丹沢・試練の表尾根 報告
ヤビツ峠-三ノ塔-塔ノ岳-大倉
2018年 3月11日

塔の岳山頂からの霧氷に覆われた美しい景色。


 今年2018年は、北アルプス燕岳登山に行った記録より50年の記念年だ。いやはや半世紀と思えば年もとる訳だ。そんな記念年に、やっとこ丹沢では有名な丹沢表尾根を今回歩いて来た。
 中学校時代にワンゲル部に所属し、山は中学時代から結構登ってはいたが、住まいから比較的近場でもあった丹沢山系は何故かまったくと言っていいほど足が向かなかった。山を古くからやっている方々がよく口にするのだが、昔は奥多摩派、丹沢派とあったようだ。そう言われてみると管理人は取りも直さず、完璧な奥多摩派だった。中央線の吉祥寺駅がすぐだった事もあり、立川からの青梅線でのアクセスが良かったからだ。しかし考えてみれば、小田急線に乗り換えが出来る下北沢駅もすぐであり、むしろ秦野駅へのアクセス時間の方が近かった様であるが、奥多摩ばかり今思えば行っていた。奥多摩は95%のルートは踏破した。それに引き換え5年位前までは丹沢山系の足跡はゼロに限りなく近かったのだ。ゼロでは無いのは中学校の遠足?で大山に行った記憶がある。確かこれだけだった。

 このHPにもよく登場いただく山友、澤井くんの実家は分倍河原である。むしろ立川がすぐなのに、彼は30年近くに亘り、山と言えば丹沢に通う丹沢派である。であるからしても、居住地だけの問題では無いようだ。考えてみると奥多摩は、奥多摩駅も含め、バスの利用が無くても歩ける山が多いので、お金が無かった中学時代にはうってつけだったのかも知れない。また、一尾根越えても五日市線が走っており、交通の便が良かった事にも起因するのだろう。最近になって、丹沢を歩きだすと、山の魅力は奥多摩よりも勝っている様に思う。よって山の魅力を重視した方は丹沢派、アプローチの手軽さを重視する人は、奥多摩派になったのかも知れない。

 
 前置きが長くなったが、丹沢表尾根に先週と今週に始めて挑み、今回塔ノ岳まで歩くことが出来た。しかし、新大日手前あたりからはバテバテ状態、日頃の訓練はまったく活かされていない、辛い山旅であった。塔ノ岳はなめてはいけない。今回、2度目の登頂であったが、バカ尾根ルート含め、なかなか登りごたえのある山である。天気もなめてかかったせいで、低体温症の不安をかかえての登山となってしまった。そんな報告を書いてみたいと思う。



 
三ノ塔山頂と手前は烏尾山


氷の芸術作品の様です。塔ノ岳山頂にて。


 3月11日(日)、今回は丹沢表尾根を必ず踏破するぞ!!という意気込みを持って、気合い十分で秦野駅前に降り立った。気合いが入りすぎて早く着き過ぎ、バス停の列待ちはなんと一等賞の管理人!!秦野駅北口7時35分発ヤビツ峠行きバス、最終的には長めの列になるも、まだ早春時期。天候もイマイチとあってか臨時便1台追加の計2台で乗り切ることが出来た登山客数だった。天気予報は昼頃からは晴れて暖かく春めいた陽気になるような予報を完全に信じ切っての出発だった。しかしながら秦野駅前の早朝は寒く、周りの山々には雲が低く垂れこめ、もしかして山は雨?雪?を思わせる、灰色がかったヤバそうな景色が管理人を出迎えた。
 この日、昼からは晴れて暖かくなる・・と前日から報じていた天気予報を、イコールこの日は朝から1日中暖かい・・と思い違いをし、天候をなめてかかり、かなり過酷な天候下を歩く羽目となってしまった。
 前週の3月4日は下見兼ねヤビツ峠から三ノ塔までを歩いてみた。その日の天候は風だけは強かったが、気温も比較的高く、冬用のポーラテックなどのウェア、ニット帽、厳冬期用の手袋などを一応持ったが、まったく使うことも無く、むしろ大倉バス停では暑くて、上着も脱ぐ有様だった。

 そんな体験から、今回は冬山用の分厚い装備はすべて家に置いて出発。ゴアテックスのアウターのみは着用し出発したが、その下はファイントラックの下着+モンベルのジオラインのみであった。下着素材としては冬山用に購入した物であるが、レイヤリングのその上部は簡単なフリース1枚と言う軽装。手袋もフリースの薄手のみ。かろうじてネックウォーマーは持ってきた。家を出る時からフリースは汗で濡らしたくないので、リュックに収め出発した。ゴアアウターを上着に着ているだけに、内部は下着2枚だけでも電車内は快適だった(さすがにファイントラック&ジオラインだ・・・優れ物でお奨めの品である)。 



