっただけに何だか妙に驚いた次第だ。(さすがに通勤電車内で日本酒に割きイカ女子は見たことありません。苦笑!)電車の席が4人掛けでなく対面式の普通の通勤電車スタイルだったので、自分も含め目立っていたのかも知れない。(周りの人はほとんどが寝ていたので、一人旅気分を味わってしまった。)

 ・・・とそんなこんなでとっても楽しい幕山だった。山の話題がほとんど無いが、すべての写真をご参考にしていただければ幸いです!!正攻法で正面から攻めると、けっこうきつい登りが続くも、管理人は裏手から登ったので、まあまあ楽が出来たようだ。正面のコースは下山路とした。下山後、湯河原駅前に一軒だけあった魚居酒屋で、新鮮な魚で一杯飲んだ。なかなかいけるお店だった。(現時点最初の口コミ記事、やまいぬさんの、ものすごく言いえて妙であるから読んで見る価値アリ!!)ちなみに登山客ばかりだった。その後爆睡し東海道線で品川経由で帰宅の途に付く管理人だった。電車内は暖かで海を見ながら気持ち良く休むことが出来た。列車旅万歳!!



すべての写真を見る


●後日談・・・
 武蔵小杉駅から早朝乗り合わせた謎の清楚なお嬢さん。これを読んだ知り合いの浜っ子・山友女子からメールをいただいた。山女子によると、武蔵小杉駅近くには大きな大学病院などがあり、夜勤明けの、ナースさんではとのこと!?それを聞いて、容姿、清楚さなどなど妙に納得した。やっぱりナースのお仕事は大変な様である。




TOPへ