新年初詣を兼ねた日本三百名山・大山詣トレ。
やっぱりきつかった大山登山報告。
2018年 1月7日

初詣を兼ねて大山・阿夫利神社へ参拝


 年末の甲斐駒のアタック当日のへたれ登山にショックを受けた管理人。昨年はまともな山歩きはGWの涸沢テント泊くらいだった。ちょっと弁解がましいが、8月に入ってからの天候不順、さらには10月の週末ごとの大雨に、行きたくともなかなか奥地へいけるチャンスが無かった2017年であったことも事実である。例年は1年を振り返ると、冬場・雪山-春・山菜・奥多摩トレ-夏・沢登り・渓流釣り・奥秩父トレ-秋・キノコ・山トレ・・・というローテーションで回していたのだが、昨年は、冬・ゲレンデスキー-春・山菜-夏・キノコ・低山ハイク-秋・キノコ・グルメ旅・・・で終わった感が強い。

 そこで今年はしっかりと山に登って、足の筋力も付け、再度雪山に通い、しっかりと山男にカンバック出来るようにと、1年の抱負にした。その第一弾は、先日の富士山トレーニング、そして今回はすぐさま大山詣を計画した。
 大山は丹沢山系の高尾山的な山・・・と思ったら大間違いで、たかが大山、されど大山、なのだ。開山は相当に古いようだが、奈良時代には人々の行き来があったようだ。山岳信仰の山であり、中腹には阿夫利神社があり、今回はその神社で1年の平穏を祈念し、山頂を目指す計画である。でもって申し上げたいのは、ケーブルなど邪道な交通手段は当然利用せず、足だけで登ると、下の駐車場(大山登山口バス停少し下)から山頂までは、約1.9kmの直線距離に対し、標高差900mを一気に登る。かなりこれはきつい勾配の山である。今回は早めに着いて第2駐車場には止めることが出来たが、ゆっくり来ると、駐車場は満車となるので注意が必要だ。



男坂に挑戦!!キツカッタ。



最後まで階段は続きます。


 ケーブルカー乗り場を過ぎると「女坂」と「男坂」を選択できる分岐に差し掛かる。前回は「女坂」から登ったので、今回は「男坂」を登った。これがうんざりするくらいの階段続きで、それも勾配がかなりきつい階段の連続だった。よって見る見る標高は稼げるのだが、ここですでに早くもバテバテ!!やがて阿夫利神社に着くのであるが、ここから山頂までも休ませてくれない登りが続くのだ。トレーニングには最高かも知れない。奥多摩の鷹ノ巣山・稲村岩尾根で昔トレーニングしていたが、こちら大山も十分に使えるトレーニング場である。
 何だかんだ言って今回は・・今回も?・・ここはきつかった!!今年は昨年のおさぼりも体全体に影響しているようだ。山頂手前では、75歳以上と思われる白髪の先輩2名に抜かれた!!来週も頑張って丹沢あたりのトレ、再来週は雪山トレ・・・八ヶ岳あたりを目論んでいる。

 この日は高気圧圏内に入った関東地方とあって、無風、暖かで最高の登山日和であった。山頂直下の南斜面に、景観抜群の広めのベンチが多数の休憩場所があるので、こちらがお奨めだ。
 ここ毎週山に行っているせいで、あれほどの苦行?をこなしたが、筋肉痛は本日9日でも出ていない。これからはスキーは少しおさぼりして、毎週山に登り、昨年1年の鈍った足を鍛えなおそうと、一人画策している。
 最後にグルメ情報を・・・大山と言えば昔から有名な「大山豆腐」。参道にはたくさんの豆腐料理屋が並んでいるが、管理人は豆腐にはあまりこだわりもなく、率先して食するジャンルではないので、これは見送り。そこで大好きな手打ち蕎麦をネットで検索。最寄りで見つけたのが厚木にある「板そば 喜右衛門」。ここはいい!!いろんな意味でね。食している間も途切れなく客が訪れていた。小田急線本厚木駅からも徒歩15分(1km)と記載にある。山屋には整理体操としてちょうどよい距離であろう。電車ならしっかり飲めるし、丹沢の帰りには寄りたいお店である。是非お試し下さい。



阿夫利神社にて1年の平穏を祈念しました。



東京都内方向の景色。



大山は均整のとれた美しい山。急峻なのも頷けます。
著作フリー写真より転載。




すべての写真を見る




TOPへ