なんとヤビツ峠行きバス停には誰もいない!!(><)



その後7時35分発待ちの列はこの程度に。


 ガスってほとんど景色も見えない中、無事三ノ塔に到着。良いペースでここまでは来た。先週も歩いている、勝手知ったる?三ノ塔までであった。
 しかし本番はここから。三ノ塔の山頂は先週もそうであったが、MAX10m近い強風が吹いていた。さらにここからが表尾根と呼ばれている尾根歩きのスタート。ガスっているので景色が見えない分、塔ノ岳の遠さはお陰様で目視出来ず、何も判らないままガムシャラに突っ込むことが出来たが、風が強い。そして寒い!!さらには烏尾山に向け、下り斜面もめちゃくちゃ急になってきた。滑る!!そしてさらに進むと、鎖場が登場。・・・鎖場って意外や名ばかりで登下降すると簡単な場合が多い。しかしここでの何ヶ所目かの鎖場には思わず息を飲んでしまった!!歩いて来ると突然目の前から登山道が消え失せ、そこには重厚な鎖の支点が見えた。慎重に近ずき、上から覗き込むと高度感ビンビン!!垂直に近く7~8m位の高さで切れ落ちている。ガスっているため岩は濡れ、足を滑らしたら腕力のみで鎖にて果たしてビレイ出来るのか、かなり緊張した!!思わず「こんなの聞いて無いぞ~!!」と叫びたくなった。たかが丹沢・・・なんてナメてかかると、とんでもないと思った。
 
 表尾根という名称、東西に派生する尾根であることは知っていたので、南側は海であるからしても、風が強い日はもろに来るな・・とは思っていたが、そんな日に当たってしまった。場所によっては馬の背的な細尾根もあり横風に緊張した。さらにダメ押しは、標高を上げるに従い、木々に霧氷がベッタリと付いている。見た目には非常に美しいのだが、強風が吹いた瞬間には、頭上の木々から氷の塊が一斉に矢のように降ってきた。風で顔に当たると痛い。ゴアアウターのフードをしっかりとかぶり、この難所を突破した。というか山頂まで、木が茂っているところはすべて氷の攻撃にさらされた。こんなに木々が凍っているところを見ると朝方は氷点下、現在の外気温は2-3度位なのだろう。止まると強風+低温で寒く、とにかく歩き続けた。すでに手先が寒さに弱い管理人の手は、冷たく凍え、時々息を吹きかけながら手を保護するほどになってしまった。厳冬期用の手袋を持ってくるべきだったと後悔したが時すでに遅し。替えの手袋すら持ち合わせていなかった。涙・・唯一のフリースは最後の最後にヤバイ時に着ようと、出来るだけ歩くことで体温を上げ頑張った。
 そんなこんなで木ノ又小屋手前頃からは、太腿も攣りそうになってくるし、足を引きずりながらやっとのことで塔ノ岳に着いた。以前登ったバカ尾根からの塔ノ岳も結構きつかったし、横風をまともに受けた表尾根も、やはりきついコースと思った。ここは初夏の晴天時はさぞ気持ちが良いだろうなと、丹沢山系の美しさを見せてくれる尾根であることは間違い無さそうである。



徐々にいやな雰囲気に・・・



気合いの入った支点。慎重に下降開始!!



崖のようになった「聞いて無い・・・」の鎖場!!
ハイシーズンは通過に15分~30分待ちらしい。


 塔ノ岳山頂到着12時07分、ヤビツ峠出発時刻8時15分。よって3時間52分かかってしまった。コースタイムは地図、ネット記事によっても違うが、約4時間少々とすると、なんとも標準時間近くまでかかってしまった事になる。日頃から決して若い方々の様に早くは無いが、標準時間では少しかかり過ぎだ。次回は少しでも短縮出来るよう、フツフツと燃えている。今回は寒さしのぎに休息無し、食料も無補給で歩き続けた足への負担から、腿が攣ってしまい、後半は難儀した。まあ、日頃のトレがまだまだ足りてない証拠でもある。春に向けテント泊リュックが背負えるよう頑張ってトレに励みたい。
 
 天気予報は実に正確で、山頂に立った12時過ぎより一気にガスが取れはじめ、眩しいほどの太陽が顔を出してくれた。こうなるともう寒さとはサヨナラである。手袋もしていると暑いほどに手先も回復し、少し下った風の無い陽だまりで13時まで食事タイムとした。後は長いけれどバカ尾根を下るだけだ。すでに渋沢駅前に先週発見した居酒屋「目利きの銀次」生ビールが頭の中ではじけていた。
















すべての写真を見る




TOPへ