丹沢・再びの表尾根 報告
ヤビツ峠-三ノ塔-塔ノ岳-大倉
2018年 4月7日

丹沢表尾根全容風景。真ん中とんがりが塔ノ岳。


 2018年3月4日、初めてのヤビツ峠からの登山をスタートさせて以来、6週連続で秦野駅通いとなってしまった。初回3月4日は偵察を兼ね、のんびりと三ノ塔までの登山であったが、これで小田急線の時間、ヤビツ峠行きのバス運行時間、乗り場、混雑具合などなど、ヤビツ峠に向かうまでの、状況は把握することが出来た。そして報告にもあるように翌週3月11日は初の表尾根アタックを敢行した。思わぬ風雪の悪天候となってしまったが、一応ヤビツ峠~塔ノ岳・表尾根踏破は無事終了した。
(ヤビツ峠行きバス情報・・・場所:秦野駅北口すぐの場所  時間:初便は3月17日よりダイヤ改正で7時44分発  6時50分位だと一番手に近い位置に並べますが、7時15分ともなると長蛇の列になります。しかし臨時便が出るので全員乗れますが、2便目で座れるかは運ですね。)

  しかしである・・・天候が悪かったとはいえ、ほぼコースタイムに記載されている4時間での登頂であった(正確には3時間54分)。若い頃は通常コースタイムよりはかなり早く歩けていた。今回は途中で、ひざ上の筋肉が攣ってしまい、後半は牛歩での行動となってしまった。これは年齢によるものなのか、単なるトレーニング不足なのか、もう一度翌週歩いてみることにした。
 
 3月17日、天気は申し分のないほどの良い天気。しか~し、筋肉の衰えは隠すことが出来ず、この日もまたまた後半は牛歩に陥り、時間も前回より2分くらいしか縮まらず、やはり限りなく4時間コースだった。ショック!!この日以来、青春よもう一度!!とばかりに、通勤は自転車に切り替え、なまった足を鍛え直すことにした。そして本日、またしても4時間近くかかるなら、潔くこれからは低山のハイキング専門にしようと、本格登山引退をかけた、意を決しての表尾根3回目のチャレンジであった。

 4月7日、朝の秦野駅前天気は曇り。杉並含め、昨晩から強風が吹き荒れていた。11日の敗北登山より5週が経過していた。あの屈辱を乗り越えるべくすべての週にて丹沢トレも行った。そしてチャリ通勤。やれることはすべてやっての本日の挑戦。これでダメなら、年齢ということで、諦めよう。ここでの屈辱とは、コースタイム通りで我ながら遅かった登山時間だけでなく、道中かなりな数の登山者に抜かれてしまったことが、一番に堪えた部分だった。
 
 でもって今日の結果は・・・全然牛歩にはならなかった。バシバシ歩けた。本来の3年前くらいの良い時のコンディションに戻ってきた感じである。ヤビツ峠~塔ノ岳・表尾根所要時間、今回はなんと3時間7分であった。あと少しで3時間も切れる。自分的には最高の結果を得ることが出来た。ヤビツ峠を若い男子と一番に出発し、その後出発組も多かった思われるが、今回は塔ノ岳まで誰にも追い抜かれることは無かった。同時発の若い男子は、やはり管理人よりも早く、10分くらい先に登頂したようであった。
 ここ2年間本格登山のおさぼりが続き、足の筋力は相当に落ちていたようだ。これを教訓に、毎週山に登って鍛えようと、気持ちも新たにスタートする、管理人だった。
 
 風が強いので、山頂から少し下った花立山荘前のベンチで、鎌倉・横浜方面の景色を眺めながら、浜田省吾さんの「紫陽花のうた」を聴きながらいただいたお酒が最高に美味しかった。青春時代の脚力・・・とまでは行かずとも、コースタイム3分の2ペースで歩けたことは、素直に嬉しかった。これで表尾根探索はすべて終了とした。次回丹沢は5月、キンランを探しに、低山ハイクに行ってみたいと考えている。大野山も行ってみたい。

 この気力・筋力を維持したまま、GW涸沢テント泊、北穂高岳リベンジに持ち込めれば・・・と画策中の管理人であった。 



 
ヤビツ峠スタート:8時26分


富士見橋:8時40分 14分



二ノ塔:9時26分 1時間 



三ノ塔:9時39分 1時間13分



烏尾山:10時2分:1時間36分



怖い鎖場:10時26分 2時間



新大日茶屋 10時57分  2時間31分



木ノ又小屋 11時10分 2時間44分



塔ノ岳山頂 11時33分 3時間7分






丹沢に多い馬酔木(アセビ)の花が満開でした!!




TOPへ