2018年10月三連休のキノコ狩り
富士山一合目&奥多摩キノコ
2018年 10月6~8日

富士山一合目で40分ほどの成果


 今年は色々な記事、ニュースでキノコの大豊作を伝えている。8月頃より山を歩いていると、確かにキノコはそこそこ出ている様だった。ちょうど8月26日に丹沢で、沢山のタマゴダケに遭遇し、それ以降はずっとキノコを絡めた山登りを行ってきた。でもって、結果どの山行でも沢山のお土産キノコを持ち帰る事が出来た。やはり豊作の様である。
 今回は2ヶ月前に姪、甥家族に10月一週目に鳴沢村山荘で、親戚で集合し、懇親会をやろう!!という事になっていた。そんな中管理人はキノコ狩りで時間を費やした。今回は90歳になる母も連れているので、車中に長く居てもらうのも気が引け、結局1時間弱の時間でも、夜キノコ鍋宴会をするのには十分なキノコが採取出来たので、早々終了した。後は山荘の大掃除、備品の買い出しなどで、なんだかんだで皆との待ち合わせ時間の14時半になってしまった。

 富士山一合目付近の森で採取出来たキノコは写真にある通りである。ショウゲンジ、イグチの仲間、ヌメリササタケ、アブラシメジ系、アイシメジ、等



不明のキノコ。イッポンシメジ(毒)??


 連休三日目、朝4時31分荻窪駅発の中央線に乗り込み、奥多摩へキノコ調査に向かった。結果的にまあまあ採取出来たが、舞茸など高級キノコには出会えなかった。
 帰路、2年ぶりくらいになるが、奥多摩駅前「天益」さんに寄り、餃子で生ビールを堪能した。この店に来る地元の方々の話でも、キノコは豊作とのこと。いつしかすごい舞茸を持って来た方がいらしたそうだ。お店にももらったという、白舞茸が置いてあり、見せていただいた。やはり舞茸もある所にはあるんだな・・・と、ため息交じりの管理人だった。あまり知られていないが、日原のミズナラ林は、面積で日本一・・・みたいな事を地元の看板で見たことがある。ある意味、マイタケの聖地なのかも知れない。
 今回採取のキノコ・・・・
 アケボノサクラシメジ、ナラタケ、クリタケ、アカモミタケ、ムレオオフウセンタケ、でした。



この電車は奥多摩駅からのバス含め、連動が良い。



たぶんアケボノサクラシメジ。



アケボノサクラシメジ。思ったほどうまくない。



クリタケ



出たてのナラタケ!!



ナラタケの幼菌



アケボノサクラシメジ



ムレオオフウセンタケ(山梨ではダルマ茸で販売してました)



ナラタケ、クリタケ、その他キノコ



 アケボノサクラシメジソテー。フキサクラシメジにある
特有の臭みが多少あり、あまり美味しいとは思わなかった。
フキサクラシメジ報告はこちらをクリック。






TOPへ