テーマを創っての山旅
初めての小金沢連嶺 滝子山・高川山
2018年 11月23・25日

滝子山 1620m山頂からの富士山。山梨富嶽12景の一つ。


 11月23日金曜日、この日は勤労感謝の日で祝日である。世間的には日曜日までの三連休であるが、管理人は土曜日を仕事としたために、飛び石での休日となった。予報ではこの三連休は天気はすこぶる良いらしい。やはり何か行動を起こさねば、体にカビが生えてしまいそうだ。
 そんなこの時期、キノコシーズンも終わってしまい、ましてや沢遊び・・・なんて季節はとうに終わっている。逆に待ち遠しい雪遊びシーズンにはまだ一か月ほど早い。ではこの時期山に何を求めて歩いたら良いのか・・・紅葉を愛でる、なんていうのも一つかも知れないが、いまいちインパクトに欠ける。何も無く歩くとただのハイキング・トレーニングになってしまう。そこで考えたのが、まずは初めてのエリアの山に挑戦すること。そして紅葉の中で、美味しい日本酒を最高の肴で呑むこと。こんな、低俗?なテーマを掲げ、今回の山旅を企画した。そして後日談としてさらに付け加えると、この企画が個人的には楽しく素敵な山旅となり、、後半25日も同じエリアで、さらにテーマを加え、古き良き道具を使って至福の時を過ごす山旅・・・ということで高川山にもチャレンジした。そんなこんなで初登山エリアは、良く見聞きしていた大月の滝子山(1620m)を目指すこととした。

 先週の金時山報告で書いた通り、数年前に奥多摩呪縛から解放された管理人は、精力的に東京近郊の奥多摩以外の山に触手を伸ばしていた。今回の滝子山を含む小金沢連嶺がらみの山々は、大菩薩こそは大黒茂沢から3回、積雪期1回、無雪期1回と合計5回登っているが、そこから南の方面の尾根はまったく歩いたことがなかった。
 その途中に位置する小金沢山には深い思い出がある。管理人が二十歳代、まだ深城ダムが無かった頃、この山を水源とする小金沢というけっこう厳しい沢があり、車でも、林道の奥地まで入ることが出来た。現在も地図を見ると林道はあるようだが、おそらく車の乗り入れは出来ないだろう。そんな小金沢の中ほどに「小金沢渓流釣り場」という釣り場があり、管理人が若い頃、渓流釣りの腕を磨いた道場的管理釣り場であった。結構本格渓流で、ことあるごとにここに通った思い出があるエリアなのだ。(ここに41年前の釣り場写真と管理人写真あり・・・若い!!)

 滝子山・・・小金沢連嶺の一番南に位置する1620mの山。ここからの富士山は山梨富嶽12景に選ばれている様で、期待が持てた。笹子駅から歩いたのだが、コースタイムは4時間半。時間からして何とも長そうな山である。笹子駅から歩き出し1時間、登山道がスタートするも、さしたる急斜面の登りは無かったが、沢つたいを沢の源頭付近まで行く関係で、やはり結構距離が長かった。しかしずっと水線通しを歩く感じなので、若葉の季節などは最高だろうと思った。
 意外や長く歩かされる以外は、平坦な路も多く、沢の流れ、滝を眺めながらの楽しい山歩きだった。山頂は狭いが、その分360度の展望があり、富士山もなかなか美しかった。ただし、後日向かった高川山からの富士が素晴らしすぎ、ちょっと一ランク評価が下がってしまった。








2時間近くこの沢に沿って登る。



滝子山山頂。けっこうこの日は寒かったです!!



山頂からの山梨富嶽12景に指定された富士山。


 山頂はとても狭かった。でもその分360度ぐるりを見渡せる眺望が良い山頂だった。でも残念ながらこの日はメチャ寒く、風も少々吹いており、汗ばんだウェアではかなり寒く、早々に山頂を後にした。
 では、今回最大の低俗なテーマをどこで実践するか、場所を探しながらの下山だった。帰路は初狩駅方面に下山した。すると途中に檜平という打ってつけの広い場所があり、風も無く、さらには富士山がバッチリ見える場所を発見、最大のテーマをここで行うことを決めた。真っ青な空、雪をまとった富士山を眺めながら至福の時を過ごすことが出来た。では、今回頭に描いた最高の日本酒の肴とは・・・以下の写真が管理人が閃いた、最高であろう肴であった。からすみとか鮎のこうるかとか、高価で希少なものはもっとベストマッチがあるかも知れないが、庶民的な中では24時間営業のスーパで朝手にも入ったし、ベストチョイスと思っている。今ってNHKの百名山スペシャルに、呑み専門のおじさんも登場しているから、卑下するほど低俗なテーマでは無いのかも知れない。天下のNHKさん公認の山遊び方法の一つなのだ!!
 一人のんびり、誰もいない山の中でのひと時。だから山は止められない!!・・・と節に思った管理人だった。



最高の日本酒の友。半干しのウルメイワシとたらこ焼き!





檜平全景



眼前には見事な富士山が見えました!!(呑んでるポジションより撮影)



初狩駅付近から見た滝子山。


高川山編はここをクリック!!



すべての写真を見る



TOPへ